趣味の手作りログハウス、音楽、愛車、出張先での出来事他、ランダムに書き綴っていきます。ちなみにHNは大好きなBeachBoysのヒットナンバーから取りました。


by funfunfun409
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

寶來

今回連泊している宿から80m、独特の雰囲気が漂う店なので気になっていた。
f0051125_1727425.jpg

f0051125_1646868.jpg

本日は仕事が早く終わったのでコインランドリーへ行く前に閉店時間を確認したら「4時で終わり」と言われたのでそのままカウンタ席に座る。
道理で夕方閉まっていたわけだ。
f0051125_1728993.jpg

醤油ラーメン(550円)
極太の自家製麺に驚かされる。
最初の一口は、残ってチンしたうどんを啜っているような感じ。
スープは横浜の「吉村家」、札幌に一時期あった「六角家」をやや薄くして酸味を加えたような印象。
いや、創業昭和3年という歴史からすれば、「家系がここの味に似ている」
と糺すべきだろう。
それにしても、単なる偶然とは思えない相似性だ。
f0051125_17283294.jpg

f0051125_17292323.jpg


5~6年前だったか、聚楽の隣で営業していたラーメン店がここの味に良く似ていた。
1度行ったきりで、酔っていたので店の名前が出てこない。

70代の老夫婦が2人で切り盛りしていて、後継者はいない。
今泊まっている宿の主人が子供の頃からの馴染みで、紹介した宿泊客10人のうち8~9人までが口に合わぬと文句を垂れ、残りの1~2人が「ハマル」そうな。
[PR]
Commented by stc at 2007-10-25 20:03 x
こっ、これはいけそうではありませんか。Bigさんが行く前にいかなくては。
Commented by funfunfun409 at 2007-10-25 20:26
休日は行列が出来るそうです。
スープは大光よりも穏やかですが、店主は2~3年前に体調崩しているので、若い頃はもっと濃かったものと想像されます。
特に、この麺は他店では絶対食べられません。
菊や奥沢店の相模屋特注とは本質的に異なります。
Commented at 2007-10-27 17:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-10-28 15:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by funfunfun409 | 2007-10-25 17:38 | 飲食 | Comments(4)