趣味の手作りログハウス、音楽、愛車、出張先での出来事他、ランダムに書き綴っていきます。ちなみにHNは大好きなBeachBoysのヒットナンバーから取りました。


by funfunfun409
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:出張自炊メニュー( 99 )

かつお大根サンド

本日より5泊の旭川出張。
多分今年最後になるだろう。
やっと三寒四温が過ぎたと思ったら今度はフェーン現象とかでいきなり暑い。
近所のセルフで満タンにし、空気圧を見てオイル量をチェックする。
家族と近所の回転鮨で昼食を済ませ、12時半に家を出て4時前に定宿に着いた。
向かう途中、半袖姿で交差点を渡る兄ちゃんを見かける。いくらなんでも早いんじゃネェ~の?
昨晩家で飲んだのでダルく、夕食を簡単に済まる積りで買い物公園のスーパーに出かける。
f0051125_20191721.jpg

かつおの切り身をさらに細かく切り分け、千切りの大根と一緒に醤油に漬けておく。
隠し味はにんにくパウダー、薬味は大葉をちぎったもの。
本当はフランスパンの斜め切りと揚げにんにくを使うとバッチリ決まるのだが、今日行った店には置いていなかった。
ま、出張先で生野菜をたっぷり取れるのは良い事だ。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-04-22 20:20 | 出張自炊メニュー | Comments(0)

旭川西武デパ地下の麺屋

前日住所を調べ、カーナビに登録した蕎麦屋が何と臨時休業だった。
風邪を治したいという気持ちが強いせいか、食欲だけは一人前だ。
さあ困った。一福の大盛り2枚なんて今の体調では絶対無理だし。

そこで、先月の旭川出張で知った茹で麺の店を再訪する。
f0051125_21111717.jpg

「めん処一八」
地元の製麺業者直営で、同じフロアに食堂もある。
デパ地下のテナントでこうした店はかなり珍しいと思いますがどうでしょうか?
出張先だから敏感に反応するのかも知れません、札幌のデパ地下なんてもう何年も行っていないので。
結局、麺各種4玉に天ぷらとツユを買う。
「こんな風にして食べるんだ!」と店のオバチャンに訴えて天カスをまけてもらった(手前のビニール袋)。
計808円也。
f0051125_2113168.jpg

天カスに醤油垂らしたのをツマミにするのが大好きで、これがあれば酒は何でもいい。
ダラダラ飲ってると食えなくなるので、1玉単位で湯に通し、温まった頃を見計らって冷たいツユにつけて「ズルズルッ」。

満足した。
食事で満たされれば酒はも要らない。
今夜熟睡出来れば明日中にも風邪が治るはず。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-04-05 21:30 | 出張自炊メニュー | Comments(5)

不覚

4月4日。

宿に着いて手を洗っていると。。。
f0051125_1922177.jpg

バスタブに砂出し中の蛤がそのまま!
出張自炊では痕跡を残さないのが掟だというのに、ついにやってしまった。
掃除のオバサンこれ見てなんと思っただろう。

例によって酒で蒸し、飯が炊き上がるまでの間、汁を肴に食前酒。
f0051125_1931427.jpg

どんぶり飯は手間も金もかからないのがいい。
この手のバリエーションはいくらでもありそうな気がする。
風邪を引いているので冷酒がテキメンに効いた。この日は2合に抑えて寝る。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-04-05 19:04 | 出張自炊メニュー | Comments(2)

鯛茶漬け

4月3日。
風邪を引いてしまい鼻水が止まらない。
昨晩(4月2日)は二日酔いの後遺症と発熱で何もする気になれず、結局繁華街の「一蔵」で「塩大固麺」を食べて夕食を済ませた。
f0051125_1919719.jpg

4月1日にデパ地下の「あらコーナー」で見つけた真鯛の切り身が1パック何と47円
生食しても問題ないだろうと思い、部屋の冷蔵庫に放り込んであった。
これだけあればどんぶり飯で鯛茶漬けを楽しめるだろう、煎茶は常備しているし…という事で早速飯を炊く。
土曜まで仕事が続くので風邪を治さなければいけない。
丸井のデパ地下を見て回っていると豚レバー(300g)に身体が反応したのでカゴに入れる。
そうなると嫌でも酒を買わなければならず、酒屋で適当に純米酒を調達。
この他に中国産のハマグリが200円だったのでこれも買い、砂出しをして明日に備える。
f0051125_19192935.jpg

レバーは厚く切ってレアで食べるのが一番。
さて、締めは鯛茶漬け、白だしに醤油と酒を加えた下地に浸した鯛を乗せ、熱~い煎茶を注いで出来上がり。
f0051125_19195488.jpg

身だけで意外に濃いダシが出たので驚いた。
たった47円でお大尽気分になれるのだからタマリマセン。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-04-04 19:20 | 出張自炊メニュー | Comments(0)

茄子か焼き

4月1日(日)。
今年2度目の旭川出張(6泊)。
新年度早々赤字ギリギリの仕事なので気が重い。
なので今回の出張自炊は贅沢な食材を慎もうと思う。

この日は「茄子か焼き」
東北地方の料理で元々は帆立貝を鍋代わりに使っていたので「貝焼き」から転化したものだろう、と「梅安料理ごよみ」に書いてある。
本では鮭の缶詰を2つ使う事になっているが、少量の割にバカ高いので魚売り場で「粗」を買う。
f0051125_15563442.jpg

こんなデカい茄子を見るのは久しぶりだ(250円也)。
昆布だしに味醂を加えた汁で鮭を煮て身をほぐし、薄切りの茄子に火が通ったそばからフウフウいって飯のおかずにする。
f0051125_15564694.jpg

茄子は大好物なので全部平らげた。
缶詰を使うよりもこちらのほうが「本物」という気がするけれども、また作ってみたいとは思わない味だった。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-04-03 07:15 | 出張自炊メニュー | Comments(0)

一汁二菜

3月16日。

今日は朝からラーメンとたい焼きを食べたので酒と過食を慎み、普通の食生活に戻ろうと思う。
f0051125_1815659.jpg


家から持ってきた米はこれで全て消費した。

函館最終日の明晩はどうなるのか?
[PR]
by funfunfun409 | 2007-03-17 18:02 | 出張自炊メニュー | Comments(0)

鯨を飽食

3月14日②

今日は仕事の谷間で完全休日。
8時過ぎに起きて大浴場でゆっくり髭を剃り、掃除が始まる10時前に一旦部屋を出た。
銀行へ寄ったついでに朝市へ向かう。
ここ1~2年の間に商店街全体が危機感を持ち始めたらしく、ポン引きのような悪質な連中を見かけなくなったのはいい傾向だと思う。
ラーメン屋の「一文字」は本日も暖簾が出ておらず、 たい焼き屋の婆さんが健在なのを確認して宿に戻る途中、魚屋の店先に鯨肉が並んでいるのを見つけた。
鯨を買って行く観光客もいるんだぁ。
f0051125_17355414.jpg

イワシクジラのブロック510グラム(1,300円)。
流通量からしてかなり安いと感じたので迷わず買った。
飯を炊く間に4分の1ほどを刺身にする。
f0051125_1737294.jpg

牛刺・馬刺よりも癖がなく、鮪や鰹とも違う。
用意した薬味など全く不要でいくらでも箸が進む。
43歳の私は既に鯨肉への嗜好・郷愁を持ち合わせていない世代。
かつて獣肉禁忌の時代に勇魚(いさな)と称され魚類として扱われたそうだが、こと味に関しては物足りなさを感じさせるほどの淡白さが正に「目からウロコ」だった。

メインは得意のステーキ丼にする。
f0051125_17375342.jpg

厚さが2.5cmあったのでサイコロになるように大きくカットし、火が通ったら手持ちの赤ワイン・醤油・味醂を加えて最後に胡椒を振り、汁ごとどんぶり飯に移す。
フライパンに収まらなかった生肉は醤油を付けて片付ける。
加熱すると筋が固くなるという事を知らなかった。
薄切りの竜田揚げが好まれる理由か?
しかし牛肉と同様、鯨肉も本来の旨さを存分に楽しむにはやはりステーキが一番かと思う
こんなご馳走にありつけるのはこの先何度もないだろう。
今度やる機会があれば、厚さを半分にしてみよう。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-03-15 17:39 | 出張自炊メニュー | Comments(0)
3月14日①

夕方近く、酒を買いにスーパーへ行くと「98円均一」のワゴンにこんなのを見つけた。
f0051125_1720250.jpg

焼き餃子は過去にやっているので今回は年末に作った小道具を用いて蒸し餃子にしてみる。

針金を曲げた台の上に蒸篭を乗せる。
2段重ねなので小振りの餃子なら1度に20個蒸す事が可能、焼売や肉饅との組合わせはもちろん、その気になれば本格的な赤飯だって出来るんだぞ!

f0051125_1721992.jpg

部屋飲みの日本酒に飽いたので今夜の酒は辛口の赤ワイン(紙パック1.8㍑)。
殺風景なビジホの1室で、湯気を上げる蒸し器からそのまま餃子をつまみながら独酌する複雑な気分よ。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-03-15 17:22 | 出張自炊メニュー | Comments(0)

鍋焼きうどん+

3月13日。
11泊のタコ部屋出張も7泊目を迎え、何となく先が見えてきた。
部屋の冷蔵庫には卵6個と長ネギ1本半。
手っ取り早く鍋焼きうどんにする。
f0051125_13571355.jpg

そのままラーメンポットに載せれば済むと踏んでいたのだが、全然沸騰しない。
底が波打っていてヒータとの接触面が少ないのが原因。
ダンボールやトタン屋根と一緒で強度を出すための加工だ。
仕方ないのでラーメンポットに移し変えて卵の白身が固まるまで待つ。
f0051125_1357521.jpg

卵2個と天カスも加えたので麺1玉で足りると思ったが、酒を飲まないと決めているので何となく不安になる。
f0051125_13581085.jpg

これにも長ネギをたっぷり刻み込んだ。
ベッドで本を読んでいるうちに寝てしまう。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-03-14 06:56 | 出張自炊メニュー | Comments(2)

ことづて汁

熱いご飯に天カスを載せて蒸らし、醤油をかけ回すのが好物だ。
f0051125_1931391.jpg

写真は蒸らしの段階で天カスをまぶし、天つゆをかけて再度スイッチ。
食べ進むうちに「もう一押し」という気がしたので、とろろを加えてみる。
f0051125_1931353.jpg

長芋は376g169円也。
ところで、ご飯に添えたとろろ、「ことづて汁」という異名があるそうだ。
ご飯がはかどるものだから「良くいひ(飯)やる」というものらしい。

長芋は常温での保存が可能だし、どんぶり1杯分もあればそれだけで満足な食事となる。
野菜不足も一挙に解消出来るので、今後の出張自炊には欠かせない食材になるだろう。

昨日、塩辛を作ろうと刺身用イカを2杯買ったのだが、ゴロが小さ過ぎて話にならない。
解体して一晩置くと刺身にするには厳しい状態だったので、サッと熱湯に通し、味噌・ポン酢・ネギを合えて酢味噌風にしてみる。
f0051125_19321237.jpg

別に意図したわけでもないのに、 日本酒がすすむ酒が出来てしまった。
残った天カスも醤油垂らして一味振ると酒に合うし。
昨晩あれほど飲んだというのに、こんな事では困るのだ(笑)
[PR]
by funfunfun409 | 2007-03-12 19:33 | 出張自炊メニュー | Comments(0)