趣味の手作りログハウス、音楽、愛車、出張先での出来事他、ランダムに書き綴っていきます。ちなみにHNは大好きなBeachBoysのヒットナンバーから取りました。


by funfunfun409
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:吹奏楽( 54 )

練習再開

f0051125_2149890.jpg

10年位前まで何度かエキストラをしたことのある某吹奏楽団で、ユーフォニアム奏者が転勤で札幌を離れる事になり、巡り巡って私に定演の出演依頼が舞い込んだ。
既に3年以上も楽器に触っておらず、元々所属しているバンドに復帰するためのリハビリにでもなるかなと思い、軽い気持ちで一度見学に行くという返事を出したが、考えてみると某楽団に対して非常に失礼な話で、自分は一体何様のツモリ?と反省、翌日に辞退させてもらう旨詫びを入れた。

勿体ぶってグズグズ先延ばしていると本当に楽器が吹けなくなってしまう。
先月で地方出張がほぼ完了し、本番までの練習に行けそうなので久し振りに参加した。
今年結成20周年の「札幌ウィンドオーケストラ」 、見知らぬ若い団員が増えたが、創立時のメンバーも現役バリバリで頑張っていて、そしてみんな若い。
今回は難しいパッセージがテンコ盛りの難曲が多く、果たして本番までに仕上がるか不安だが、マメにおさらいして、皆さんと一緒に旨い酒を飲みたい。
[PR]
by funfunfun409 | 2005-10-16 21:17 | 吹奏楽 | Comments(0)

ユーフォニアム

f0051125_18152662.jpg
EUPHONIUM。
ユーフォニウムと表記される場合もある。
ラテン語の「豊かに鳴り響く音」というのが語源。

15才から吹奏楽をやっているが、クラシックに興味のない人に楽器名を言っても殆ど知っている人はいない。
世に出た時期が新しいのでオーケストラで使われる事は滅多にないが、れっきとしたソロ楽器。
写真は20年以上愛用している、英Boosey&Hawkes社の補正管付き3本ピストン。
1982年、既に絶版モデルだったこの楽器を20万値引きして37万円、36回の割賦払いで購入した。
当時YAMAHAの細管並列4本ピストンが20万程度だったから、学生の身としてはかなり思い切った買い物だった。
今でも梨地のユーフォを吹いている人をたまに見かけるが、3本ピストンのこのモデルを使い続けている人を今まで見た事がない。
3本ピストンなので音程の悪さは技術でカバーする必要があるが、鳴りの良さはやはり舶来品(笑)ならでは。
YAMAHAが太管モデルを発売して久しいが、国産モデルの「響き」が、どこまで向上しているのか興味がある。
[PR]
by funfunfun409 | 2005-10-02 18:13 | 吹奏楽 | Comments(0)

ハマちゃんずブラス

f0051125_1122431.jpg

[PR]
by funfunfun409 | 2005-07-01 11:01 | 吹奏楽 | Comments(0)
f0051125_10522425.jpg

[PR]
by funfunfun409 | 2005-07-01 10:51 | 吹奏楽 | Comments(0)