趣味の手作りログハウス、音楽、愛車、出張先での出来事他、ランダムに書き綴っていきます。ちなみにHNは大好きなBeachBoysのヒットナンバーから取りました。


by funfunfun409
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧

カネマルイチ巴屋

函館出張最後の晩飯、何にしようかと悩む。

定宿で残った日本酒をチビチビやって考えているうちに空になってしまった。
午前中に仕事の精算金を銀行に預けた帰りに見かけた蕎麦屋が妙に気になり、ホテルから徒歩圏内だったので寄ってみた。
f0051125_23412266.jpg

カネマルイチ巴屋
この写真を撮った際、店で新聞を広げていた店主は外のフラッシュを背中で感知していたらしく、注文を聞いてからマスコミ関係の人か?と訊かれた。
見かけの雰囲気なのか話す内容なのか、関係者と間違われる事が多い。
正直に目的を話すと納得してくれたわけだが、見かけによらず大の話好きでまぁ~喋る喋る(笑)。
こっちは蕎麦を手繰るのに忙しいから相づちを打つのに精一杯だ。
f0051125_23431031.jpg

大盛り(550円)
こんなひっそりとした場所に手打ちの細切りとはさすが函館、嬉しい誤算でした。
札幌の有名店「東屋寿楽」と身内が親戚らしく、蕎麦の打ち方も同じそう。
ひとくちに北海道の「東屋」といっても現存最古の「釧路竹老園」と他の東屋とでは麺の太さからして違うのでいちいち調べる気にもなれない(屋号のカネマルイチは「司」とも読み取れる。
北海道における東屋の系譜図参照)。

さて強面の店主曰く、「麺なんて誰にでも好きなように作れるんだよ、いい粉があればな。
蕎麦屋で一番大事なのは“ツユ”なのさ。
ところが最近、人が散々苦労して作り上げたものなのに、一見の客がやり方を教えろという。
全く失礼な話で、インターネットの普及と拝金主義の影響なのか、自分で努力しなくても金さえあれば何でも手に入ると思
い込んでいる人のほうが今では多くなってしまってね。
世の中はますます駄目になって行くな。」
という按配。
意気に感じて迷わず「大盛り」をお代わりする。
ここのツユはかなり濃い目だが鰹ダシがしっかり生きていて、店の中は鰹節の香りがプンプンと。

細麺なので注文してから出て来るまでせいぜい3分、自分も食べるのが早いから、大盛り2杯といっても実質30分も居なかっただろう。
そば釜が今時珍しい灯油バーナ式。これまた話に花が咲く。
帰り際におねだりして店主の写真を取らせてもらった。
f0051125_2352711.jpg

こだわりのそば釜と一緒に。
[PR]
by funfunfun409 | 2006-05-30 23:47 | 飲食

王さんのパリパリ

へんちくりんな題名で(笑)。
連夜の大酒で胃が荒れたらしく、10時頃から腹が減って仕方がない。
昼食にカツカレー大盛りを食べたら、胃がもたれてイケマセン。
f0051125_0144453.jpg

「はいや本店」。
多分大正~昭和初期と思われる古い建物がそそる。
とりあえず食べてみて、美味ければ明日の昼食は地元の人達と一緒に「うな丼」でも、という算段。
どうも客が出入りしている雰囲気が感じられないので通る度に不思議に思っていたのだが、中に入って店の人に聞くと、現在は仕出しの調理場になっていて、飲食部門は離れた場所にあるそうな。
過去のネット情報をペロッと信じ込んでしまったのが迂闊だった。

手ぶらでホテルに戻るわけにも行かず、今日はさすがに酒を飲む気にはなれなかったので、すぐ裏の柳小路にある既出の「王さん」へ行く。
f0051125_015299.jpg

f0051125_0175767.jpg

「パリパリ」(固麺あんかけ焼きそば) 730円。
玉ねぎ・白菜・豚・あさりといったシンプルな具材。
最初はカリカリだった揚げ麺も、食べ進むうちにしんなりしてくる。
夕方は何時行っても客は自分ひとりという事が多い。
後継者もいないようだ。やがてひっそりと消えていく運命なのか?
[PR]
by funfunfun409 | 2006-05-30 00:19 | 飲食

反省会

仕事でお世話になっている地元の関係者と一緒に飲み会。
市街地から数キロ離れた場所にある「居酒屋ココ」。
皆さん飲む量が半端じゃなく、食べ物にもウルサイのでこういう店は願ったり適ったりだ。
f0051125_23252168.jpg

伊勢海老の生け作り。
もちろん生きていて触覚や足をモゾモゾやっている。
食べるのは多分初めてかと思う。マヨネーズとすり身を詰めて揚げたものは過去に結婚式か何かで食べたことがあるけど。
f0051125_23264753.jpg

続いてカワハギの刺身。
その愛らしい容貌から「チュンチュン」と呼ばれる事もある。」
この旨さを知らない釣り師は捨ててしまうらしい。
普通は皮を剥いで干したのを炙って食する。
隣の小皿は肝で、醤油を混ぜた。
これを刺身でくるむようにして食べると旨い。

何だかんだで3時間超。長老格が飲み過ぎて腰を抜かしてしまったのでタクシーで送り届ける。
ベランメエで気性が荒く、ヤクザの親分みたいな人で大好な人だ。

生ジョッキを8杯空けたにも関わらず(3ℓ!)酔いを感じないのは、昨晩大酒呑んで軽いアル中状態だから。
まだ10時前だし、仕事もしたいのでホテル1階のコンビニで酒を買う。
f0051125_23271551.jpg

国稀は仕込み水の清冽さを感じせせる口当たり。
隣の野菜ジュースはクジ引きで当った物。
実は1昨日も同じ店でカップ麺をゲットしている。
酒を買うとクジが強くなるのか?
[PR]
by funfunfun409 | 2006-05-28 23:34 | 仕事・出張ネタ
昨日は午前中に仕事を終えてから出張で函館に向かった。
夕方に到着し、最初の晩はお約束の丸南本店で夕食。
f0051125_2343213.jpg

海老の一本揚げ(酒肴セット)。なぜか海苔が旨い。
到着が遅かったので空きっ腹に冷酒が効き、4合飲んだら勘定の時に呂律が怪しい。

さて、今日の夕食はうどん
「新撰組」や「勝海舟」で知られる北海道出身の時代作家、下母澤寛(本名:梅谷松太郎)は元々新聞社の社会部遊軍記者で、昭和の初期に各界の著名人から食にまつわる話を聞き書きした連載囲み記事が「味覚極楽」で昭和2年に刊行。
約30年後に下母澤氏本人が当時のエピソートなどを補筆した改版が現在文庫本で入手可能。
私にとっては独身時代から枕元に置いてある「座右の書」となっている。
「美味しんぼ」や「味いちもんめ」といったグルメ漫画の貴重なネタ元でもあり、10数年前にブームとなって定着した「手巻き寿司」のアイデアは実はこの本の中にある。

この本の後半に、偉くなった坊さんが貧乏寺での修行僧時代の食体験を語った章があり、後年の補筆部分で下母澤氏が自己流のうどんの食べ方を披露するくだりがある。
後輩の池波正太郎氏が「食卓の情景」の中で下母澤氏との交流を語っており、件のうどんを試したエピソードがあったのを思い出した。
仕事を終えてホテルに戻る途中スーパーに寄り、脂身の多い豚バラ肉と玉うどん400g入りを買う。
本を家に置いてきたので不正確だが、『鍋に豚肉を入れ、煮立って脂が浮いた頃を見計らって玉うどんを入れて玉がほどける直前にさっと引き上げて濃い目の出汁につけて食べる。うどんの芯まで熱が通ってしまっては駄目、うどんの表面にうっすらと豚の脂がついた状態を味わうものであるから、ネギや味の素は不要・・・』といった内容。
「濃い目の出汁」というのは確か「昆布をよく掻いてどろどろになるぐらい」だったと思う。
100円ショップで買ったストレートつゆに装備品のとろろ昆布と生醤油を加えてみる。
豚肉を茹でて沸騰した頃にうどんを入れる。
f0051125_2355361.jpg

実際にやってみると、この「頃合い」を見計らうのが難しく、芯まで火が通ってしまうと単なる煮込みうどんになってしまう。
結局、前もって流水で玉をほぐし、しゃぶしゃぶの要領で一箸ずつさっとくぐらせると、思い描いていたイメージに近づいた。
さて、うどんの表面にうっすらと豚の脂がついた状態?
残念ながら「うむ」と唸るほどのものではなかった。
アクを取らなかったせいもあろうが、又やってみようとは思わない。
やはり「その道の奥に入った世界」なのかな?
一度湯掻いたのを冷水で締めるか、先の坊さんのように、熱々に生醤油を垂らして「ズルズルズル~ッ」と豪快に啜り込むほうがいいです。
f0051125_2361171.jpg

残った豚肉250gは出汁にこれまた装備品のポン酢を入れ、豚シャブにして夕食を終える。
[PR]
by funfunfun409 | 2006-05-27 23:15 | 出張自炊メニュー

ブレーキ擦過音解決

ディスクパッドを換え、それでもキュルキュルという異音が止まないのでローターを交換。
次の日、又しても同じ箇所から鳴り出したので、今頃になって「磨耗」が原因でない事に気づく。
早速ディーラーに電話し、代車が空いている昨日持ち込んだ。
今日の夕方電話があり、ディスクパッドを支えるキャリパーにサビが出て、それがローターに接触していたとの事。
家に帰ってからマニュアル本を出して調べてみたがどうも釈然としない。
f0051125_2244775.jpg

ヤフオクで購入したパーツカタログと整備マニュアル。
パーツカタログは部品の値段を調べるのに都合がよく、Haynesのマニュアルは写真が豊富なので見ていて楽しい。
平易な文章なのは判るが、私の読解力では読み進むのは困難。

サービス担当の人は50キロ位走らせて原因を突き止めたようだ。
それ相応の工賃は覚悟していたのだが、「いつも見させてもらっているのでいいです」との事。
いささか申し訳ない気分。
f0051125_22443856.jpg

ディーラーに向かう途中、スタンドに停まっていたダットサン・フェアレディSR311を発見して胸がときめく。
発売期間は1967~69年までと短かったが、昔はよく見かけたものだった。
最高速度205km/h、0-400m加速5.4秒という現代でも充分に通用する性能と、その名に恥じぬクラシカルで優美なスタイリングは“Z”よりも遥かに個性的に思える。
f0051125_22451753.jpg

勝手に拝借した同型のフロント部分。
程度のいい中古になると「価格応談」の世界だろう。
[PR]
by funfunfun409 | 2006-05-25 22:46 | 車関係

大倉山シャンツェ

私にとって、一番思い出深いジャンプ競技は何といっても札幌冬季オリンピック。
網走の寒村から札幌に引越した時期と重なるので尚更印象が強い。
宮の森70m級でのメダル独占シーンは茶の間で観戦、続く大倉山での失速ジャンプはデパートのテレビで見ていたはずだ。
f0051125_1011576.jpg

札幌に住んでいるというのに、昼間にここを訪れるのは実に30年ぶりとなる。
正確に思い出せないけれど、見に行ったのは多分小6の1975年だったと思う。
その頃、札幌五輪の選手はまだ現役で、1回目に114mを飛んで首位か2位だった笠谷選手が2回目で転倒してしまったシーンが忘れられない。
売店横で鼻水垂らしながら「カップヌードル」を啜っていた親子の姿、これも忘れられない。
f0051125_10121724.jpg

屋内展望台から。
マァよくこんな狭い急斜面を滑るもんだと。
「飛ぶ」というよりも「落ちる」という感じだろう。
f0051125_21334529.jpg

下りのリフトで札幌の街並みを展望。
隠れた展望スポットと言ってもいいだろう。駐車場も無料だし。

当時は小さな木造の控室が2~3棟、選手もスキーを担いでスタート台まで階段を登っていったものだが、現在はすっかり整備され、屋上の展望台は札幌市内を一望出来、ミュージアムでは競技の疑似体験コーナーがいくつかあって長時間楽しめる。

私の義母は余市郡仁木町の出身で、高台にある実家からは仁木町民スキー場が見渡せ、娘時代の義母が窓越しにジャンプ競技だか練習だかを見ていると、1人だけ図抜けて飛距離を伸ばす少年がいる。
その少年こそ、「世界の笠谷」こと笠谷幸生氏。
近所の幼なじみが兄である笠谷昌生氏で「あきおちゃん」と呼び、現在私のログハウスが立っている近辺を縄張りにして遊んでいたという話を聞かされた。
「縁は異なもの」と、つくづく思う。
[PR]
by funfunfun409 | 2006-05-24 10:20 | その他全般

ラーメン 北龍

札幌市中央区の円山方面、大通りから南に1本外れた西20丁目から円山公園に至る街並みは通称「裏参道」と呼ばれていて、20年ほど前は小洒落た店が並び、「札幌の原宿」などと呼ばれていた。
当時流行っていた玉置浩二系のヘアスタイルにMEN'S MELROSE なんぞで調子コイていた私からすれば、100メートル足らずのフンドシ商店街をわざわざ着飾って何往復もするギャル連中を眺めていると情けないというか、何だか自分の事のように恥かしい思いをしたものだった。
先輩のオゴリで「焼肉一条館」、「きみちゃん」、「鮨和」といった店に出入りしていた学生時代が懐かしい。

さて、ラーメンの北龍。
11時に家を出、開店と同時に暖簾をくぐる。
f0051125_21301970.jpg

独身時代から結婚して子供が出来るまで、かなり通いつめた店。
1昨年行った時、二枚目のマスターはゲッソリ痩せ顔色も悪くて心配したものだが、今回は顔色が良く、体調も恢復しているように見えて安心した。
f0051125_21303676.jpg

左がとんこつ醤油、右が味噌(いずれも600円)。
ウーム・・・・。写真だと美味しそうに見えないのは何故だ?
敢えて書こう。これは常連にしか解らない。
マスターがやるとこうはならない。ネギの使い方にしてもだ。

時間によってはおばちゃん1人の時があって、例えば「大盛り固麺!」と注文すると「並の固麺」や「大盛り柔麺」が出てくる事がよくあり、注意してもアッケラカンとしているもんだから笑って許してしまう人。
その辺の事情は既に折込済みなので、他の客の注文も考慮し、混乱させないように「全部固麺」に統一した。

何時だったか、最初にビールを注文した客にすかさず「ウチは飲み屋じゃねえんだわっ!」と啖呵を切ったマスターは角が取れ、そう遠からず好々爺になってしまいそうな按配だ。

圧力釜でエキスを抽出したとんこつ醤油は雑味がなく、「焼き」を入れた濃厚味噌はマイルドな風味に香ばしさが加わり・・・、と。
ちなみに普通の醤油・味噌はごく平凡。

住所 札幌市中央区南1条西20丁目
営業時間 11時30分~21時
価格 味噌・塩・醤油 600円~
定休日 第2・4月曜日

※ 2007年3月、白石区北郷に移転した。
[PR]
by funfunfun409 | 2006-05-22 21:56 | 飲食

新緑の季節

5月20日(土)。
久し振りに、2日間まるまる家で過ごせるのが嬉しい。
空は抜けるような五月晴れ、妻はゴスペラーズとKとかいう韓国歌手のチケット予約待機で留守番となり、娘と散歩に出かける。
散歩といっても2~3区画を歩き回るだけのものだが、蟻の巣を確認したり、BB弾を拾ったりと、自分も子供に帰ったような気になるので実に楽しい。
散歩は娘が3歳の頃から始めて既に7年が経つ。
日差しを浴びた頬がビロードの輝きを失う年頃になれば、「お散歩」も卒業となるのだろう。
f0051125_16175160.jpg

家から100メートルほど離れたアパート裏にシラカンバが植えられており、白樺花粉アレルギーの妻曰く、原因は多分アレだ、と目の敵にしている。
運動会用のジャージと上着を買いに近所のスポーツ用品店へ行ったついでに蕎麦屋に寄る。
f0051125_16181318.jpg

住宅街にある 田舎そば たちばな
手前が大盛り、奥がエビ天そば。
量が多めでもり・かけが490円からと良心的な店。こういう店が家の近くにあれば嬉しいのだが。
札幌市清田区真栄5条1丁目3-1
営業時間 11:00~15:00 土日11:00~15:00 17:00~20:00
休業日 月曜日

帰宅後、水筒に麦茶を入れて今度はサイクリングに出発。
f0051125_16184783.jpg

白石サイクリングロード(正式名称: 札幌恵庭自転車道路)。
旧国鉄千歳線を転用整備したもので、昭和48年に路線が廃止されるまでは、小高い丘の上からD51やC62といった往年の蒸気機関車が走っているのをよく眺めていたものだ。
トンネルの如く咲き誇る桜が絶品。
私が先だと離されるので娘が先を走ったのがいけなかった。
しょっちゅう振り返っているうちに道を外れて勢いよく転倒、顔は大丈夫だったが左腕を擦りむいて血が滲んだ。
お互いに忘れられない想い出となるだろう。
[PR]
by funfunfun409 | 2006-05-22 16:20 | 家庭

後輪ロータ交換

前記事をアップしてから4時間後にスバルから入荷の連絡が入った。
当初の話では、スバル本社に在庫がない場合はある程度のオーダーが溜まってからGMに発注する事になるだろう、という事だったので、期間からしてそうだったのかも知れない。
販売打切り後10年間はパーツを不足しないように供給する義務があるわけだし、多少時間がかかっても届く筈なので、ここ数年のGMのやり方に一々反応する事もなかろう、というのが現時点での見解。
費用は部品代15,500円+工賃10,800-税額端数値引き938円で計26,000円也。
f0051125_21435076.jpg

交換後。樹脂がコーティングされている。

f0051125_21593875.jpg

昨日の仕事帰りにディーラーへ車を預け、外で妻が迎えに来るのを待っている時に見つけたトラヴィック。
道路1本挟んで向かい側がトヨタのディーラーで、そこの屋上駐車場に。
本日支払いを済ませて帰る時も同じ場所にあったので、駐車場が手狭なスバルディーラーの社員のマイカーかも。
グリルを無国籍に換装しているのがやや気になるけど(笑)。

最近になってから、走行中に前輪がガタゴトするようになった。
路面の凹凸がショックに伝わる前に発生しているようなので、今回併せて見てもらったら、ブッシュ・スタビ等には異常が見られず、案の定、昨年ケチって交換しなかった助手席側のタイロットエンドが磨耗しており、多分それが異音の発生源だろうとの事。
f0051125_2201154.jpg

“ガタ”じゃなくてがた
ん?表現としては案外正しいかもね。
ビル足はノーマルより固めだし、昨年履き替えたREGNOも吸収力がイマイチなので気にはなるが、来年3月の車検まではとりあえず問題はなさそうなので、もうしばらく我慢しよう。
[PR]
by funfunfun409 | 2006-05-19 22:08 | 車関係

マフラーのビビリ音

1昨年換装したオールステンマフラー、先月からアイドリング時に異音がするので、点検するとマフラーがバンパーに接触している。
物を挟んだりして誤魔化していたがすぐに取れてしまったりで、我慢して乗り続けていた。

今日は出張移動日で休日。きちんと対策を練ろうと下から覗き込んだら、車体とマフラーを繋ぐゴムブッシュが片方無くなっていた。
f0051125_11452993.jpg

そう簡単に外れるモノでもないのだが。
おまけにリヤバンパーの接触部分がマフラーの熱で溶けてしまっている。
f0051125_11454568.jpg

近所のカー用品店で購入したブッシュで、右端は純正品。
純正品と違ってゴム質が硬く、穴が小さいヤツを買うと唾をつけても入らないので注意。
f0051125_11461085.jpg

交換後の写真。これでイライラの種が解消。

それにしても連絡来ないなぁ~。 後輪ローター!!
[PR]
by funfunfun409 | 2006-05-17 11:48 | 車関係