趣味の手作りログハウス、音楽、愛車、出張先での出来事他、ランダムに書き綴っていきます。ちなみにHNは大好きなBeachBoysのヒットナンバーから取りました。


by funfunfun409
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

昼食にラーメン店ハシゴ

今日は午後から外勤だったので、目的地に行く間にラーメン店をハシゴした。

龍亭 豊平区豊平2条1丁目1-38 (相模屋製麺)

1軒目は豊平川に程近く、国道36号から1本入った地味な場所にある「龍亭」(ドラゴンテイと読む)。
お奨め?の「昔風(なつかし)ラーメン」を注文 (当て字が好きな店主だ)。
予想していた鶏ガラ風味ではなく、スープの色も味も濃い目、スタンダードな札幌ラーメンといった感じ。
濃厚トンコツ系が幅を利かせる現在の札幌ではある意味「懐かしい」と言える。
立地条件が悪いにもかかわらず、常連客で賑わっていた。
ランチタイムサービスで500円。


まるともラーメン 白石区本通4丁目南2-1 (善麺)

白石区国道12号近くにあるこの店は、かつて道路向かいにあった「味のまるとも」の閉店に伴い、常連客が後を継いで屋号が「まるともラーメン」に。
こちらも今回初めて訪問。昔は美味かった中央区の糸末(いとまつ)系のクセのある白湯スープは先代と比べてかなりマイルドになったが悪くなかった。
カウンター10席のみの小さな店で、営業時間は11~15時のみ。
一度に3杯までしか作らないので多少待たされるが、丁寧な作り方といい500円という値段の安さといい(先代は400円)、先代のやり方を忠実に守り続ける誠実さのようなものを感じた。

道をはさんで向かいの旧店舗が荒れ果てた姿で残存している。
先代のオバチャンが1人で切り盛りしていた頃は隠れた名店といった風情で客も少なかったのに、10年近く前、久し振りに寄って中を覗くと、狭くて薄暗い店内は若い待ち客でビッシリ。
年取ったオバチャンがたった1人で切り盛りしているのを思うと、その悪夢のような光景に後ずさりしてそれっきり、その後オバチャンが亡くなったのを知った。
無口だったけど優しい目をしていたなぁ。
お金を払った時に「有難うございます」、引き戸をガラッと開けた時にもう一度「有難うございます」と。

余談だが、砂川の駅前にも「味のまるとも」があって、ここは先代の妹がやっている。
今年の初め10数年ぶりに再訪したらまだ頑張っていたので嬉しかった。
日を空けて2度行ったが、残念な事に味が抜けてしまったようで、スープに往時の勢いは感じられず。
足腰が弱くなって客が引ける14~15時頃には閉店すると話していたので、「そのうち行こう」などと悠長に構えているアナタ、急ぐべし!
[PR]
by funfunfun409 | 2005-11-08 18:22 | 飲食 | Comments(0)