趣味の手作りログハウス、音楽、愛車、出張先での出来事他、ランダムに書き綴っていきます。ちなみにHNは大好きなBeachBoysのヒットナンバーから取りました。


by funfunfun409
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

クラシックカーミュージアム函館

3月15日、仕事の谷間で全休。
ハッと目覚めて数秒、あ、今日は寝坊できるんだ!と嬉しくなって二度寝。
30分おきにそんな事を繰り返して9時半。
風呂に入ってから、徒歩でクィーンズポート函館に行く。
お目当てはクラシックカーミュージアム函館
展示品は元々札幌の大手商業ビル会社オーナー(2代目)のコレクション。
御曹司、趣味が昂じ過ぎたのかアブク銭の世界に絡め取られてしまった。
その後「魚長」の社長が引き取り、計100数十台のうち約60台が展示されている。
18世紀の馬車から60年代のムスタングまで、別なコーナーでは昔のロールスロイスがズラリと。
車好きには堪えられない。
何だかんだと20枚以上撮影したが、その中からまず1枚。
f0051125_19243718.jpg

Т型フォード スポーツタイプ。
ライン大量生産システムで自動車社会の礎を築いたТ型フォード、1910年代にスポーツタイプが発売されていたとは。
写真では見づらいが、風除けは運転席手前にある円形ガラス板のみ。
f0051125_1925132.jpg

今回最もオーラを感じ取った1台。
メモしなかったので書けないけど30年代に淘汰されてしまったメーカー。
大恐慌で経営不振となり、起死回生でこの車を送り出したが叶わなかった。
排気量8,000㏄、30年代にしてスーパーチャージャー付!
眺めても迫力満点、社運を賭けた意気込みが時空を超えて伝わってくる。
f0051125_1925216.jpg

1937年フォードハイウェイパトロールカー。
昔観た「アンタッチャブル」を連想する。
こんな国を相手にしていたんじゃ勝てっこないよなぁ~。

札幌にもこんな施設があればと思う。
そのうち作る予定があるのかないのか? >ロ○ズの社長...。


入場料1,000円。 眼福なり
[PR]
by funfunfun409 | 2006-03-16 19:25 | 車関係