趣味の手作りログハウス、音楽、愛車、出張先での出来事他、ランダムに書き綴っていきます。ちなみにHNは大好きなBeachBoysのヒットナンバーから取りました。


by funfunfun409
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

New Golf Touran 試乗

この車は昨年の今頃に試乗した縁で先日内覧展示会の封筒が届いていた。
家の近所には正規ディーラーが2つあり、電話で確認すると燃費重視のTrendlineとスポーツ感覚のHighlineがそれぞれ試乗車として用意しているとの事。
別系列のディーラーだから来場記念品を2つゲット出来るので違いを確かめたくて両方行って来た。
f0051125_22252120.jpg

Trendline(本体価格2,750,000円)。
外形寸法が若干大きくなったそうだが、見た目はそれほどの変化は感じられない。
マイナーチェンジ後の車種全てに共通する「涙目」とメッキの多用で印象がかなり変った。
f0051125_22254040.jpg

Highline(本体価格3,250,000円)。
サイドモールとルーフレールにメッキが施されているのと、アルミホイールが標準装備されているのが見た目の違い。
従来の質実剛健なイメージは薄れ、WのエンブレムがなければMPVを連想してしまう。
同乗家族向けに収納スペースが増えたのはいいが、天井の小物入れ、あれは用をなさないだろう。

さて、乗った印象。
車高は1660ミリとトラヴィックとほとんど変らないのに20~30センチほど座面が高いような気がし、路面との一体感はトラヴィックのほうが自然に感じる。でも頭上のスペースは充分にあるという不思議。
ダンパーはやや柔らかい印象だが、そこはドイツ車の伝統で不整路面では凹凸をしっかりと吸収してくれる。

踏み込むと滑らかに加速していく。
用意されているエンジンが両方とも1,400ccと聞かされて驚いた。
1.6㌧の車重をたった1,400ccでどうやって引っ張るの?と同乗の営業マンに訊ねたら、スーパーチャージャーとターボを組合わせた自慢のTSIエンジン、Trendlineは140ps、Highlineに至っては170psを発揮するそうだ。
信じ難い。錬金術か? 乗った感じでは2000ccクラスのパワーは充分にありそう。
マッハ号ミツルハナガタ2000の「トンデモ」な空想が具現化してしまったような衝撃と感動を覚えてしまった。
そしてこのエンジンが今後のフォルクスワーゲンの主流となるそうである。

TSIは3,500rpmでチャージャーからターボに切替える事によってお互いの弱点を相殺し、加えて省スペース化とCO2の低減に成功している。
(Highlineの試乗車でブン回してみたがどこで切替わったのか全然わからなかった)。
もう1つの目玉が自社開発のトランスミッション方式であるDSG
1・3・5速と2・4・6速にそれぞれ独立したクラッチを配し、例えば加速中2→3速に切替わる際は3速がスタンバイしているという要領でスムーズに変速するというもの。
Highlineのみの装備らしいが、路面電車のような滑らかさはTrendlineも変らない。
f0051125_2225587.jpg

赤信号で停車時のインパネ表示。
シフトインジケータの一番下が現在のポジションで、加速中は何の違和感もなくシフトアップして行く。
プログラムが勝手に判断して運転者に悟られる事なく最適ポイントを設定してくれる。
「操る楽しみ」が減じられた感があるが、この技術力は凄いと思う。

プラス30psの余裕とプログラム設定により、スポーツタイプのHighlineはキックバックが早く加速も悪くない。
でも50万円の価格差を考慮するとTrendlineで充分かなと思う。
ティプトロニックのマニュアルモードにすればそれなりの加速感を味わえるはずだし、そもそもこの車格に「スポーティな走り」を求めるには無理がある。

我がトラヴィックは2回目の車検を終えて現在83,000キロ。
2年間の延長保証に加入したが、多分次回車検時に「さて次どうしようか」という事になるだろう。
家族構成や仕事での使い勝手、車庫スペース、そして腰痛持ちの長距離走行という点からしても自分にとっては今のサイズのミニバンが必要で、残念ながら国産車には選択肢がない。
オペルが撤退した今となってはこの車にしか興味を感じられないというのが正直な気持ちだ。

どんどん売れてくれる事を願う。
そして数年後の中古車市場を賑わせて欲しい(笑)

今日もらった来場記念品の詳細はコチラ
[PR]
Commented by igaguri at 2007-04-16 12:17 x
funfunfunさん、こんにちは!!
ご意見全く同じでございます。。。乗換えが悩ましいです。。。
試乗の後で、トラに座ると「何と潔ぎの良い車だなぁ~!」と改めて感じました。
私自身が、トレンドから外れているのでしょうがないのですが、「VWは少し瞑想しているように思っております。」

追伸:景品の動画の中で、「”二個目の景品”を差し出す、ソロリとした動きの中に、善良なる心?を感じました。(失礼)。」
Commented by funfunfun409 at 2007-04-16 22:09
1昼夜経って反芻すると、ぶっちゃけ「何とかここまでやってみたさ、ん~、売れるかな。。。」という感がしないでもないんですよね。
環境問題は不可避ですが、高度なテクノロジーがFun To Driveに直結するとは限らないというのがTSIのネガティヴな側面だと感じます。
水素燃料の実用化はまだまだ先ですし、ハイブリッドに大きく水を開けられなければいいんですが。。。
並行販売している旧モデルも根強い人気があると聞いていますし、私としては2~3年後に国内販売が予定されているディーゼル仕様に夢を感じますね。

瞬時に手を引っ込めるシーンも見届けて欲しかったです(笑)
Commented by ビワゴン at 2007-04-20 00:46 x
funfunfunさんこんばんわ~
( ̄~ ̄;) ウーンっと感心しちゃいました
もちろん車とジャーナリスト並みのインプレッションにです。
シンプルだけど(トラはもっとシンプルですが~)マルチインフォメーションなのかな?・・・ メーターは260kまであるんだ!
それと今回TSIはこれにも搭載されるんですね!
1.6㌧もあって1,400ccなんだ~♪⌒ヽ(*゜O゜)ノ スゴイッ!!!
燃費も良さそう!!
おいらもいっぱい売れてくれて、数年後TOYOTAあたりの中古車センターで保証付きで安く売ってるのを想像しちゃいました(笑)
でも~すごい技術だな~ なんでこれが日本で出来ないのかな?
ターボ・スーパーチャージャー一昔前は流行ったのにね~~




Commented by funfunfun409 at 2007-04-21 22:45
ブログ検索を意識してAll About風に淡々と書いてみました(笑)。
このクラスでハイブリッド並みの「次世代エンジン」を搭載しての車両価格はある意味「凄く安い」と思いました。
今の私にはとても無理ですがね(妻用の車を入れ替えたので)。
北海道なら長距離巡航時の燃費は16~17ぐらい平気で行きそうな気がします。
トラヴィックが基準の私の心を揺さぶったんですから大したもんですワ。
もし新車で買うなら次期のロットが狙い目かと(笑)。
でも乗り味についてはやっぱり素直で実直なトラヴィックが断然イイです。
写真のインパネはTrendlineのもので、上部にメクラみたいな部分がありますが、Highline試乗時はATの反応ばかり気にしていたのでどうだったか覚えていませんです。
by funfunfun409 | 2007-04-15 22:29 | 車関係 | Comments(4)