趣味の手作りログハウス、音楽、愛車、出張先での出来事他、ランダムに書き綴っていきます。ちなみにHNは大好きなBeachBoysのヒットナンバーから取りました。


by funfunfun409
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プリンスアイスワールド2006 札幌公演

知り合いのツテでいい席を入手出来たので、敬老の日プレゼントも兼ねて両親も誘った。
練習を重ね、存分に楽しんでもらおうというプロ意識を見た思いで、家族一同大満足。
頻繁に衣装替えしてきらびやかな演技を繰り広げる女性軍も美人揃い。

今回のゲストは、出演順に織田信成、エレナ・レオーノワ&アンドレ・コワルコ、本田武史、中野友加里、アレクサンダー・アプト、荒川静香。
中でも中野・荒川の演技はさすがは現役レベル、今更ながら中野が5輪に選出されなかった事が悔やまれる。
ただし、「観客を楽しませる演技」という点から見れば、やはりプロ経験の長い“座長”八木沼純子に軍配が上がるか。
f0051125_20414034.jpg

花束を受け取って握手する中野友加里。
輝くような友加里スマイルを至近距離で見せてもらった。
奥に小さく見えるのは荒川静香。
f0051125_2015581.jpg

想像していたよりも華奢だった荒川静香。 うなじが悩ましい。
実は「ダイヤモンド」の演目で他のスケーターに紛れて出演する話を知っていたのだが、「しゃくれ顎」を目印に探したというのに引っ込む間際まで見付けられなかった。
f0051125_20422086.jpg

上の客席にサービス。
やはり存在感は群を抜いていた。
[PR]
by funfunfun409 | 2006-09-17 20:26 | その他全般