趣味の手作りログハウス、音楽、愛車、出張先での出来事他、ランダムに書き綴っていきます。ちなみにHNは大好きなBeachBoysのヒットナンバーから取りました。


by funfunfun409
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Bach 5GS

娘が社会人バンドでもユーフォニアムを吹く事になったので、昼休みにヤマハセンターでマウスピースを買った。
f0051125_161143.jpg

Bach5GS(左)とBach5G(右)
白く変色した5Gは私が25年間使い続けているモノ。
一時期62/1ALというのを試した時期もあったが、合わないので人に譲った。
税込み定価7,245円と、値段は昔よりもむしろ安くなっている。
今度娘が吹く楽器は細管なので、見てお分かりのとおり、差込部分が1回り細い。
リム径は同じだが5GSは内部がやや浅いので「S」が付く。
内部が浅いとリップスラーが容易となり、初心者や子供には適していると思われる。
店の人と相談してこのサイズに決めた。
ショーケースを見るとメーカーも種類も多種多様で、高いのになると3万を越すものがあるのには驚いた。
何時の頃からか、マウスピースの事を「マッピ」と呼ぶのが定着しているようだ。
私が吹奏楽に没頭していた時期は「パンドピープル」「吹奏族」よりも古く、娘が「マッピ」などと語尾を上げて発音するのを聞かされると何だか取り残されたような気分になる。

Bach(バック)は創立者であるVincent Bach氏(1890~1976)の名に由来する。
軍隊でトランペットを吹いていたある日、同僚とケンカして唇を怪我してしまった。
音が出なくてケンカした事がバレるとクビになってしまうのを恐れ、マウスピースにゴムを被せて何とかバレずに済ませたのがきっかけとなり、世界中で一番多く使われているトランペットとマウスピース・メーカーの祖となった云々。。。
といったエピソートが、昔見た商品パンフに書いてあった。


11月24日追記。
家にあったBachのマウスピース。
f0051125_19494554.jpg

ほとんど使われた形跡がなく、なぜこんなの持っていたんだろうと小1時間。
サイズが「12」と打たれている。
適合表を見たら「バリトン用」。
思い出した。10数年前の定演でブリティッシュスタイルのバンド編成をやり、その時バリトン吹いたので試しに買ったものだった。
見捨てられ、ドス黒く変わり果てて可哀想な事よ。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-11-21 18:00 | 吹奏楽