趣味の手作りログハウス、音楽、愛車、出張先での出来事他、ランダムに書き綴っていきます。ちなみにHNは大好きなBeachBoysのヒットナンバーから取りました。


by funfunfun409
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カーナビ

f0051125_17553942.jpg

7月下旬に車のオフ会があり、昼食で同席した会員氏と会話中にカーナビに話題が及び、昔はウン十万円という高値の花だったのが今では最低価格が5万円を切っている事を知り、近所のカー用品店でチョイ奮発してテレビも映る3年落ちのモデルをリボ払いで購入した。

ところで、使っていて疑問に思ったのが、自分が今走っている位置が正確に表示されないのが多い事で、街中の交差点すぐ手前で「この先約300m先を右折です」と言われたり、郊外で現在地が一向に更新されずに曲がるべきポイントをうっかり通過してしまう、といった事も。
音声ガイダンス相手に「それ遠回りだろ!」とか「もう曲がったってば!」などと声に出してツッコミを入れる始末(笑)。
この気まぐれな?現象はカーナビの宿命らしく、山や建物、高圧電線といった遮蔽物があると人工衛星とのやり取りが途切れてしまうのが原因。
どの帯域にあるかは知らないが、遮断されやすい電波特性はFM波と共通している。
たかが数メートルの程度の「誤差」は遠距離通信のタイムラグだと割り切れば良いが、マメな指示が必要な市街地で通信障害が頻発するとカーナビとしての用をなさないため、各メーカは補正機能導入による精度アップに取り組んで来た。
車速パルスを取り込んで現在位置を推定表示する「自立航法」という機能がある。
ただしこれは直進しか想定しておらず、例えばカーブの多い海岸線ではいつの間にか海上を滑走している、というシュールな場面に遭遇しかねない。
行き過ぎたら迂回路を表示して指定ルートに戻らせる「オートリルート」、これは優れた機能だと思うが、時には分離帯のある道路をUターン!といったステキな指示を出す事もあるらしい。 AM波のように遮蔽物に影響を受けにくい帯域への変更は現実には無理で、付属機能の差別化で競っているのが現状のようだ。 以上、意地悪な事ばかり書いたが、決して不満だらけというわけでもない。
縮尺を大きくして現在地を俯瞰出来るのはカーナビの独壇場であるし、目的地までの距離が正確に分るので到着時間の見当をつけやすい。 TVやDVDが映れば子供は退屈しないし、取付けキットを買い足せば複数の車で共用出来るというのも後付け機器の強み。
結論から言うと、やはり下調べは必要で、依存すると道を覚えなくなり、遠回りになった事をカーナビのせいにしてしまうようになる。
普通に道路地図を車内に常備し、自分が設定した道順が正しいかどうかを時折「追認」する程度に留めておけば、ドライブ本来の楽しみが更に増すはずだ。
[PR]
by funfunfun409 | 2005-09-07 17:55 | 車関係