趣味の手作りログハウス、音楽、愛車、出張先での出来事他、ランダムに書き綴っていきます。ちなみにHNは大好きなBeachBoysのヒットナンバーから取りました。


by funfunfun409
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

鯨を飽食

3月14日②

今日は仕事の谷間で完全休日。
8時過ぎに起きて大浴場でゆっくり髭を剃り、掃除が始まる10時前に一旦部屋を出た。
銀行へ寄ったついでに朝市へ向かう。
ここ1~2年の間に商店街全体が危機感を持ち始めたらしく、ポン引きのような悪質な連中を見かけなくなったのはいい傾向だと思う。
ラーメン屋の「一文字」は本日も暖簾が出ておらず、 たい焼き屋の婆さんが健在なのを確認して宿に戻る途中、魚屋の店先に鯨肉が並んでいるのを見つけた。
鯨を買って行く観光客もいるんだぁ。
f0051125_17355414.jpg

イワシクジラのブロック510グラム(1,300円)。
流通量からしてかなり安いと感じたので迷わず買った。
飯を炊く間に4分の1ほどを刺身にする。
f0051125_1737294.jpg

牛刺・馬刺よりも癖がなく、鮪や鰹とも違う。
用意した薬味など全く不要でいくらでも箸が進む。
43歳の私は既に鯨肉への嗜好・郷愁を持ち合わせていない世代。
かつて獣肉禁忌の時代に勇魚(いさな)と称され魚類として扱われたそうだが、こと味に関しては物足りなさを感じさせるほどの淡白さが正に「目からウロコ」だった。

メインは得意のステーキ丼にする。
f0051125_17375342.jpg

厚さが2.5cmあったのでサイコロになるように大きくカットし、火が通ったら手持ちの赤ワイン・醤油・味醂を加えて最後に胡椒を振り、汁ごとどんぶり飯に移す。
フライパンに収まらなかった生肉は醤油を付けて片付ける。
加熱すると筋が固くなるという事を知らなかった。
薄切りの竜田揚げが好まれる理由か?
しかし牛肉と同様、鯨肉も本来の旨さを存分に楽しむにはやはりステーキが一番かと思う
こんなご馳走にありつけるのはこの先何度もないだろう。
今度やる機会があれば、厚さを半分にしてみよう。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-03-15 17:39 | 出張自炊メニュー