趣味の手作りログハウス、音楽、愛車、出張先での出来事他、ランダムに書き綴っていきます。ちなみにHNは大好きなBeachBoysのヒットナンバーから取りました。


by funfunfun409
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブレーキ擦過音解決

ディスクパッドを換え、それでもキュルキュルという異音が止まないのでローターを交換。
次の日、又しても同じ箇所から鳴り出したので、今頃になって「磨耗」が原因でない事に気づく。
早速ディーラーに電話し、代車が空いている昨日持ち込んだ。
今日の夕方電話があり、ディスクパッドを支えるキャリパーにサビが出て、それがローターに接触していたとの事。
家に帰ってからマニュアル本を出して調べてみたがどうも釈然としない。
f0051125_2244775.jpg

ヤフオクで購入したパーツカタログと整備マニュアル。
パーツカタログは部品の値段を調べるのに都合がよく、Haynesのマニュアルは写真が豊富なので見ていて楽しい。
平易な文章なのは判るが、私の読解力では読み進むのは困難。

サービス担当の人は50キロ位走らせて原因を突き止めたようだ。
それ相応の工賃は覚悟していたのだが、「いつも見させてもらっているのでいいです」との事。
いささか申し訳ない気分。
f0051125_22443856.jpg

ディーラーに向かう途中、スタンドに停まっていたダットサン・フェアレディSR311を発見して胸がときめく。
発売期間は1967~69年までと短かったが、昔はよく見かけたものだった。
最高速度205km/h、0-400m加速5.4秒という現代でも充分に通用する性能と、その名に恥じぬクラシカルで優美なスタイリングは“Z”よりも遥かに個性的に思える。
f0051125_22451753.jpg

勝手に拝借した同型のフロント部分。
程度のいい中古になると「価格応談」の世界だろう。
[PR]
Commented by 南8条 at 2006-05-27 22:52 x
おお、SR311じゃないですか!左ハンドルの米国仕様ですね。程度も良さそうですね。オーナーの愛着振りが想像できます。

私は60年代の旧車(主に国産)が大好きで、20代の頃東京で仕事をしていた時に68年型のマツダ・キャロル360を約2年間所有していたことがあります。その時世話になった旧車ショップの社長が、「成約記念」ということで自分が所有するSR311を丸1日貸して下さったことを思い出します。あの時乗った真紅のSR311は本当に速かったですよ。
確か馬力はトラと同じくらいだったような気がします。

逆にキャロルは全然走ってくれませんでしたけど、何故か許せる魅力がありました。今でもお金と保管場所があれば手元に置いておきたい1台です。
Commented by funfunfun409 at 2006-05-28 00:18
次の日も全く同じ場所にあったので、「客寄せ」の意味合いもあるのかも知れません。
じっくり眺められるならば誘引されてもいいかと(笑)
実際に乗ったとは羨ましいです。
Zは乗った事あるんですけど、ベタ踏みすると燃料ゲージが下がるのが見ていて判るんですよね。族ローレルSGXも然り。
キャロルのリヤウインドゥの傾斜角は独特ですし、テールの複雑な造りは「重厚」と言ってもいい位の味がありますね。
若い時に欲しい車を所有出来たのは本当に幸せでしたね。
60年代の国産車は私も大好きで、車種・排気量・メータの数なんぞを殆ど暗記していたものです。
小学高学年の頃には少ない小遣いから中古車情報誌を時々買って眺めているのが好きでした。
例えばトヨタ2000GTが400万、近所の中古車屋に黄色いホンダS800が3台位並んでいて65~70万、といった具合。
悪友とスクラップ場に忍び込んで「ヒルマン・ミンクス」や「トヨペット・クラウン」の運転席に座って遊んでいると見つかって怒鳴られたりとか。
いずれも30年以上も前の事なのに、40過ぎた現在も当時のメンタリティに大した変化がないのには驚かされます。
by funfunfun409 | 2006-05-25 22:46 | 車関係 | Comments(2)