趣味の手作りログハウス、音楽、愛車、出張先での出来事他、ランダムに書き綴っていきます。ちなみにHNは大好きなBeachBoysのヒットナンバーから取りました。


by funfunfun409
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:その他全般( 45 )

大倉山シャンツェ

私にとって、一番思い出深いジャンプ競技は何といっても札幌冬季オリンピック。
網走の寒村から札幌に引越した時期と重なるので尚更印象が強い。
宮の森70m級でのメダル独占シーンは茶の間で観戦、続く大倉山での失速ジャンプはデパートのテレビで見ていたはずだ。
f0051125_1011576.jpg

札幌に住んでいるというのに、昼間にここを訪れるのは実に30年ぶりとなる。
正確に思い出せないけれど、見に行ったのは多分小6の1975年だったと思う。
その頃、札幌五輪の選手はまだ現役で、1回目に114mを飛んで首位か2位だった笠谷選手が2回目で転倒してしまったシーンが忘れられない。
売店横で鼻水垂らしながら「カップヌードル」を啜っていた親子の姿、これも忘れられない。
f0051125_10121724.jpg

屋内展望台から。
マァよくこんな狭い急斜面を滑るもんだと。
「飛ぶ」というよりも「落ちる」という感じだろう。
f0051125_21334529.jpg

下りのリフトで札幌の街並みを展望。
隠れた展望スポットと言ってもいいだろう。駐車場も無料だし。

当時は小さな木造の控室が2~3棟、選手もスキーを担いでスタート台まで階段を登っていったものだが、現在はすっかり整備され、屋上の展望台は札幌市内を一望出来、ミュージアムでは競技の疑似体験コーナーがいくつかあって長時間楽しめる。

私の義母は余市郡仁木町の出身で、高台にある実家からは仁木町民スキー場が見渡せ、娘時代の義母が窓越しにジャンプ競技だか練習だかを見ていると、1人だけ図抜けて飛距離を伸ばす少年がいる。
その少年こそ、「世界の笠谷」こと笠谷幸生氏。
近所の幼なじみが兄である笠谷昌生氏で「あきおちゃん」と呼び、現在私のログハウスが立っている近辺を縄張りにして遊んでいたという話を聞かされた。
「縁は異なもの」と、つくづく思う。
[PR]
by funfunfun409 | 2006-05-24 10:20 | その他全般 | Comments(2)

パソコン買い替え

5年間使ってきたMe、昨年頃から頻繁にフリーズするようになり、ヤフオクの最終競りで負ける、仕事持帰りで仕上げたドキュメントが一瞬にしてパァ~になる、妻が欲しくて買ったカラリオの性能がMeでは生かし切れない、といった事情が重なり、最近は立上げた時点で凍っている、なんて事も多くなった。
私のスキルではとても手に負えない。
f0051125_2112180.jpg

表示しているのは、毎日見ているblog「ぽれぽれ」。
最新モデルは地上デジタル波も受信可能だそうだが、ウチでは必要ないし、5年も経てばどうせ壊れて買い替える事になるだろうからと、昨年11月発売の在庫品に決定。
ポイント割引が27,000円ほど貯まっていたのでそれを充て、〆て122,000円也。
「ボイチ」で買い替える事にした。
f0051125_21121512.jpg

次の日、今まで使っていたのを購入した店に持って行く。
Meの下取り上限額は4,000円だそうで、場合によっては100円程度になるかも知れないと言うので「不調だったし、お金要らないから」と答えておいた。
100円貰うために高いガソリンを消費して出向く事もあるまいし。
[PR]
by funfunfun409 | 2006-05-09 21:10 | その他全般 | Comments(2)

侵入して来やがった

迷惑なポップアップ広告。
今月初め、今泊っているホテルで感染した。
f0051125_18342632.jpg

ネットに繋いでいると、突然ポップアップが登場。
ブロック機能を「高」にしているのに。
そのうち終わるかと待っていても「CONTINUE」をクリックしない限り騒々しい音楽がいつまでも続く。
チェックボックスの×印も付いておらず仕方なく次に進むと、
f0051125_18344314.jpg

“Hello!Im kete, your personal costumer seavice ... ”
ややポチャのケイトちゃんが登場し、サイトの仕組みを長々と説明し、終わった頃にこの表示に切り替わる。
一番下のCLOSE THIS WINDOW・・・でやっと終わりかと思いきや、
f0051125_18345681.jpg

既に開いているサイトを押しのけてこの画面が現れる。
ここで「終了」を押してしまうとネット接続自体が切れてしまうので、「戻る」を2回押さないと元通りにならない。
コイツ、立ち上げ時と1時間に1回程度の間隔で出てきやがる。
「エロサイト見たからだべ!」と人から言われたが、完全否定出来ないし(笑)

検索で類似語を全部拾い出してデリっても駄目で、Norton先生もお手上げだ。
元に戻す時間は大してかからないが、姑息なやり口と自分で手に負えない
携帯の特定番号受信拒否のように、任意のサイトを表示しないように出来ないものか?
こうなりゃリカバリーするしかないか。
厄介だなぁ~。
[PR]
by funfunfun409 | 2006-04-26 18:41 | その他全般 | Comments(4)

私的1週間

今週、大した事書かなかったので、1週間の出来事をトゥリャトゥリャリャ~と書いてみる。
ところで、「昨日沸かした風呂に今日入る」例の歌、唄ってるの誰だっけ? ダークダックス?ボニー・ジャックス?

4月8日(土)
9時過ぎに起き、トーストと豆乳。
その後、家族でスープカレー店に行く。
f0051125_21304982.jpg

カイエン
焦がした月桂樹がポイントで、一目見ただけで手間をかけているのがわかる。
昨年行った時よりも美味しくなっていた。
我が道を行くチーフ、徐々に有名になっていきそうな予感。

3日前、出張先で役所の監査が14日に実施されると聞かされて気が気でなく、家に戻って妻子を降ろしてから仕事しに行く。
セキリュティシステムが導入され、解除の仕方をどう間違えたのか警報ベルが鳴り響き、慌てて警備会社に電話して事なきを得る。
監査対象である技能講習台帳の整理と総会に向けた資料の作成に追われる。
腹が減ったので17時半に終わらせる。

4月9日(日)
前の晩呑んでいないのに中々起きられない。疲れが溜まっているのだろう。
昼食は一緒に味噌ラーメンを食べようとジジババがスーパーに行ったのはいいが、タレを買い忘れてきた。
具なしのザルラーメンで腹を満たして昨日に続き休日出勤。
前日の続きと明日から始まる講習の準備。
缶飲料をくすねてやろうと冷蔵庫を開けると空っぽ。チッ!
静か過ぎるとかえって仕事が進まないもので「GyaO」に繋いでみる。
明るいうちに帰らないと損な気になったので17時過ぎにシャッターを降ろす。

4月10日(月)
隣接市で講習会。
受付業務と受講者台帳の記載事項確認、受講料の計算、各種支払いの仕分けと、初日が一番慌しい。
何とかやり終えて担当科目の講義と学科試験を終え、職場に行く。
帰りにセキュリティの操作をするのが怖いので、残業している最後の1人が帰り支度を始めたらしいのを察知して先に帰る。
「じゃ、お先に」、「ギェッ!俺が最後かい」、「んだね…じゃ」。
特売品198円の明治カマンベールチーズで酒を呑む。

4月11日(火)
6時起床、豆挽いてゴボコボ音を聞きながらパソコンに向かう。
実技講習が始まると時間があるのでパソコン相手に仕事の続き。
仕訳帳を完成させる。
終わってからまた職場に向かう。誰もいない。
監査が気がかりなのだろう。やましい事はないけれど、不安で食欲がない。
夕食のハヤシライスを半分残してしまう。

4月12日(水)
熱っぽいし、職場に行って仕事をしてもロクな事がなさそうなので真直ぐ帰宅する。
昨年開局したコミュニティFM局、ドラマシティFM新さっぽろ の局長から電話。
北海道では知名度が高い人なので名前を晒すが「MARU」こと丸山浩樹氏。
私が番組を降りたのを知っていて、ウチでやってくれないかという依頼だったが、出来ない理由を正直に話して納得してもらった。
同年代でもあり、飾らない人柄が好きなので、音源の提供等、出来る範囲内で協力しようと思う。

4月13日(木)
ずっと催促していた未収金がやっと入金。
3月末まで入金しなければ社名入りで総会議案書に載っちゃうゾ!そうなったら困るのはアンタのほうだよ、と1月から再三催告していたにも関わらずこの有様。
仕方ない、3月31日夕方の現金入金扱いにし、銀行が閉まっていたという理由で現金残高に加える事にする。
総会で質問が出なければいいが。
監査を翌日に控え、職場で遅くまで関係書類のチェック。
帰宅後風呂入ってすぐ寝る。

4月14日(金)
9時30分より役所の監査。
担当官3名が、該当する技能講習の修了者台帳、過去3年分約3,000件を1枚1枚チェック、講師の選任等、事業が適正に行われているか、調べながら質問を受ける。
午後4時過ぎに終了。
不備な点を色々指摘されたが、私の質問にも一緒に考えてくれたし、非常に有意義だったと思う。
取越し苦労で食欲まで失っていた自分が情けない。
監査後、事務所に戻ると建設機械メーカの北海道支店から電話。
各支店の従業員を集めて社内教育を実施したいが、やり方が解らないので教えて欲しいとの事。
急ぐらしく、こっちは暫く出張で留守になるので早退して向かう。
同年輩のマーケティング部の課長氏と話していると、訳の解らぬ横文字がポンポン飛び出してくる。
「概略」とか「進め方」と言えば済む事なのに。
難しい内容でも、誰にも解るように伝えるのがアンタたちの仕事だべさ。

4月15日(土)
二日酔い。
ブラバン見学から帰るとお昼時。
最近開店したラーメン店に行く。
f0051125_2131941.jpg

ラーメンいそじ
奥から味噌・塩・醤油。
妻が注文した味噌が美味しかったので追加注文、子供の前でやるべきじゃなかったかな?
昼寝してから職場へ向かう。
仕事を始めた途端電話が鳴り、「ワタクシ、KDDの代理店のナントカで云々・・・」という若い女性からのセールス電話。
受話器を手前に置いたまま仕事を再開すると、その女性、3分以上も喋りっぱなしだった。
放置されたのを知って空しさを覚えたに違いない。
可哀想な事をしてしまったもんだ。
[PR]
by funfunfun409 | 2006-04-15 21:37 | その他全般 | Comments(0)

旭川のロータリー交差点

交通量・規模から見ても多分国内最大級と思われる旭川市のロータリー交差点。
f0051125_1957133.jpg

今まで2・3回通過したことがあるが、ワケ解んなくて冷や汗モノだった。
一旦中心に入り、時計回りに走行して入りたい路線に向かうのだが、こうした特殊なケースだと交通ルールが一般化していないから、何を頼りに進んでいいのか解らない。
f0051125_19572318.jpg

勝手に引っ張ってきた俯瞰画像。
地元の人でも戸惑いそうな気がするが、何か「暗黙の優先ルール」のようなものが存在するのだろうか?
色々探しているうちに詳しく説明しているサイトを見つけたので参考までにリンクしておきます。
[PR]
by funfunfun409 | 2006-04-02 19:58 | その他全般 | Comments(6)

除排雪作業の手順

ゲップで「薬膳カリィ」の余韻を楽しみつつ、家で仕事をしていたら向かい側で排雪作業をしていたので手順を紹介します。

f0051125_183067.jpg

道路わきに積もった雪の山を除雪ショベルで崩します。

f0051125_1453256.jpg

ロータリー除雪車にダンプが寄り添い、同じ速度でゆっくり併走しながら巻き上げた雪を荷台に飛ばします。
見ていると正に阿吽の呼吸。カッコイイですね。
雪を満載したダンプは近くの雪捨て場に向かいます。

f0051125_1471481.jpg

空になったダンプはこのように順番待ちをしています。


公共事業費の削減でダンプの台数が減り、札幌以外のナンバーを付けたダンプも多く見られます。
除排雪の回数が減ってかなり不満が出ているようですが、夜を徹して作業に従事する現場の皆様を労う気持ちを忘れてはいけませんね。
[PR]
by funfunfun409 | 2006-02-16 14:07 | その他全般 | Comments(2)

東横インの過熱報道

(強度偽装関連の視聴率が)取れるネタがなくなってきたし、堀江は逮捕されちゃったから、そろそろアレ(東横イン)出すか?

単なる邪推とは思えないほどのタイミングの良さである。

最初の記者会見、「こりゃ叩かれるワイ」、と誰もが思っただろう。
しかし私には、あの発言内容は「企業人」として別に間違っていたとは思えず、悪びれずにズケズケ物言う姿にはむしろ共感すら覚えたほど。
そんな態度がマスコミにとっては安心してイビリ倒せるキャラに映ったようで、5階建ての豪邸は晒されるわ、やれワンマンだの人使いが荒いだのと各社歩調を合わせて尖鋭化する報道ぶりにはいささかウンザリした。
それにしても西田社長、まさか作り泣きまでするとは恐れ入った。
「あの態度」を最後まで通してくれればカッコよかったのに、と思うと残念でならない。

条例違反はいけない事だが、この件で不利益を被った人がいるわけではなく(別に身障者を差別する意図はない)、行政側としては条例の制定によって生じる企業の損失分をある程度面倒見てやるぐらいの措置を講じて初めて法としての正当性が生ずるものではないかと思う。
まぁ引渡し後の再確認もロクにしていなかったらしく、ホテルに限らず他の施設でも似たような事例が数多くあるらしいから、相当緩い条例だと思われても仕方がない。
マスコミとて一斉に叩くのはワケないだろうが、あれだけ茶の間を賑わしたのに、西田社長に同情する意見はついぞ聞く事が出来なかった。
f0051125_1831172.jpg

某ビジネスホテル非常階段口から見える東横イン帯広。
右下の隅に赤のオペルザフィーラが見える。
[PR]
by funfunfun409 | 2006-02-09 18:01 | その他全般 | Comments(0)

恵方巻

もう年が明けた頃から、“恵方巻恵方巻”ってやたら喧しい。
古くは旧暦の大晦日に大阪の商人が商売繁盛を祈願して始めたものらしいが、それが現在の節分の日にあたる事から、30年程前に海苔の業界団体が販促キャンペーンに利用したという経緯があった事をネット検索で知った。
本来の趣旨からすれば大晦日に食すべきものだが、既に年越しソバがあるので具合が悪い。
節分にかこつけても「豆」と競合しないし、厄払いと鬼退治、まぁ似たようなものだからイケル、と考えたのだろう。

バレンタインデー・ホワイトデーといった、本来何の脈絡もない筈のアチラの大昔の習慣を強引に引きずり出して売上を伸ばした菓子業界のアイデアには敬服するが、若い頃、ほとんど売上に貢献出来なかったしなかった立場としては、恵方巻は元々同じ日本人の発想だからまぁ許せる。
でも同じ日に家庭・職場・飲み屋なんかでかぶりつき、ある方向にむかって「アハハハ」などと空笑いする図、国民単位でその合計数を想像するとゾッとします。
[PR]
by funfunfun409 | 2006-02-02 18:46 | その他全般 | Comments(0)

雪かき

昨晩は吹雪模様で、今朝起きて外を見ると10センチ程度積っていた。
東京でも同程度の積雪で怪我人が出たりして混乱したようだが、私自身、過去に転倒して足首を骨折しているので笑っていられない。
このぐらいの雪であれば玄関周りと車庫前の「雪かき」で済む。
私の感覚では一晩に20センチを超えると「雪投げ」となり、手押しダンプが必要で高齢者世帯にはかなり辛い作業となる
写真は7時前、作業を終えた頃に朝焼けが拝めたので撮影。
f0051125_18574477.jpg


ところで昨夜の堀江社長逮捕劇、NHKが特別番組を組んだりして国民の多くが注目していたに違いない。
私もテレビの音声を聞きながら小1時間、パソコンに向かっていた。
色々見ているうちに、信憑性はともかくとして面白いなと思った情報が数点あったので書き留めておく。

● 昨年9月の衆院選、自民党は堀江氏が法的トラブルを抱えていたのを事前に知っていたので、彼を擁立するにとどまり、公認も推薦もしなかった。
仮に当選していた場合、堀江氏は果たして党員になっていたか?票の獲得数を見る限り、多分そうはしなかったと思われる。 自民党にとっては落選した方が都合よかったと思われるフシがある。野党側からの批判は必至だろうが、タレント候補の擁立など今まで共産党以外どこでもやっていた事に過ぎず、自民党にとっては痛くも痒くもないし、野党第1党である民主党にしてもそんな事でお茶を濁している場合ではない。

● 昨年末に、ライブドアでは約20名の社員が一気に会社を辞めている。その中にはニッポン放送問題の際に中心的役割を果たした役員や、衆院選挙の参謀といった幹部も含まれている。
スピード逮捕の裏には検察側による証拠の積み重ねがあったはずで、この人達を含む元社員らの情報提供が決め手になっていたとのは間違いない。
ただ、彼らが情報提供を条件に、検察側から何らかのお手盛りを引き出したのかどうかは不明。

● 今朝のテレビワイド番組で
各新聞の見出しの中に、「ホリエモン逮捕されて無一文」というスポーツ新聞の見出しがあった。
実はこのコピー、テロップが流れた直後に訪問した「2ちゃんねる」に書込みがあったのを見ている。
ひょっとして・・・
マスコミを巧く利用するやり方と、世間知らずの若い連中が暴走する構図は「オウム真理教」と似ている。
まあ直接被害者が出なかっただけマシか。

● ライブドアが買収標的に
「錬金術」によって一時期は7,000億に達した株価の時価総額は下落する一方。
これが「等身大」まで下落しても、大手通販や証券会社を傘下にしているライブドアは、堀江社長の辞任により、その豊富な資産価値に目をつけられているようだ。
残った社員の為にも早く決まればいいと思う。
Yahooかな?
でもヤフーのブログ、重たくて評判良くないそうだし。
[PR]
by funfunfun409 | 2006-01-24 18:57 | その他全般 | Comments(0)

悪酔い

酒は強いほうで、20代の頃は1升酒も平気だった。
現在の定量はウイスキーでボトル7割位、この程度なら翌日の仕事に影響が出ないで済む。
気持の切替えが出来るという意味でお酒は有難い存在。
飲む時はとことん飲み、飲みたくない時は1滴も飲まない性質なのでアル中にならずに済んでいる。
f0051125_14154133.jpg

ボトル半分で珍しく悪酔いした。原因は日本シリーズ。
大の阪神ファンとしてはやり切れなさだけが残る試合展開だった。
優勝決定の瞬間、ロッテ選手らの歓喜の表情を見て拍手を送れる気分になれたのが救い。
[PR]
by funfunfun409 | 2005-10-27 14:13 | その他全般 | Comments(0)