趣味の手作りログハウス、音楽、愛車、出張先での出来事他、ランダムに書き綴っていきます。ちなみにHNは大好きなBeachBoysのヒットナンバーから取りました。


by funfunfun409
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ショック・アブソーバー交換

5万キロ位からショックの抜けを感じるようになった。
足回りがヘタるとコーナリングが辛く、ピッチング(上下にフワフワ)が収束しなくて何とも不愉快。
その頃からチョイ乗りでも妻子が車酔いを訴えるようになった事もあり、思い切って換装する事に。
以前は10万15万走ってもそのまま。ショック交換など考えもしなかった事で、よほど車好きな連中が趣味的にやる事だと思っていたのだが、最初から足回りが固いトラヴィックに出会って初めてその必要性に気付いたという次第。
やや値は張るが、オーバーホール可能で廃車まで交換不要という事でBILSTEINに決定。
車高を下げたくないのでバネはそのままでショックのみを交換する商品を選んだ。
f0051125_18221664.jpg

写真はビル足が入っていた箱と交換後のノーマルサス。
手前がリヤで奥がフロント。
驚いたのは、フロントが腕の力だけで軽く伸縮する状態だった事で、これじゃコイルスプリングだけで車重を支えていた事になる。

帰宅後、ワゴンRに妻子を乗せ、トラヴィックが待つショップへ。
アライメント調整を全てやる必要がなかったそうで、合計金額は当初の見積りを下回って96,400円也。
店長と話をしているうちに妻が軽に乗って先に帰り、娘が同乗して店を後にした。

娘によれば「前はフワ~ッ、フワ~ッとして空飛んでるみたいだったけど、今はピタッとした感じ」との事。
ピッチングが解消されて落ち着いたのが嬉しかったらしく、終始上機嫌だった。
とにかく、このしなやかで上品な乗り心地はとても言葉では言い表せない。
「固い」のは確かだが、粗雑なゴツゴツ感ではなく路面の凹凸を「しっくりと」吸収してくれるというもの。
この感触がビル足特有のものだとは断言出来ないが、数キロ走っただけでも、高い評価を得ている理由がよく解ったような気がする。
週末の長距離旅行が楽しみだ。
f0051125_18231473.jpg

[PR]
by funfunfun409 | 2005-10-04 18:20 | 車関係