趣味の手作りログハウス、音楽、愛車、出張先での出来事他、ランダムに書き綴っていきます。ちなみにHNは大好きなBeachBoysのヒットナンバーから取りました。


by funfunfun409
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

関東煮

かんとだきと読む。
室町時代の神前料理で、豆腐を串刺しにし、味噌を塗って焼いた「田楽」が庶民に伝わり、醤油味で他の物も一緒に入れて煮込むようになったのが「おでん」。
江戸時代に大阪に伝わり、江戸の料理だから「関東煮」。
発祥の地である関東では明治時代に廃れてしまったようだが、大正12年(1923年)の関東大震災で被災者向けの炊き出しという形で「逆輸入」され、元々濃い色系の東京でも、ことおでんに関しては、薄味で飲めるツユが主流となっているらしい。

以上、うろ覚えの聞きかじりでまとめてみた。

「関東煮」、いかにも上方のセンス丸出しの名付け方のようで嬉しくなる。
スーパーで売っている「おでんの素」も、セブンイレブンのおでんも、養老の滝で注文したおでんも多分「大阪」の味付けと思われる(色が濃くないというそれだけの理由で)。

下母澤寛の「味覚極楽」に、読むうちに涎が出て来そうなおでんの章があり、さて、帯広出張最後の夜、残った大根、ゆで卵、木綿豆腐をどう始末しようかと考えていると、ラーメンポットでおでんが出来るじゃないか!という事になった。
ごくんごくんと飲める薄味スープで食べてみたいので、常備品の中からいりこだし、白醤油、鰹パック、みりんなどを引っ張り出し、塩や酒を加えたりして望みの味に仕上げていく。
実は昨晩のうちに仕込んでおいたのだ。
f0051125_20282834.jpg

ビジホで独り大根の桂むきと面取りに勤しむの図、じゃなかった写真。
何しに出張に行ってるんだオメェ?と言われそうだ。
実は練り物は余り好きではない。
理想はがんも、大根、卵、こんにゃくより入っていないシンプルなおでんだが、別々に買うとなると食べ切れないので、近くのスーパーにおでん種2人分のパックを見つける。
f0051125_20292538.jpg

無手勝流の独りおでん、美味さは想像していた以上で、出張自炊シリーズの最高位にランクしてもいい程の出来栄えだった。

腹が満ちたら先に目覚ましをセットする。
あとは純米酒と共に口福の時を過ごす。
f0051125_20553148.jpg

[PR]
Commented by Nina at 2007-07-22 12:29 x
funfunfunさん、コメントありがとうございます。
次回、白だしを、研究してみます。
料理に対する博学さに敬服します。
これからもいろいろ勉強させてください。
Commented by funfunfun409 at 2007-07-22 20:19
Ninaさん今晩は。
私は博学なんかじゃありませんってば(笑)
昆布や鰹で出汁を取る手間を考えると、付いてきた濃縮パックで済ませようとするのは致し方ないと思いますが、和食の場合、一度白だしの原液を舐めて足りないものを考えてみる、というだけでも時間の節約になります。


by funfunfun409 | 2006-09-28 20:30 | 出張自炊メニュー | Comments(2)