趣味の手作りログハウス、音楽、愛車、出張先での出来事他、ランダムに書き綴っていきます。ちなみにHNは大好きなBeachBoysのヒットナンバーから取りました。


by funfunfun409
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:家庭( 72 )

Costco札幌 part3

f0051125_15325450.jpg
昨日は大雪で飛行機が飛べなくなって大変だったようだ。
少雪・少雪と言われながらも最終的にはきちんと帳尻が合うものだ。
f0051125_1533968.jpg

車庫で入り口の状況。
夜通しロードヒーティングを稼動させていても殆んど効果なし。
f0051125_15331973.jpg

隣のアパートも車が埋もれている。
空き室の駐車スペースに雪を積んでもらっている。
ここもロードヒーティングなので歩道との段差が20センチ近くにもなり、元々車高の低い私の車なら確実にフォグを割るだろう。
f0051125_15333118.jpg

苦節1時間、何とか出し入れ出来るまでに除排雪した。
もちろん、玄関とジジイの車庫前も含めて。
起き掛けの作業だったせいか、せっかく直った腰痛がぶり返してしまった。

バアさんが以前から興味を示していたのでコストコへ行く。
f0051125_15334750.jpg

大雪と給料日前の影響なのか、店内はガ~ラガラ。
入会申込をしている客もいない。
f0051125_15335590.jpg

食品売り場もこんな感じ。デカいカートは後戻り時の方向転換がうまくいかなくて持て余す。
しかし、片足を引っ掛けて上手くバランスを取ると前輪が浮かずに進んでくれる。
f0051125_15344621.jpg

今回は纏め買いフェチであるバアさんの購買意欲をどうやって殺ぐかがポイントだ。

試食コーナーを回っているうちにカートには商品が次々と放り込まれ、カートごと駐車場へ運ばないと持てない重さになってしまった。
コストコ専用の買い物袋(148円)を購入した。丈夫でイイ。
f0051125_15345937.jpg

食洗器用洗剤1本だけでも3.5kg、車から家に運ぶ時の重さが腹立たしい。

f0051125_15351721.jpg

生鮨パック48貫入り2,180円。本日の昼食。
幼児を除く家族5人には充分な量で、1人当たり400円強は安い。
他のネタは大した事なかったがサーモンが美味しかった。
[PR]
by funfunfun409 | 2008-02-24 18:12 | 家庭

ハイハイ競争

1月某日。
アカチャンホンポに行って来た。
毎週のように通っていたのは長女が2~3歳頃までで、妻が自分の車を乗り回すようになってからは平日に用を足せるようになったので、実に7~8年振りとなる。
「西松屋」、「しまむら」といった競合店の参入により以前ほどの混雑振りではないものの、それでも開店直後に下の駐車場は一杯になり、店の中は競合店よりもずっと客が多い。

さて、この日の目的はこれ。
f0051125_21464847.jpg

前日のチラシに書いてあったので、他の子に混じって次女がどんな動きをするのかを見たかったわけだ。
例えビリでも参加賞に「おしりふき」ぐらいは貰えるだろうという期待もある。
レース開始10分前から整理券が配布される。
f0051125_21472071.jpg

割当ては第5走の3枠。
f0051125_21473536.jpg

店員による競技の説明。さすがに男性は恥かしそうだ。笑っちゃいけない。

11時過ぎにレースが始まり、寝転んで泣き出したり逆方向に向かったりする子がいたりして会場は爆笑の渦。

さていよいよ第5走。
f0051125_21482331.jpg

誘導役を長女に任せて私と妻は撮影に回る。
スタート開始と同時に保護者が向い側に移動し、携帯やオモチャ類を振りかざしておびき寄せる。
1着を争う好ダッシュで先行逃げ切りかと思われたが、途中で座り込んじゃって周囲をキョロキョロ、長女の必死の呼びかけにやっと反応して結果は4着。それでも全員揃ってゴールするという、胸のすくようなレース展開であった。

参加賞は予想が的中しておしりふき、そして食事用エプロン。
[PR]
by funfunfun409 | 2008-01-16 21:50 | 家庭

妻の実家へ

1月2日。
次女が昼寝した頃を見計らって10時半に出発。
途中の昼食は『ラーメン店とかは無理だからね!』と妻に釘を刺されていたが。
f0051125_1693065.jpg

f0051125_1695399.jpg

f0051125_161062.jpg

余市のポスフールにて。実質麺を茹でるだけの手っ取り早いメニューに限る。
中華丼とのセットが正月価格500円。満腹満腹。
f0051125_1611278.jpg

昨年3月、次女より半月遅れて生まれた姪(右)。
新孫が一挙に2人も増えてジジババの頬も終始緩みっぱなしだ。
義兄(妻の兄)は私より1つ上で、道南で学校の先生をしている。
40代で初めて父親となった心情変化の戸惑いは相当なものだったに違いない。
抱き上げるとマシュマロのような肉質が心地よい。
人見知りが激しい子なのに何故か私の傍に寄ってくる。
40代半ばに差し掛かっても子供と動物に好かれるオーラを発しているようだ。

1月3日。
帰る前に長女を連れて近所の小高い丘にある稲荷神社へ参拝。
f0051125_1612714.jpg

一緒に数えながら66段。登り終えた途端、足がガクブル状態。
f0051125_16122949.jpg

数年前に賽銭箱が盗まれたそうで、扉は南京錠で閉ざされていた。
大鈴のガラガラ音が静謐な冬の雑木林に響き渡る。
手すりをつかんで慎重に石段を降りる。
こうした鄙びた神社も情緒があっていいものだ。
[PR]
by funfunfun409 | 2008-01-04 16:14 | 家庭

賀正

皆様明けましておめでとうございます。

年初めですから初心に帰って“ですます調”で書き進めましょう。
雑煮を食べて年賀状の仕分けをしていると、あ~正月か~、という実感が湧いてきます。
振り返れば昨年は(略)でした、ですから今年は(略)であれば満足です。

さて、9時過ぎに近所の神社へ初詣。
f0051125_201610.jpg

次女を屋外に晒すのは約3週間振りで、天気も良いせいか上機嫌です。
10歳の長女は9年連続で綿飴を買いました。
自分の小遣いで買ったところに成長の跡が見られます。

家に戻る途中イトーヨーカドーへ。
駐車場がヤケに混んでいましたが各階売り場はそれほどでもありません。
恐らく1000本引きに群がっているのでしょう。
フライパンセット(22・25センチ)が5,000円の福袋で売られていました。
ビタクラフトが2,500円は破格値なので、「今使っているのがダメになったらこれ使えばいいんじゃない?」と母親をそそのかして買わせました。
くじ運のいい母親は2等を引き当てました(500円の商品券ですが)。
22センチは出張自炊で使わせてもらいます。
f0051125_20132563.jpg

昼食は私と長女のみ、ヤクルトラーメンでした。
妻の実家から直送の豆餅と昨晩オードブルで余したハム入りの豪華版です。
メンマ・ナルト無し。しかしスープを存分に吸った厚切り棒麩の旨さよ。
スープは啜るだけのものではないという事を元旦からstcさんより教わりました。
きつねどん兵衛の大揚げを何度もしゃぶった少年時代の記憶が蘇ります。
f0051125_20153566.jpg

f0051125_2021295.jpg

パソコンとピアノの隙間にある長女の楽譜本棚に興味があるらしく、鋭角なピアノ本体を物ともせず、僅か30センチ程度の隙間に入り込もうと躍起です。

15時半に姉の家族が到着し、新年挨拶もそこそこに宴が始まります。
f0051125_2023384.jpg

明るいうちから酔えるのも正月ならでは。
昼酒は効きます。スパークリングワインので助長されたようです。
[PR]
by funfunfun409 | 2008-01-01 20:04 | 家庭

DECADE

f0051125_20553152.jpg

長女10歳の誕生日。
f0051125_20564541.jpg

f0051125_2057536.jpg

この子が10歳になると20歳か。。。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-11-07 20:57 | 家庭

タージ・エクスプレス

9月29日(土)。

長女が長沼町へ稲刈り体験。
一緒に外食出来ないのが悔しいらしく、近所で行ってもいい店とそうでない店を答えてもらった。

花まる ×
とっぴー ×
海天丸 ×(回転寿司は全部ダメ)
すしてん △(ランチメニューのみ可、追加注文はダメ)
いそじ ×
名も無いラーメン屋 ×
さんぱち ○
山岡家 ○
家でヤクルトラーメン ×(これには参った)
かよさん ○
ポレポレ ○
カレー気分 ×
ラマイ ○ (行った事を忘れている)
アジャンタ ○(スパイス香が苦手)
タージ・マハール×(おいしそうな店名なので)

ベビーカーが入れる場所は限定されるのでジャスコ平岡に行き、ついでに買い物も済ませる事にした。
f0051125_1012153.jpg

1Fフードコート内にあるタージ・マハールのフランチャイズ店。
ナマステ人形の奥にタンドールがあって、インド人がナンを焼いている。
f0051125_10121830.jpg

チキンカレーとナンのセット(640円)
奥の銀紙にタバスコ風味のスパイス。
熱々のナンを食べるのは何年ぶりだろう。
f0051125_10123486.jpg

13時過ぎ、帰宅途中に通りかかった「さくら」
いつもながら異様とも思える盛況ぶりだ。

9月30日後記。
f0051125_22244763.jpg

ディスカウントスーパーの店頭で叩き売りされていたスナック菓子。
食べてみるとちゃんと「ナン」の味がするんだこれが(笑)
ナントカ味のポテトチップなんかよりもずっとマシだった。
色んな意味で商業的に失敗作だったのが悔やまれる。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-09-30 10:13 | 家庭

だだっちゃ豆

もうあれから1年経った。。。
初秋の候、「第2種兼業農家」K氏からのおすそ分け。
f0051125_0201529.jpg

「今年はだだっちゃ豆作ってみたサ」。山形名産だそうな。
この他にラグビーボール状のナントカという品種のミニトマト、奪い合った成果を数えると24個。
豆もトマトも今朝5時半から摘んでくれたそうで、もうそれだけで胸一杯。

昨年は父親が豆を枝から外すのを手伝ってくれた。
今年は次女にメロメロでそのソブリも見せない。
妻は私が帰ってくるなり「袋渡すからその中に枝豆入れて勝手口に置いて」と細々と指示する。
虫が混入しているかも知れないので、ズリバイを始めた次女が口にするのを心配している。
3世代6人家族の頂点が乳児、とまぁこんな具合だ。

適宜塩の効いた旨い枝豆にはビールが最高に合うが、我が家で食卓を囲む時は酒など飲む気になれないものだ。
f0051125_0281876.jpg

食後の晩酌で愛飲し続けているニッカクリアブレンド。
ト見ると、瓶の形状もラベルも一新されている。

つまらぬ販促グッズ出しまくりで昔からのファンとしては惨めな思いもしたけれど、何かと重宝していたオマケの巾着袋を2ヶ月中断した結果がこれか。
味は落ちていない。 まぁ、許す。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-09-07 00:44 | 家庭

ズリバイ

出張で1週間近く家を空けて次女を抱き上げると目を合わせようとしない。
そのくせ視線を外すとジッとこっちの顔を見ている。
どうやら「人見知り」をするようになったようだ。
その証拠に、長女や妻の声がすると途端に表情が変る。

ズリバイというのは四つ足で移動するまでの過渡期をいい、尺取虫のようにして前に進む。
今まで「ハイハイ」が「這い這い」だと知らず、顔を高く上げるからだと勘違いしていた。
「摺り這い」という言葉を知ってやっと納得した次第。

ズリバイ動画

以下オマケ。
f0051125_21284830.jpg

風呂上りでご満悦。
スケベ分けはシャンプーを流した時についたもの。
足元の中山式快癒器もお気に入りのオモチャ。
f0051125_21291945.jpg

離乳食の赤ちゃん煎餅を食べているところ。
長女の顔貌は眉毛の形まで私と一緒
後で1枚かじってみたがとても食えたものではない。

それはそうと、この子はいったいどっち似なんだろうな??
[PR]
by funfunfun409 | 2007-09-02 20:31 | 家庭
今年2度目のコテージ宿泊。
f0051125_2323982.jpg

まるで野外キャンプ並みの荷物。
結局、タープテントやベビーカーなど、全く使わなかった物が半分近くはある。
f0051125_23234053.jpg

4人用コテージが1泊12,800円。砂浜に面しており、設備も完備されていて乳飲み子を抱える私達には助かる。
「道の駅」に管理事務所があり、敷地内に昨年オープンした立派な温泉施設があったりと道内でも人気の高いオートキャンプ場で、毎年4月1日の受付開始と同時に予約が殺到する。
f0051125_23241615.jpg

気温20度、盆明けの寂れた砂浜。
娘と2人、冷たい波打ち際で遊ぶ。
f0051125_23244091.jpg

コテージはシャワーのみなので16時過ぎに温泉へ。
昨年天皇皇后両陛下が御行幸されたらしい。
大人390円、子供140円というのは銭湯並みで安い。
乳児70円というのが可愛い。
なぜか居心地が良く、翌日チェックアウトした後にも浸かった。
f0051125_2326213.jpg

f0051125_2326363.jpg

懸案のラーメンポット2合炊き、そして室内で焼肉。
長女が好むラム肉、妻と私が好む塩ホルモン、そして私しか食べないレバー、野菜はピーマンと椎茸というシンプルメニュー。
長女がモリモリ食べるので肉が足りなくなった。
片時も目を離せない次女はオネンネ。
f0051125_23282943.jpg

f0051125_23273635.jpg

砂浜で花火。
気温に関係なく、コレで今年の夏は終わりだ。
親離れ著しい長女が、来年もこうして一緒に遊んでくれるのだろうか。。。と。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-08-19 23:29 | 家庭

ダリ展

早朝に里塚霊園で墓参を済ませ、道立近代美術館で開催中のダリ展に行って来た。
f0051125_2333869.jpg

往時の筒井康隆と同じぐらい、昔からこの人の作品が大好きで、15年ほど前にもパルコでの展示会を見ているのだが、内容はほとんど忘れていて、帰りにエレベータで擦れ違った大学時代の同級生(女)と目が合ったのがしっかり記憶に残っていたりする。
新婚旅行でフランスに2泊した時にも観光ルートに出ていないダリのミュージアムに寄ったのだが、ラテン系の居住区で鋭い視線を感じながら何とか辿り着いた時の安堵感や、「あんたダリ? ここはドゴール?」という日本人客の落書きに興醒めしたりとか、どこかで見た作品を追認するための展示会場というものに対してはロクな思い出が無い。
f0051125_23333779.jpg

ベビーカーの次女が気になって足早に見ただけだったが、展示数の多さは前売り券1,000円のモトを取るに充分だった。

幼少期の悪夢・抑圧の解放という深層心理を呼び覚ましたければ「サッ○ロソフト」を大量に摂取すべし。
やめて久しいが、コレを飲んだ時に見る夢というのはとにかく奇想天外で色彩も派手だ。
値段が安い分、混ざり物も多いのだろう。
夢の中で爆笑し、その声で目を覚ました事がある。
f0051125_2334236.jpg

chupa chupsのロゴデザインがダリによるものだとは知らなかった。

見終わったらお昼時。
裏参道の北龍は白石区に引っ越したし、割安バイキングは休日限定なのでびっくりドンキーへ行く。
f0051125_23343966.jpg

レギュラー(但し300g)
創業時からのメニューだそうだ。
札幌にも昔からあちこちに店があるけれど、今回で5度目ぐらいか。
学生の時にアルバイト先の小さな会社の若い従業員に連れられ、「遠慮しないで腹一杯食え!」と言われて奢ってもらったのが最初。
その時遠慮がちに注文したのがコレで、バイト仲間がもう1人いたから、小さな会社の20代半ばの懐具合を勘案すると、相当キツいんじゃないかと申し訳なく思ったものの、結局ロクなお礼も出来ずに終わってしまった。
忘れられない一品。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-08-15 23:35 | 家庭