趣味の手作りログハウス、音楽、愛車、出張先での出来事他、ランダムに書き綴っていきます。ちなみにHNは大好きなBeachBoysのヒットナンバーから取りました。


by funfunfun409
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

丸南本店で呑み直し

8月27日。
定宿で酒飯を済ませ、4合壜空けて腹がくちいというのに何か物足りない。
どうやら酒がイマイチだったようだ。

定休日は月曜じゃないはずだな~、これだけ腹一杯になってから行くのは今までなかったなぁ~、などとのんびり考えつつ、足は丸南本店へサクサク進む。
20時40分、引き戸をゆっくり開けて「いいですか?」
普段は早い時間にしか来ないので奥さんやや驚いたらしく、「どうぞどうぞ、まだまだやっていますので」と迎えてくれる。
f0051125_2343945.jpg

f0051125_23415438.jpg

上・加茂泉、下・焼き海苔
これを肴に冷酒を2~3杯飲み、最後にせいろを手繰って帰る積りでいた。
すると厨房の奥から四代目大山主人がノッソリ現われ、「蕎麦掻きの%#£¢です、遊びで~ス」と差し出してくれる。
f0051125_23433231.jpg

蕎麦掻きの香りとネットリ感が好物なのでよく「揚げ出し」を注文するのだが、冷たいのをわさび醤油でつまむのも中々オツなものだ。
メニューに出ていない一品を時々ヒョイと出してくれるのもこの店に来る楽しみの一つで、主人が「遊び」と称するあたり、謙虚な人柄を感じさせる。
f0051125_23434695.jpg

蕎麦とろろ。
プリプリした食感は押し麦のお粥に似ている。
満腹なのに難なく胃に収まるのが不思議といえば不思議。
f0051125_2344934.jpg

この黒い器は昔からの古い物だそうで、以前蕎麦すいとんを食べた時に「全部飲み干すとご褒美に店の金文字が見えます」と奥さんが説明してくれた。

最後にせいろをズズッと啜って終了。
帰り際、奥さんが店の外で栽培している蕎麦の花を1本手折って渡してくれた。
f0051125_23444455.jpg

これを片手に、酔った勢いで夜の若松町の奥の院を初めて徘徊してみる。
f0051125_23471488.jpg

表通りからの定点観測。
コチラと比較して下さい。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-08-28 22:38 | 飲食 | Comments(0)