趣味の手作りログハウス、音楽、愛車、出張先での出来事他、ランダムに書き綴っていきます。ちなみにHNは大好きなBeachBoysのヒットナンバーから取りました。


by funfunfun409
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:出張自炊メニュー( 99 )

今年最後の出張自炊

10月31日(水)

10月29日の記事に刺身3パックで500円の話を書いた。
釧路の市場でご飯を買い、好みの刺身を乗せるのを「勝手丼」と呼ぶそうで、いかにも威勢の良い市場の雰囲気にマッチしたネーミングだなと感心する。
一方、コチラはタイムサービスの500円。
コストパフォーマンスでは負けないけれども、悔しいが鮮度では分が悪い。
同じノリで3パック買い、炊飯の合間に燗酒2合。
f0051125_1130317.jpg

アテは非常用にと前日コンビニで買った「きのこクリームコロッケ」(100円)。

その後、飯の量よりも多いかと思うほどの刺身を載せてウハウハとかっ込んだのまでは良かった。
なんと、勘違いで画像を削除してしまった。

仕方ない、明日またやろうとも考えたが最終日なので食器洗いが面倒なのでまた別の機会に。
f0051125_11311382.jpg

ラストおでん。
外食も含め、先週の帯広から一体何度食べたのか思い出す気にもなれない。
ガンモがツユを吸う吸う。。。
いくら好物といえども、これだけ続くともう、いりこダシが云々などと言ってられない。
しかし、食材を残して帰るなら出張自炊をやる意味がない。
今夜は昆布にかつおパック、酒と塩。
あれこれ考えずにサクッとやったほうが上手くいく。
そんな事を思い知らされた今回のおでんチクルス。
今年の出張自炊はこれにて「了」
[PR]
by funfunfun409 | 2007-11-03 11:32 | 出張自炊メニュー

満腹おでん

仕事帰りにデパートに寄ると、タイムサービスで本マグロ、かんぱち、数種の切落とし(280~380円)が3パックで500円。
f0051125_2133373.jpg

これだけあれば釧路名物「勝手丼」も作れるぞ。
独りで熱燗をしんみり飲っていると、正直、これだけで腹一杯になる。
でも今日はおでんの日。前夜から仕込んであったのだ。
f0051125_2135435.jpg

これは昨晩の様子で、味がすぐ染みるガンモは抜いてある。
大根を入れ過ぎたというせいもある。
f0051125_21354767.jpg

基本のおでん種4種。私はこれだけあれば他に何も要らない。
家でやる時は竹の子、巾着、練物類が加わる。
いくら材料を増やしてもご飯のおかずになり切れないのが「おでん」の難しいところ。
でも家族が1つの鍋を共有する情景は円満な家庭の象徴。
こっそり冷蔵庫から納豆を持ち出して終える。

(おでんで一杯)?
どこぞの街にも通好みのおでん屋は必ず存在する。
しかし、いくら美味いからといって腹一杯食べるような事は状況的に不可能だ。
その点、出張自炊のおでんはイメージをストレートに具現化出来るという点で他の要素が入る隙がないのが唯一の取柄か?
[PR]
by funfunfun409 | 2007-10-29 21:39 | 出張自炊メニュー

パックおでん

関東煮(かんとだき)に挑戦したのが昨年9月の事。
本来なら大根と卵を先に煮込んで冷蔵庫で一昼夜寝かせる手筈が、保存場所がない今回は出来合いのパックで済ませる。
f0051125_1935831.jpg

つゆを半分捨てた残りに酒・みりん・白だしを加えて好みの味に仕上げる。
f0051125_19351843.jpg

量多くないな。。。
夜は長い。これだけで終わらないのは最初から分かっている。
f0051125_19353386.jpg

軟白ネギを見つけたので1本買った。
今日は豚丼を食べたので、マグロで「ねぎま」と洒落込みたいのを我慢して生揚げにする。
帯広に来たら必ず立ち寄る三蔵の生揚げはずっしりと重い。
「長屋の花見」と言われそうだがなかなかどうして。
生揚げが旨い!

冷蔵庫がないからといって野菜を諦める気はない。
でもこれ以外に長ネギを1本丸ごとやっつける方法が思い浮かばない。

日ごとに表情が豊かになる次女の仕草を反芻しながら独酌が続く。
f0051125_19375389.jpg

[PR]
by funfunfun409 | 2007-10-22 19:39 | 出張自炊メニュー

燗酒

本日より6泊の帯広出張。
週末に開催されるラリーのせいで定宿を予約出来なかった。
世界中から人が集まってくるので周辺町村の民宿に至るまで満杯。
それでも手を尽くし、奇跡的に繁華街近くのビジネスホテルを確保した。
LAN回線もあり、一泊4,400円と安い。
その代わり冷蔵庫がない。
道を挟んで真向かいに帯広でただ1軒のソープランドがある。
ホテル主人のオッサンは朴訥な人柄でとても感じがいい。
部屋が狭いのは我慢出来るとして、テーブルにパソコンを置いたら他にスペースが無い。
ポットも普通の保温式で朝茶を飲むにはラーメンポットで沸かす必要がある。
いずれにせよ、今回の出張自炊はかなりの苦戦を強いられそうだ。

今夜は燗酒にしよう。
f0051125_20395213.jpg

熊本の「美少年」は20歳頃、当時毎週通っていた「エルフィンランド」で飲んで以来だ。
その頃は演劇・自主映画・サヨク達の溜り場で、いずれにも属さない私達は純粋に飲んで食うために通っていた。
マスターの中島さん元気かな?
再開発で消えてしまった東映仲通り、通称「オヨヨ通り」。
往時の様子を知るのはギリギリ30年代生まれの私で最後だろう。
f0051125_20413762.jpg

2合徳利は百均、タンブラーはヱビス6缶セットのオマケ、という按配。
ラーメン2杯食ったが、時間も早かったし炭水化物は腹が減る。
だから650グラムの豆腐にする。
飯寿司は実は最近まで食わず嫌い。
この年になって嗜好の幅が広がるというのは実に幸せな事だと思う。

それでも足りなければ↓
f0051125_20415475.jpg

これでビタミン不足を補う。
二日酔い対策にもなる。

デェ~ィ! 皿がデカくて窮屈だ!
f0051125_20422984.jpg

[PR]
by funfunfun409 | 2007-10-21 20:43 | 出張自炊メニュー

アブノーマル7色丼

f0051125_1848770.jpg

16時30分、海岸町船留埠頭より函館山を望む。

無事出張最後の夜を迎える事が出来た。
ずっと米粒にご無沙汰していたので軌道修正しよう。
f0051125_18475372.jpg

本日の主要食材。
全部ビニール袋にぶち込んで久し振りのパッククッキング。
f0051125_18491230.jpg

こうすれば栄養素の損失が最小限に抑えられるらしいのだが果たして本当か?
炊飯と同時にポットへ入れる。
仕上げにすりゴマと刻み海苔、そして辣油をタップリとかけ回す。
f0051125_18492447.jpg

7種類入って飛び切り辛いから「アブノーマル7色丼」
いつもながら行儀悪いことおびただしい。しかし美味いのだ。
炊き立ての熱い飯に熱い具を載せ、更に辣油で追い討ちを掛けるのだから美味くて当然だ。

高校の同期に「稲堂丸」という珍しい姓の持ち主がいた。
成績優秀で一橋大に現役合格した彼の仇名は「アブノーマル」。
ついでにもう一人、下の名前が「真」というのがいてコイツの仇名は「リアル○田」。
「そうじゃなくて、“Truthと”呼んでくれ!」と何度も言われたものだった。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-10-16 18:50 | 出張自炊メニュー

揚げ揚げ蕎麦

仕事から戻り、部屋でウダウダしているうちにデパートが閉まっちゃった。
駅前に新しいラーメン店が2軒あるのでそれで済まそうとも考えたが思い直してコンビニへ行く。
f0051125_2125053.jpg

レンジでチンするタイプのかき揚げ蕎麦を2つ買う。
右には昨晩の残りの小揚げ。コイツを何とかしたかったわけだ。
f0051125_21351.jpg

案の定、ツユはゼラチン状になっている。
f0051125_2131714.jpg

小揚げを刻み、これも昨晩の残りのモロヘイヤをちぎり入れて煮込む。
塩気が足りないので備品の白出汁を追加する。
一味をたっぷり振りかけて玉蕎麦をしゃぶしゃぶの要領で直接口へ運ぶ。
美味いものだ。
2パック食べたが不足気味。昼が出前の鍋焼きうどんだったせいかもしれない。
f0051125_2135276.jpg

ま、でも具がこれだけ残れば最終的に満腹するだろう。
いわば「デラックス抜き」と称してもいい。酒肴に最適だ。
刻んだ小揚げをフライパンで炒ってみようかと思ったが止めにした。
サーモが機能してしまい、復旧にエラい手間が掛かるのだ。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-10-13 21:05 | 出張自炊メニュー

ズワイガニの味噌仕立て

長月で蕎麦を手繰った後、出張自炊の材料を仕入れに棒二森屋に行く。
もう旬になったのか、ズワイガニ(松葉蟹)が2匹580円で売られていた。
f0051125_21173533.jpg

昨晩の丸南本店で肉類を飽食したので今晩は野菜をたくさん摂りたい、と体が要求している。
f0051125_21175114.jpg

仕入れた野菜類。
リーキなんて今まで知らなかった。生で齧ったらタダの長ネギじゃないか!
f0051125_2118882.jpg

鍋が小さいので甲を先に煮込んで出汁を取る。
ミソと足の付け根の肉は後で酒のアテにする。
脚は前もってハサミで切り込みを入れておく。出張備品の百均ハサミもそれなりに役に立つ。
f0051125_21183611.jpg

煮込み風景。
常備の八丁味噌は淡白なズワイガニとは相性がよろしくないようだ。
でも爪の先までしゃぶって成仏させてあげた。どのカニも鋏の部分が一番旨い。

出張自炊でカニが登場するのは昨年3月の礼文島10月の稚内に続いて3度目。
こんなのを見ると、経験を積んだ割には洗練されていないなぁ~、と気付かされる(笑)
f0051125_21185214.jpg

さて、ズワイガニのミソは毛ガニのソレよりもずっと旨いと感じたのが収穫。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-10-12 21:22 | 出張自炊メニュー

鯨のカレーピラフ

湯浜町のスーパー魚長に行くとミンク鯨のパックが売られていた。
前回と違って量が少ないので刺身やステーキにするには足りない。
調理の手間も考えて飯と一緒に炊き込む事にした。
獣臭があるのでカレー味がいいだろう、という事でドライカレーの素も買う。
f0051125_2081634.jpg

炊飯で長時間加熱しているうちに香りが飛んでしまわないかと心配だ。
肉だけじゃ寂しいので五分切のネギも加えて炊飯。
f0051125_2082948.jpg

結局1袋(2人前)を全部使い、やや濃い目の丁度良い味加減になった。
肉を噛み締めるとちゃんと鯨の味がする。
子供の頃によく食べた大和煮の缶詰を思い出す。
f0051125_2084130.jpg

[PR]
by funfunfun409 | 2007-10-10 20:08 | 出張自炊メニュー

牡蠣丼

昨日の昼前に、「食事処志乃」で金曜日までの昼食をあれこれ選定しているとメニュー表に「牡蠣丼」というのがあったので、どんなものかと尋ねたら「卵とじ」にしたものだと言う。
家族の中で牡蠣が好きなのは私だけで、買い物の時に1パック滑り込ませ、台所でレモン汁をかけてひっそり食べるのが常。
普段あまり食べない物を存分に楽しむのも出張自炊のレゾンデートル。
自分で作ってみたくなったので、宿へ戻る途中スーパーに立ち寄る。
f0051125_19523587.jpg

厚岸産15個入りで580円なり。
ハシリだから高くても仕方がないか。
下地は親子丼と同様、白だしに酒・みりん。
f0051125_19524567.jpg

何とか完成。薬味に三つ葉をたっぷりと。
ヒータの表面積が小さいので均一に熱を通すのに苦労した。
ラーメンポットに卵料理は鬼門かなぁ~。
木の皿に乗せるグリルプレートのような厚手のフライパンを探してみよう。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-09-12 19:54 | 出張自炊メニュー

鯖と茄子のスープカレー

前回函館出張時に買ったスープカレーの素が1食分残っている。
腐るものでもないし場所を取らないから便利だ。

茄子に火が通ったら「素」を溶かしてサバ缶の中身を入れるだけ。
サバ缶の汁は捨てないで丼飯にかけておく。
f0051125_20221571.jpg

どうせ誰も見ていないから一匙ずつ口に運ぶなんて事をせずにぶっかけ飯にしてもいい。
f0051125_20222916.jpg

さてと、今宵のお相手。
モッキリ屋の親父イチオシ、新潟の生原酒 想天坊
アルコールが18~19度と高めで、力強くもスッキリした飲み応え。
これは冷やに限る。
一升瓶を所望したら、在庫品が発酵して濁ったから売れないと言う。
保存に細心の注意を払っている店なのに、時にはこんな事もあるようだ。
頼んで試飲するとやや甘く、雑味が残るのを感じたが、それでも充分旨かった。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-09-11 20:25 | 出張自炊メニュー