趣味の手作りログハウス、音楽、愛車、出張先での出来事他、ランダムに書き綴っていきます。ちなみにHNは大好きなBeachBoysのヒットナンバーから取りました。


by funfunfun409
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

今夜も聚楽!

f0051125_2201690.jpg
昨年の2月、ここで辛みそラーメンと餃子を一緒に注文した事がある。
運ばれてきた餃子は加熱加水で倍ぐらいに膨らんでいて「ヤベッ!」と思った。
そして“並”で注文したはずのラーメンも麺が量が多い。
オヤジが勘違いしたのかと思って確かめると「並だ」と言う。
そして「ウチが多いんじゃなくてヨソの店が少ないのさ」だと。
何とか意地で食べ終えたが、あの時はしんどかった。

残すと勿体無いので今回はラーメンをやめ、チャーハンセットにしてもらった。
f0051125_2204626.jpg

チャーハン(730円)。
これでも量を少なめにしてもらっている。
チャーハンを食べ始めて間もなく、餃子が運ばれてきた。
f0051125_220582.jpg

1人前600円。
厚皮で餡がむっちり入っていて食べ応え充分。
別に「餃子のびっくりタレ」というのもあって、タバスコとニンニクを混ぜたような風味だがそれほど辛くない。

4晩ラーメン続きだったので、心地良い満腹感に包まれて誠に気分がよろしい。

※昨晩食べた「ぶためん」記事を1つ前に“挿入”しました。
[PR]
by funfunfun409 | 2006-06-29 22:03 | 飲食

聚楽 じゅらく

6月28日。

日曜が定休日だと知らなかったので、体の具合でも悪くしたのかと心配していた。
場所を変えずにかれこれ40年、4代に亘って食べに来る客がいるというのだから恐れ入る。
f0051125_2035436.jpg

さて、今回注文したのが ぶためん(830円)。
豚肉はやや甘めに下味を付けて片栗粉を絡めて炒めていた。
こうすれば豚肉はスープに浸っても食感が維持され、ラーメン自体の味を損なう事もない。
ただでさえ量の多いラーメンに惜しげもなく豚肉を投入する豪快さ、他店には真似出来ない。
「名物の豚丼にあやかって具をラーメンに載せ替えただけのもの」と踏んでいた自分を恥じる。
この店だからこそ出来たオリジナルメニュー、だからぶためんとしたのだろう。
f0051125_20364620.jpg

聚楽 (じゅらく)
帯広市西1条南9丁目1-1サトウビル地下
0155-23-9787
19時半開店 日曜定休日
[PR]
by funfunfun409 | 2006-06-28 23:34 | 飲食

中古車店の紺ザフ

帯広出張の際、朝ホテルから仕事場に向かう時は、国道が渋滞しているので1本北側の空いた道を走る。
道沿いの中古車屋にその車が並んでいた。
f0051125_22283246.jpg

信号待ちで車内から撮影。
グリル換装は通常、トラヴィックに多く見られる。
GM系列下にある各国のメーカー数社から販売されていたので好みに応じて換装可能。
最初はトラヴィックのベースモデルをイジった物のように思えたが、近くに寄って確認すると、ステアリングのオーナメントがオペル純正品で、シートがツートンであることからザフィーラと判明。
f0051125_22291360.jpg

GMのエンブレム。初めて間近で見る。
後ろに回ると、ヤナセの黄色いステッカーはおろか、メーカー・車名のエンブレムも見当たらず、アストラかヴィータ用の黒いブリッツマークが貼ってあった。
f0051125_22293822.jpg

一番気になった社外ホイール。
日本で販売されたザフィーラは15インチのモデルのみで、この車は17インチにアップしている。
サイドモールは無塗装だしエンブレムがメクラなので付け替えたのかな?
前の持ち主は「無国籍化」にこだわっていたように思える。
ローターの減り具合を見る限り走行距離はそれほどでもなさそうで、ボディも室内もきれい。
さて、どんな人が見染めてくれるのかな?

※ 7月5日追記。
今日通ったら、75万円(コミコミ80万円)と表示されていた。
5年落ちで12万キロ走行、カーナビ、冬タイヤ、そして車検2年付き。
面倒を見てくれるディーラーや今後のパーツ供給、そして走行距離を勘案すれば妥当な線かも。
[PR]
by funfunfun409 | 2006-06-28 22:32 | 車関係
先日購入したラーメンポット、記念すべき初調理はやはりラーメンでなくてはいけない。
夕食には1袋じゃ足りないし、2回作るのは面倒。
f0051125_1983181.jpg

幼少の頃、祖母が毎日おやつ代わりに作ってくれ、姉と一緒にチュルチュルやっていた“Soul Food”だ。
食べるのはかれこれ20年振りぐらいか。
今回包丁類を忘れてきたので、ネギなしで殺伐とやるか。
f0051125_1985991.jpg

一度沸騰すると想像していたよりも火力が強そうで、これなら乾麺や独り鍋もイケそうだ。
行平鍋ぐらいの大きさがあるので2食分を割らずに入れても問題ない。
飯を炊く際も、吹きこぼれに注意すれば1合半ぐらいは大丈夫かも。
f0051125_1993798.jpg

5~6分煮てから専用の器に移し替え、粉末スープを入れてズルズルッと。

こんな事、いちいちブログに載せる程のものか? 言われそうだけど、今度飯を炊く時にお焦げが出来ればウメェだろうなぁ~とか、冷凍マトンをどっさり煮込んで腹一杯食ってやろうか、などとあれこれ空想しながら独酌するのは楽しいものだ。
[PR]
by funfunfun409 | 2006-06-27 19:11 | 出張自炊メニュー

天津食堂

“飲んだ後の締め括りにラーメン”というのを好む人は多いだろう。
薄暗い小路にある場末のラーメン屋、元気なオバチャンが1人でやっていて、出てきたラーメンから立ち上る昔懐かしい香り、しみじみと麺を啜るほどに癒される。。。

こんなイメージにピッタリのラーメン店を昨晩、見つけた。
場所は表通りから1本外れた「名門通り」。
人影はまばらで風俗店が並び、まとわりつくポン引きを押しのけて横にヒョイと入って行く。
f0051125_22345478.jpg

開店して40年、今のオバチャンで3代目になるが、スープの作り方は初代から仕込まれたそうで、90近い初代は健在だと聞いた。
今では珍しくなった軽めの昔風ラーメン、ボソついた麺が良く似合っている。
f0051125_22365789.jpg

白濁した塩ラーメン。
醤油と同様、ベースは豚骨がやや強めだが全然クドくないのがイイ。
自家製チャーシューが旨い。
ちなみに味噌味はごく平凡だった(具材は共通)。
量は少なめだが2杯食べると腹一杯、「また来るわっ!」と言い残し、体重1キロ増やしてホテルに帰る。
f0051125_223711100.jpg

地元新聞に掲載されたようなので、参考まで記事を貼っておきます。

天津食堂
北海道帯広市西一条南10-12
℡0155-23-7020
味噌700円 醤油・塩600円
18時~翌朝4時(土曜は6時)まで営業
[PR]
by funfunfun409 | 2006-06-26 22:44 | 飲食

ツンツルテン

6月25日。
自衛隊での講習を終え、帰宅して出張の段取りをし、出発前に車の点検。
f0051125_21325078.jpg

何と、スリップサイン!
しかも内側のズック地まで。。。
2週間前、函館に行く前はこんなんじゃなかったのに。
扁平率が高い分、減り始めると早いのだろう。
f0051125_2133886.jpg

まだ若干溝が残っている後輪。
前輪と入れ替える時間がないのでそのまま出発した。
大人しく走らせ、なんとかバーストせずに帯広着。
幸い日勝峠は晴れていたが、確認を怠っていたら危ない目に逢ったかも。

帯広市内に入り、国道沿いのカー用品店で値段を訊ねてみた。
一番欲しいミシュランが1本約20,000円、ダンロップが17,000円、カー用品店のブランド物が13,000円。
タイヤのサイズは205-55-R16、適合車種が少ないぶん値が張る。
消耗品が割高なのは正直、嬉しくない。
でもそれを承知で買ったのだから仕方がないか。
「参ったなぁ~」と頭を掻き掻き店を出て、何気に店頭の特価品を眺めていると、
なにっ? 3台限定、4本で27,800円?!
但しメーカーは韓国製のKUMHO(クムホ)。
夏タイヤなら性能面で問題ないと思うが、韓国製となると何故か引いてしまう。

それはさておき、早急に履き替えなければいけない。
ショック交換後はビル足の固さがやや気になるので「柔目」にしたいが、いまさら調べても間に合わない。
金がないのでミシュラン系列だと店員が言うのでBF Goodrichに決定。
1本13,300円也。
早速仕事帰りに交換を済ませてきた。
f0051125_14464036.jpg

ゴムが厚くなった分、路面からの突き上げ感が緩和されたようだ。
[PR]
by funfunfun409 | 2006-06-26 21:38 | 車関係
隔靴掻痒、普段余り使われないが「もどかしい」、「思い通りに行かない」といった意味。

漢字は基本的に表意文字なので、本なんかでこの4字熟語を見てしまうと、水虫でもないのに片方の踵でもう一方の指先を踏んずけてグリグリやるサマを思い浮かべてしまうクチだ。
イメージはさらに膨らむ。

<頭皮>
例えば、ひどいフケ症だったりいつも痒くて仕方ない人は、スキンヘッドにしてしまえ。
痒くなれば垢すりでゴシゴシやれば気持いいだろうし、洗髪して乾かした側からフケが出るような人はシェービングフォームを塗ったくって安全剃刀でジョリジョリやればフケの出番もなくなるだろう。
木工ボンドでパックして一気に引っ剥がすのも気持ちよさそうだ。

<鼻>
鼻毛って意外と太いですよね?
ハサミでジョキジョキやった後の切り残し、上から押さえるとチクチクして成感を殺がれる
風邪でグズグズしている時は何度鼻をかんでも上から「ツツーッ」と鼻汁が伝ってきたりして具合が悪い。
イカの胴体を開いて内側のネロネロを包丁で取り去るような按配で毛が剃れて、例え一時でもいいから、ジメジメを始末出来たらどんなに爽快だろうと思う。

角栓除去用の粘着力の強いパック、何度か試した事があるが効果はパッケージのイメージ写真には程遠く、妻も同じ結果だったから、その宣伝手法は小○製薬並みだと思い知らされて悔しかった。
毛穴を押し開き、硬化した脂肪を片っ端からスッポスポと抜取れるような器具、誰か商品化してくれないか?

<耳>
耳クソ、デリケートな部分だけに難しい。
粘着式の耳かきも悪くないが何本も使う羽目になり、爽快感が足りない。
介護用品で歯茎の掃除に使うデカイ麺棒、湿らせてグリグリやっても柔らか過ぎるし効果もイマイチだった。
娘に買い与えた風船の空気入れ、タイヤの空気入れと違い、押してもも引いてもどんどん膨らんでいくのには感動してしまった。
鼓膜の手前で膨張させ(耳腔に圧着させて)、ゆっくり引き抜くと1回で耳クソが全部くっついてくるようなグッズはないものか。
[PR]
by funfunfun409 | 2006-06-25 23:37 | その他全般

北海道最大のサイロ

6月24・25日、陸上自衛隊真駒内駐屯地で講習会。
今回は2日間学科だけの講習で、50名近くの受講生が集まった。

講習会場は就職援護センターがある通称「サイロ隊舎」。
真駒内という土地は、明治9年にアメリカ人技師エドウィン・ダンを招き、道内畜産技術発展の礎となった場所らしい。
終戦で占領軍に接収されて「キャンプ・クロフォード」と命名、兵舎や家族住宅、学校・戯施設にいたるまで数百の建物が建築され、昭和30年自衛隊に取って代わられるまでの10年間、アメリカ軍が駐留していた。
f0051125_20421949.jpg

昭和12年に建設されたこのサイロは高さ12m・直径6mで、道内に現存するサイロの中で最大、真駒内が種蓄場であった事を物語る唯一の建物となっている。
優雅な西洋マンサード屋根は、他ではお目にかかれないだろう。
接収後は遊戯施設、下士官クラブ(タワークラブ)として使用されていた。
f0051125_20424866.jpg

建物内部(最初の写真中央部分、母屋の天井)。
業務隊の担当官によれば、ここのフロアにはビリヤードが置かれていたそうだ。
f0051125_2043913.jpg

サイロ最上部。
6月18日の記念祝典に併せて整備され、一般見学が可能となった。
内壁伝いに螺旋階段をギシギシ踏みしめながら上って行く。

この他にもレンガ兵舎、映画館、礼拝堂といった駐留軍時代の建物が数多く残っている。
史料館もあり、気軽に見学可能。
通用門での通過手続きに抵抗を感じる方は事前に連絡しておく事をお勧めする。

陸上自衛隊真駒内駐屯地
地下鉄南北線「自衛隊前」下車すぐ。
011‐581-3191(内線2604 広報部)で確認。
[PR]
by funfunfun409 | 2006-06-25 20:45 | 仕事・出張ネタ

銀トラ

本日帰宅してから、カーズの試写会を見に行く妻と娘を車に乗せていると、信号待ちでトラヴィックを発見。
f0051125_21163244.jpg

ホイールを確認しなかったのでLパケかSパケか区別が付かなかった。
先方はこちらに気づいていたのかどうか。
もし気付いていたとすれば、フラッシュが閃いて不審に思ったに違いない。
速攻でカバンからデジカメを取り出し、撮影し終えるまで6~7秒。
外勤続きでバテ気味だというのに、この集中力は一体?
このあと事務所に寄り、明日からの仕事の準備をしてから帰宅。
[PR]
by funfunfun409 | 2006-06-23 21:17 | 車関係
フォークリフト運転技能講習に使用している教材用リフト4台のうち、1台が年次検査の時期を迎えたので、ディーラーに連絡して作業をお願いした。
自動車の車検に相当するのが定期自主検査で、フォークリフトは12か月毎に1回と定められていることから「年次検査」と呼ばれている。
今回は講習期間中(玉掛け、小型移動式クレーン)だったので、メカの人からは「恥ずかしいんですけど」と言われながら点検内容・手順を詳しく見させてもらった。
f0051125_20454270.jpg

このようにジャッキアップしてタイヤを外し、ブレーキ周りを分解整備。
シビアコンディションの場合は工場に搬送するが、ウチの場合は専ら講習専用で運転時間も短いので現地に来てもらっている。
f0051125_20443788.jpg

エンジンルーム。
基本的構造は普通乗用車と変わらない。
唯一異なるといえば、フォークを上下させる力を油圧で伝える作動油タンクがある事ぐらいだろう。
年に2回ほど函館の海岸っぷちで講習をやる影響で、クラッチ部分にかなり錆が見られた。
f0051125_20445985.jpg

油圧のテスト中。
このリフトは最大揚高3m。
タイヤを全部外されるとなんとも情けない格好になる。
ミジンコを連想してしまった。

昼休みに足りない交換部品を調達し、4時間弱で完了。
[PR]
by funfunfun409 | 2006-06-23 20:46 | 仕事・出張ネタ