趣味の手作りログハウス、音楽、愛車、出張先での出来事他、ランダムに書き綴っていきます。ちなみにHNは大好きなBeachBoysのヒットナンバーから取りました。


by funfunfun409
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

また皇珠へ行く

前回、「また来るから・・・」と言ったので(笑)家族総出(含乳児計4名)で向かう。

ひと通り注文し、店中央のテーブルに置かれたサービスの野菜サラダをシャクシャクやりながら待つこと暫し。
f0051125_22414957.jpg

レタスのチャーハン(2人用 1,000円)
ごはんがパラパラホロホロ、レタスシャキシャキ。
あっという間に皿が空く。
f0051125_2242413.jpg

えびのあんかけ焼きそば(800円)
これは妻の注文。
家族で行けば小皿に取り分けて色々食べられるのが嬉しい。
実は、昨年9月にこの店のあんかけに出会って以来、ヨソのあんかけに興味を失いつつあるのだ。
f0051125_2242227.jpg

かにの塩ラーメン(1,000円)
これは長女が注文。
妻が「えび」なので重複しないようにという決断の速さは大したもの。
日常や学校でも臨機応変に行動して欲しい。
f0051125_22423326.jpg

坦々麺(1,150円)
最初の一口は練り胡麻と豆板醤の風味しか感じられなかったのが、食べ進むうち次第にふくらみを増してゆくのがこの店の良さなり。
丼の底に残ったナッツの破片やら刻みニンニクといった残滓を噛み締めていると、12~3年前に二十四軒で短期間営業していた「村役場」を思い出した(現在は銭形屋)。
もちろん完ツユ、長女が残したラーメンスープも勿体無いので完飲した。

私達の後に常連と思しき中年カップルが入店、「いつもの」と一言。
店主は大あらわで、何度も客席から全速ダッシュで厨房に向かう。
一品ごとに最初から作るので時間がかかるのを熟知している常連さんは泰然と構えている。

この店はパンチやインパクトとは無縁、静かな店でじっくり味わうに限る。
2杯目を何にしようかと考えながらズルズルッと早食いするのは似合わない。
麺類なんて大して腹持ちしないはずなのに満腹感は夕食時まで続いた。

後客の注文(あんかけ)が出揃ったのを見計らい、会計を済ませる。
「酢豚も食べたかったのに、もう入る腹がない」と打ち明けたら「ウチは見た目よりも量が多いんですよ」
はにかみ店主、つり銭と一緒にレジ横の一口チョコレートを無造作につかんで寄越した。


※ 2007年11月閉店
[PR]
by funfunfun409 | 2007-10-06 23:01 | 飲食