趣味の手作りログハウス、音楽、愛車、出張先での出来事他、ランダムに書き綴っていきます。ちなみにHNは大好きなBeachBoysのヒットナンバーから取りました。


by funfunfun409
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:DJ( 8 )

夢見る少年 その後

些細な事だが、心の片隅にずっと引っ掛かっていた事が立て続けに解決した。

1つは、2005年12月27日の記事で紹介したハードリスナーの淀川短治氏。
昨年の暮れに短治氏を知る人から連絡があり、その後短治氏はビル管理会社を定年退職後、契約社員として豊平区在のコミュニティFM局が入居しているビルの管理を担当されているそうな。
持ち前の親切心で洋楽系の音楽番組に音源を提供したりして関係者は大助かりとの事。
どうやら持病も快癒されたらしく、仕事・趣味の双方で第2の人生を満喫されていらっしゃるのが判っただけでも嬉しい。
ほんと、世の中は狭いものだ。

実は1昨年4月の最終放送日に短治氏からレクエストのメールを頂いていたので番組終了後にアドレスを書き写し、深夜帰宅してから本人にお礼のメールを送っている。
今回、情報提供者にお願いして前述のブログ記事をメール送信してもらった。
きっと、私の気持ちが伝わったはずだ。これで一安心。

さてもう1つは「夢見る少年」
The Four Prepsというグループについては面倒なので説明を割愛させていただく。
彼らの作品群の中で、この曲にだけ異質な印象を抱いていた。
先日、以前から何かとお世話になっているオールディーズ現役世代のコレクターであるK氏が昨年秋に貸したCDを返しに家に来て、コレクションの中からCDを3枚焼いたのを置いていった。
その中の1枚。
f0051125_22363365.jpg

Michael Holliday
50年代後半にイギリスで大ヒットを何曲も記録した人気歌手で、通して聴いてみたが、穏やかで深みのある声質と折り目正しい歌い口はBing Crosby、Perry Comoの流れを汲む正統派。
1924年生まれ(28年説もあり)なので、Andy Williamsあたりと同世代だが、じゃあ当時のアメリカ本国にルックスは抜きにして(笑)Hollidayに匹敵するシンガーがいたかどうかというと、これが思い当たらない。

私の音源リストを探してもバート・バカラックの作品集の中に1曲見つけただけなので当時の日本では無名の存在、もしかするとジャズ・ヴォーカルの文脈で紹介されていたのかも知れない。
このベスト版CDの中に件の「DREAM BOY,DREAM」が収録されている。
元音源はColombia Label、確証はないが多分これがオリジナルであろう。
テンポアップされ、アレンジを加えたFour Prepsのカヴァー曲のほうに分があるのは致し方ないか。後出しジャンケンだもんね(笑)

50年代後半の英国ポップス界はマッタリとした「古きよき時代」。
人気歌手ですらこの曲目リスト、当時の状況がとんな状況であったのかは、判る人には判る。
f0051125_22371322.jpg

当時既にベテランの域に達していたHolliday氏はその後到来する音楽シーンの急激な変化に弾き飛ばされてしまった。
失意の日々を過ごした挙句、1963年、薬物の摂取量を誤って死去とある。
自殺だろう。
アマゾンで検索するとCDが数枚入手可能だが、今の私にはこれ1枚で充分。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-01-31 22:53 | DJ | Comments(0)

夢見る少年

DJ時代のエピソード。

1昨年の夏頃だったと思う。
オールディーズにかなり詳しい方が常連リスナーに加わった。
50代半ばの現役オールディーズ世代、映画音楽をこよなく愛する当人のラジオネームは「淀川短治」。
生放送中のリクエストはマニアックな曲ばかりで応えるのに苦労したが、生放送中のスリリングなやり取りをリスナーも楽しんでくれていた筈だ。

ある日、短治氏から私あてに1枚のCDRと手紙が送られてきた。
40年以上も昔にAM放送から家庭用オープンデッキ(当時カセットテープは存在していない)に録音したという曲の断片、曲名と歌手を知りたくて方々の洋楽番組に送ってみたが今までどこも相手にしてくれなかったとの事。
音源を持っていたのでその日の番組で全曲聴かせてあげた。

夢見る少年/フォー・プレップス
(DREAM BOY,DREAM/THE FOUR PREPS)

無理もない、今時こんな知名度が低い曲のリクエストに応える広域局はどこ探してもない。
音源管理担当者は既にオールディーズを知らない世代に入れ替わっているし。
辛抱強くリクエストを続ければ応えてくれそうなのは山下達郎氏ぐらいだろう。
カレッジフォーク出身で50年代後半~60年代前半にかけて数曲をTop40に送り込んだ彼らだが、日本では(多分)シングル2~3枚、この曲と「ビートルズへの手紙」がごく一部のオールディーズファンに知られているのみだ。

少年時代の夢が40年の永い時を経て、意外な形で実現した短治氏、今度は現物を入手したくなったらしく、海外のオークションサイトを半年間監視し続けてついに落札した。
価格は送料別で50ドルだったそう。
早速お礼にと、収録曲とEP盤の印刷部分をCDRにコピーして送ってきた。
f0051125_19444874.jpg

その他にも自ら編集した未CD化のオリジナル音源満載の作曲家別映画音楽集(現在市販されている映画音楽のオムニバスは再録物が多い)や、入手困難な音源をギッシリ詰め込んだCDRを次々と局に郵送してくれた。
その数は30枚を超える。
膨大な時間を費やしたであろうことは想像に難くない。
感謝すべきはむしろこちらのほうなのだが、本名も電話番号も明かさない短治氏、対面も電話連絡も果たせぬまま番組が終了してしまった。
全くの見ず知らず同士を簡単にくっつけてしまう音楽の力。
いつかお会い出来るだろうという淡い期待を胸に秘めつつ、「夢見る少年」を時々取り出しては聴いている。
[PR]
by funfunfun409 | 2005-12-27 19:39 | DJ | Comments(0)
f0051125_22364098.jpg

諸般の事情が重なり、先日自ら降板を申し入れた。
5年間続いたDJ稼業がこれにて「了」。
いずれ番組に関連した小話なんぞを、暇を見て書いてみたいと思います。

註) カッコ内はリリース年及びビルボードの最高位。

※ ロック・アラウンド・ザ・クロック/ビル・ヘイリーと彼のコメッツ(オープニング)
1. 恋は異なもの/ミッキーとシルヴィア(57♯11)
2. ラ・ディー・ダー/ビリー&リリー(58♯9)
3. 貴方っていい感じ/パリス・シスターズ(61♯5)
4. 君の気持が気に入った/アンディ・ウィリアムス(57♯8)
5. 酒とバラの日々/アンディ・ウィリアムス(63♯26)
6. ビー・マイ・ラヴ/マリオ・ランツァ(51)
7. クリスマス・アルファベット/マクガイア・シスターズ(54♯25)
8. ハッシャバイ/ミスティックス(59♯20)
9. バーバラ・アン/リジェンツ(61♯13)
10. 暗い港のブルース/モダン・プレイボーイズ(63)
11. ゴールデン・レコーズ/ジュディ・トーマス(63)
12. ディア・ミスターDJ/ティナ・ロビン(61♯95)
13 嘆きの道化師/テディ・ランダッツォ(60♯44)
※ ティーンエイジ・ソナタ/サム・クック(エンディング)
[PR]
by funfunfun409 | 2005-11-18 22:35 | DJ | Comments(3)
手紙でのリクエストが何曲かあったので前回・今回分とも内容を1部変更。
選曲した分しか音源を準備していなかったのでCD庫から何枚か拝借して間に合わせた。
f0051125_14233722.jpg

↑ 放送局の音源コーナー

以前はコンテナ4個にデータ整理したMD・CD数百枚(約15,000曲分)を詰め込んで台車で(冬はソリ引いて)毎回持ち込んでいたものだが、録音になってからはその必要がなくなり、それだけでも負担が軽くなった。
「黄金の腕」が5分を超える曲なのでタバコ休憩。
23時過ぎ終了、途中コンビニに寄って24時チョイ前に帰宅。
それから酒呑み。

※ロック・アラウンド・ザ・クロック/ビル・ヘイリーと彼のコメッツ(オープニング)
1. 恋のひらめき/ルウ・クリスティ(66♯1)
2. 魔法/ルウ・クリスティ(69)
3. グッド・タイミン/ジミー・ジョーンズ(60♯3)
4. クライ・クライ・クライ/ジャック・スコット
5. 泣かせておいて/レスリー・ゴア(63)
6. 月光のノクターン/ディック・ジェイコブス楽団(61)
7. 黄金の腕/エルマー・バーンステイン楽団(56♯16)
8. かけごとはおよし/リンダ・スコット(61♯9)
9. 恋しているかしら/ロネッツ(64♯34)
10.ポエトリー/ジョニー・ティロットソン(60♯2)
11.メイビー/スリー・ディグリーズ(70♯29)
12.恋のゆりかご/ジョニー・プレストン(60♯7)
13.恋はスバヤク/ガス・バッカス
14.ブレス・ユー/トニー・オーランド(61♯15)
※ティーンエイジ・ソナタ/サム・クック(エンディング)
f0051125_14244324.jpg

[PR]
by funfunfun409 | 2005-10-29 14:22 | DJ | Comments(0)
10月は土曜日が5回あり、同じ録音を3度も使えないとの事で、昼休みと帰宅後に大急ぎで選曲して昨日(10月28日)、29日分と11月5・12日分を録音しに行った。
f0051125_14201416.jpg

私の番組宛てに手紙が何通か届いており、揃って「録音はツマラナイ」といった内容。
耳の痛い話だが今さら生放送に戻すわけにもいかず、「年末特番の時にでも出来たらいいですね」などと言い訳するに留める。
JRタワーが毎月2回開催している生放送「そらのコンサート」とかち合ったので終了までブースが使えず、副局長と雑談したりして時間を潰し、21時頃から録音開始。
ブースに入る段になってオープニングとエンディングのMDを忘れているのに気付く。
局のCDで間に合わせたが、それぞれ音質やミックスが違っていてやはり違和感を感じる。

※ロック・アラウンド・ザ・クロック/ビル・ヘイリーと彼のコメッツ(オープニング)
1. デニース/ランディ&ザ・レインボウズ(63♯10)
2. プリティ・リトル・エンジェル・アイズ/カーティス・リー(61♯7)
3. プリーズ・ライト/トーケンズ(64)
4. ユール・ネヴァー・ノウ・ホワット・ユア・ミッシン/リッキー・ネルソン(59)
5. ひと目ぼれ/ジョニー・レスティヴォ(59)
6. 大人になりたい/コニー・フランシス(61♯72)
7. 子供じゃないの/ヘレン・シャピロ
8. ミスター・ロンリー/ボビー・ヴィントン(64♯1)
9. 悲しき北風/カスケーズ(63♯60)
10.しあわせがいっぱい/ミーナ(60)
11.荒野の七人/アル・カイオラ楽団(61♯35)
12.レッツゴー物語/クレイグ・ダグラス(61)
13.峠の幌馬車/ストリング・アロングス(61♯3)
14.エヴリバディ/トミー・ロウ(63♯3)
※ティーンエイジ・ソナタ/サム・クック(エンディング)
f0051125_14205571.jpg

事前に準備した曲目表
[PR]
by funfunfun409 | 2005-10-29 14:17 | DJ | Comments(0)

ベタ記事

北海道新聞朝刊の札幌市内版、毎週金曜日はコミュニティFMの週間番組表と各局の番組紹介が掲載される。
夕食後に眺めていたら私の番組がベタで紹介されていた。
f0051125_19373897.jpg

この記事は常勤スタッフが書いたもの。
今週と来週は先月23日に録音した2回目の番組がオンエアされる。
ミスを何とか最小限に留められたので明日家で聴くのが楽しみだ。
[PR]
by funfunfun409 | 2005-10-14 19:34 | DJ | Comments(0)
10月23日夜。
約半年ぶりにスタジオに行くと、機材の配置が変更されていて操作にやや手間取る。
開始後30分程で以前の感覚が蘇り、音楽ネタがポンポン出てくるようになった。
CDとMDに同録で2回分収録し、23時前に終了。
これで1ケ月分だから実にあっけない。
一度も穴を開けずに毎週3時間、丸5年間もよく続いたものだ。
f0051125_22582635.jpg

写真は13歳の時から28年間使い続けているヘッドフォン。
密閉式はいくら高価なものであっても長時間使うと耳が疲れる。
今時放送やっている人でこんなの使っている人はいないと思うが、自分の耳がこれに慣れてしまっているので手放せないのだ。


放送音源は以下の通り。
以前とは違い、ごくありふれた曲が中心。
マニアックなリスナーからは不満が出そうだが、短時間で、しかも限られた可聴区域の中でより多くのリスナーに楽しんでもらうにはこの程度に抑えておくべきだと考えている。

2005/10月1・2週
※ロック・アラウンド・ザ・クロック/ビル・ヘイリーと彼のコメッツ (オープニング)
1.ザ・ツイスト/チャビー・チェッカー
2.レッツ・ツイスト・アゲイン/チャビー・チェッカー
3.マネー・ハニー/ドリフターズ
4.タ・タ/クライド・マクファター
5.エイント・ザット・ア・シェイム/ファッツ・ドミノ
6.パピー・ラヴ/ポール・アンカ
7.アヴェンジャーズ/ローリー・ジョンソンORCH
8.0077地獄のカクテル(Driftin’)/シャドウズ
9.007は2度死ぬ/ナンシー・シナトラ
10.ボビーに首ったけ/マーシー・ブレーン
11.恋はイジワル/スキーター・デイヴィス
12.フォゲット・ヒム/ボビー・ライデル
13.フォーチュン・テラー/ボビー・カートラ
14ボンゴ・ロック/プレストン・エップス
※ティーンエイジ・ソナタ/サム・クック(エンディング)

2005/10月3・4週
※ロック・アラウンド・ザ・クロック/ビル・ヘイリーと彼のコメッツ (オープニング)
1.マイ・ガール/テンプテーションズ
2.リーチ・アウト・アイル・ビー・ゼア/フォー・トップス
3.恋はおしまい/スプリームス
4.可愛いバーバラ/テンプテーションズ
5.ウィズ・ア・ソング・イン・マイ・ハート/スティーヴィー・ワンダー
6.大脱走のマーチ/ミッチ・ミラー合唱団
7.霧の中のジョニー/ジョン・レイトン
8.恋のブルー・アイズ/スティーヴ・ローレンス
9.ギフト(レガート・ボサノヴァ)/イディ・ゴーメ
10.ジョニー・エンジェル/シェリー・フェブレー
11.二人だけのデート/ダスティ・スプリングフィールド
12.悲しきラグドール/フォー・シーズンズ
13.モア/カイ・ワインディング
14.森を歩こう/ホルスト・ヤンコフスキー
※ティーンエイジ・ソナタ/サム・クック(エンディング)
[PR]
by funfunfun409 | 2005-09-26 22:36 | DJ | Comments(0)

DJ業再開

市内のコミュニティFM局「ラヂオノスタルジア」で2000年の開局当初から5年間、毎週土曜日にオールデイーズ番組の生放送を続けていた。
f0051125_21405582.jpg

仕事が年々多忙となり、しかも家族を犠牲にしてまで続ける必要があるのか?といった想いが募り、表向き「半年間充電」という事にして中断。
自分としてはもう終わったものだとサバサバした気持ちでいた。

ところが9月初旬、職場で仕事中に局長から架電、「10月からまたやってくれないか」と言う。
さすがに毎週の生放送はムリだが、株主でもあるし頼まれたら無下に断れない性格なので、時間を縮小し、ヒマを見て月1~2度スタジオに録音に行くだけ、という事で合意。
「舌の根が乾かないうちに」再開決定!
f0051125_21415290.jpg

[PR]
by funfunfun409 | 2005-09-23 21:37 | DJ | Comments(0)