趣味の手作りログハウス、音楽、愛車、出張先での出来事他、ランダムに書き綴っていきます。ちなみにHNは大好きなBeachBoysのヒットナンバーから取りました。


by funfunfun409
カレンダー

<   2007年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

夢見る少年 その後

些細な事だが、心の片隅にずっと引っ掛かっていた事が立て続けに解決した。

1つは、2005年12月27日の記事で紹介したハードリスナーの淀川短治氏。
昨年の暮れに短治氏を知る人から連絡があり、その後短治氏はビル管理会社を定年退職後、契約社員として豊平区在のコミュニティFM局が入居しているビルの管理を担当されているそうな。
持ち前の親切心で洋楽系の音楽番組に音源を提供したりして関係者は大助かりとの事。
どうやら持病も快癒されたらしく、仕事・趣味の双方で第2の人生を満喫されていらっしゃるのが判っただけでも嬉しい。
ほんと、世の中は狭いものだ。

実は1昨年4月の最終放送日に短治氏からレクエストのメールを頂いていたので番組終了後にアドレスを書き写し、深夜帰宅してから本人にお礼のメールを送っている。
今回、情報提供者にお願いして前述のブログ記事をメール送信してもらった。
きっと、私の気持ちが伝わったはずだ。これで一安心。

さてもう1つは「夢見る少年」
The Four Prepsというグループについては面倒なので説明を割愛させていただく。
彼らの作品群の中で、この曲にだけ異質な印象を抱いていた。
先日、以前から何かとお世話になっているオールディーズ現役世代のコレクターであるK氏が昨年秋に貸したCDを返しに家に来て、コレクションの中からCDを3枚焼いたのを置いていった。
その中の1枚。
f0051125_22363365.jpg

Michael Holliday
50年代後半にイギリスで大ヒットを何曲も記録した人気歌手で、通して聴いてみたが、穏やかで深みのある声質と折り目正しい歌い口はBing Crosby、Perry Comoの流れを汲む正統派。
1924年生まれ(28年説もあり)なので、Andy Williamsあたりと同世代だが、じゃあ当時のアメリカ本国にルックスは抜きにして(笑)Hollidayに匹敵するシンガーがいたかどうかというと、これが思い当たらない。

私の音源リストを探してもバート・バカラックの作品集の中に1曲見つけただけなので当時の日本では無名の存在、もしかするとジャズ・ヴォーカルの文脈で紹介されていたのかも知れない。
このベスト版CDの中に件の「DREAM BOY,DREAM」が収録されている。
元音源はColombia Label、確証はないが多分これがオリジナルであろう。
テンポアップされ、アレンジを加えたFour Prepsのカヴァー曲のほうに分があるのは致し方ないか。後出しジャンケンだもんね(笑)

50年代後半の英国ポップス界はマッタリとした「古きよき時代」。
人気歌手ですらこの曲目リスト、当時の状況がとんな状況であったのかは、判る人には判る。
f0051125_22371322.jpg

当時既にベテランの域に達していたHolliday氏はその後到来する音楽シーンの急激な変化に弾き飛ばされてしまった。
失意の日々を過ごした挙句、1963年、薬物の摂取量を誤って死去とある。
自殺だろう。
アマゾンで検索するとCDが数枚入手可能だが、今の私にはこれ1枚で充分。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-01-31 22:53 | DJ

らーめん あび

南郷通りを大谷地方面へ向かうと、地下鉄南郷18丁目駅手前左側に真っ赤な看板が目に入る。
駐車スペースが3台分、狭い電柱の間から車をギリギリ押し込んだ。
f0051125_17243549.jpg

昨年の秋頃に東区から移転。
10人も座るとほぼ満員になる狭い店内だが厨房スペースは充分、奥のほうでゴツくて怖そうな店主が作務衣姿で中華鍋を操っている。
f0051125_17245037.jpg

家族3人、それぞれ味噌・しお・醤油を注文する。
注文が終わると代金を請求された。食券以外で先払いというのは初めての事で戸惑ったが、店側は仕事に集中出来るし、客も支払いの時に気を遣わずに済むからお互いに合理的。
f0051125_1725174.jpg

味噌らーめん(650円)
派手な看板と、ゴツい店主が盛大に火焔を立ち上らせるのを見てクドい系の店かと思いきや、予想に反してあっさり風味の札幌ラーメンだった。
焦がし油の香味とダシの取り合わせを楽しむには、しおらーめんがオススメ。
勿論、味噌も醤油も美味しい。

メニュー下の、完食すれば200円引きの辛味噌らーめん、「辛口」という表現に留めているのが不気味だ(笑)
いきなり挑戦して打ちひしがれて帰るのも癪だから次回に廻す。

らーめん あび
札幌市白石区南郷18丁目北1-28
11:30~21:30営業 不定休

[PR]
by funfunfun409 | 2007-01-28 17:35 | 飲食

名もないラーメン屋

昨年11月、長年営業していたデカ盛りの「ラーメン道場 王将」が閉店し、12月に開店した。
f0051125_15381413.jpg

右側に写っている隣の建物に先日訪問した「ラーメン たけ蔵」がある。
クロスが白く張り替えられ、以前の店より明るくなった。
家族3人揃って正油ラーメンを注文する。
f0051125_1538318.jpg

正油大盛り(700円)
旭川ラーメンだとは知っていたが、表面を覆う脂といい、黒いお盆といい、どこかで見たような。。。。天金!

勘定を済ませる時に訊ねたら、店主は天金の家族の従兄弟で、旭川で店やってからこっちに来たとの事。

旭川に行かなくても「天金」を味わえるのは嬉しい。



名もないラーメン屋
札幌市清田区北野7条1丁目7-1
三味 600円~
10~22時営業 火曜定休

[PR]
by funfunfun409 | 2007-01-27 15:40 | 飲食

北浜商店 大門店

1月23日 夜。

今回の出張は1泊なので、出張自炊はお預け。
楽しみにしていた丸南本店に行くと何と休日だった。
ここ1軒で酒飯を完結させられるのに、当てが外れたマイナス効果は絶大だ。
遠出したくないので、引き返す途中にあるラーメン店に寄ってみる。
f0051125_11353394.jpg

国道沿い函館駅正面、 北浜商店(大門店)
昨年まで「つけ麺の麺神(めがみ)」というラーメン店が入っていた。
北浜商店はちょうど1年前、ラーメンブギで味噌味を食べている。
メニュー表は数種類の味噌味が主体で、今回は濃い味系はチョット、という腹具合だったので若い従業員に「お勧めは?」と尋ねたら「函館塩ラーメンはいかがですか」。
観光客だと思ったのだろう。
f0051125_1136285.jpg

塩ラーメン(650円)
生姜風味の煮卵が入っている。
函館ラーメンはあっさり風味が前提だから、どの店に行っても外れる事が少ない。

勘定を済ませて信号を渡るとお焼屋の「甘太郎」がある。
f0051125_11362132.jpg

昔から全く変わらない小柄なお爺ちゃんを横目に、コンビニで酒を買って定宿に戻る。

翌日仕事を終えて帰宅。
夜間走行は嫌なのでもう1泊したかったのだが、旅費規程上後泊が付かない。
豊浦までは乾燥路だった。

札幌~函館往復503㎞、燃費13.4キロ。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-01-25 06:57 | 飲食

中華料理 龍青

1月23日。

『函館を振り出しに~』で始まる「カラオケ流し」という演歌がある。
誰が歌っているのかは知らないが、私の前任者のオハコで、2次会でカラオケスナックに行くと必ず聴かされた披露していた。
定年退職で業務一切を引き継いだ私も振出しは「函館」。
早めに出発し、いつもは昼食で寄る三八飯店を素通りして国道をひた走る。
f0051125_10363824.jpg

中華料理 龍青
函館市街地手前の桔梗駅近く。
13時半近いというのに先客が10人以上いて、皆ランチメニューを注文している。
私はカウンターの一番奥に陣取ってラーメンを注文。
f0051125_1037359.jpg

塩ラーメン(550円)
鶏ガラが前面に出たスープは私がイメージする「中華料理店のラーメン」そのもの。
緩く縮れた麺はツルツルモッチリしていて胃に優しい感じ。
カウンター席からは厨房が見渡せるので、頃合を見計らって「すんませ~ん、醤油ラーメン作ってくれる? ニヤリ
f0051125_10372927.jpg

醤油ラーメン(550円)

追加注文の際、店主に「量少なかったですか」と訊かれたので「タマにしか来れないし、旨いものは腹一杯食べたいもんですから」と返したら嬉しく思ってくれたらしく、仕事の合間に色々声を掛けてくれた。
湯の川から移転して今年で3年目を迎えるそうだ。


中華料理 龍青
函館市桔梗町4丁目15-6 (生協向かい)
営業11:30~15:00、17:00~21:00
水曜日定休

[PR]
by funfunfun409 | 2007-01-25 06:35 | 飲食
本日朝一で近所のディーラーに車を持ち込む。
所要時間約40分、見積書が出来上がった。
f0051125_2056446.jpg

これにリサイクル税が加算されて見積金額計182,517円也。
更に保証延長が加わると23万近くになる。

今回タイロットエンド左、プラグ、エアクリーナーが要交換。
タイロットはショック換装時にショップから指摘されて右側だけ交換している。
プラグとエアクリは走行距離からして妥当か。

気になっていたエンジン始動後アイドリングのばらつきは、診断機でエラーの履歴がないので様子見という事になった。

間もなく8万キロだから、それなりの支出は覚悟していた。
でもこのままお願いするのはチョット、チョット、チョ~ットだ。
エンジンオイルとフィルターは9月に替えたばかりだし、下回り防錆塗装も昨年夏にノックスドールを塗布済みなので省略してもらおう。

これにボーレンフィルター交換を追加してもらうと幾らになるか?
[PR]
by funfunfun409 | 2007-01-21 20:59 | 車関係

バースデイケーキ

43歳になった。
内面は成長しないのにひたすら馬齢を重ねている、という想いが年々強くなっている。

・人や物の名前がすぐ出てこない。
・昔は丸暗記で済ましていた仕事関係の電話番号が思い出せずメモ帳を持ち歩くようになった。
・地下鉄の階段を一段飛ばしで駆け降りる事が出来なくなった。
・いきなり全力疾走したらアキレス腱をやられないだろうかと躊躇する。
・こってり系のラーメンスープを残すようになった。
・バイキングでは帰る時の腹具合を計算し、皿に取る料理を吟味するようになった。

等々・・・

前厄・本厄・後厄というのは数え年だったというのを知らずに過ぎたので別にどうという事はなかったが、1昨年の秋頃は階段を駆け足で上がると心臓がバクバクするのでおかしいと思いつつ、定期健診を受けたら「洞性頻脈」の診断。
年間3分の1を占める出張外泊、大酒を呑み、外食に頼らざるを得ない食生活が原因なのがわかっていたので、こちらは「出張自炊」で乗り切った。

とまあ、書き始めると出て来るのはネガティヴな事ばかりで凹む。
「エヌテーテー」とか「ヨーグルー」とか言い出すのは未だ先だろうけど、無意識に出てしまうものなので油断は出来ない。
同年代の工藤投手が現役を続行するそうだから弱音を吐くのはやめよう。


昨日、妻と娘がケーキを作ってくれた。
f0051125_1134470.jpg

蝋燭は長いのを4本、短いのを3本で43歳。
「豆乳クリーム」というのがあるそうで、毎朝出勤前に豆乳を飲むのを見ている娘が選定。
f0051125_11341818.jpg

横幅に長くカットしたケーキ生地をバームクーヘンのように巻いた労作。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-01-21 11:35 | 家庭

マフラー交換・・・断念

私の車が3月に2度目の車検を迎える。
車検を受けるのは1ヶ月前から可能なで、不具合・要交換部品があった場合にパーツの確保に時間がかかるのを想定し、明日ディーラーでチェックしてもらう事になっている。

さて、現在付けているドリームクラフト社のオールステンマフラー、法改正で今度の車検に通らないらしい? という話を聞いた。
(1月21日、ディーラーで確認してもらったところ、特に問題ないとの事でした。)
このクソ寒い中、作業の準備に掛かる。
f0051125_20322086.jpg

昨年プロノのバーゲンセールで買っておいた馬、さてどこに入れたらいいのか判らない。
万一ジャッキが外れたら支えが効くような場所に設置する。
右手前のユムシのような物体が純正マフラー。
実はこれ、3年前に換装して車庫の後ろに置いてあったものを、出張で留守にしている間に父親が勝手にゴミに出してしまった。
何の断りもなく一体どういう事なんだと怒りを爆発させたものだが、捨てられたものは仕方がない、ヤフオクでザフィーラ用の中古を見つけて落札した。

段ボールを敷いて下に潜り込む。
交換するにはボルトを2箇所外さなければいけない。
1本は外れたがもう片方がダメ。
実は3年前に無理矢理回してボディ側のネジ穴を駄目にしてしまい、代用品で間に合わせていた物。
メガネレンチがあれば何とかなったものの、工具一式は去年出張先に箱ごと置き忘れてそれっきり。
わざわざジャッキ下ろして買いに行く気にもなれず、凍えて鼻が冷たくなったので今回は諦めた。

※ ユムシって ? という方のために画像を出しておきます。↓
f0051125_20342593.gif

[PR]
by funfunfun409 | 2007-01-20 20:35 | 車関係

ペコちゃんの涙

職場にペコちゃんグッズのコレクター(私よりも年上の女性)がいて、私の娘にダブったお菓子の付録などを度々分けてくれる。
関係ないが、同じ職場にケロちゃん、コロちゃん、ピングーキャラの愛好家もいるぞ(私よりも年上の男性)。
f0051125_23264643.jpg

そういえば不二家のナニソレが美味しいといった話を聞かない。
生菓子系が好きな妻ですらケーキなどを買いに店へ行った事がないと言う。
私が子供の頃はミルキーといえば滅多に口に入らない憧れのお菓子であり、憧憬の傍らには常にペコちゃんが鮮やかな赤を背景にアッチ見て微笑んでいたものだった。
今も昔もペコちゃんあっての不二家、これは疑う余地がない。

コンプライアンス(compliance)という言葉が流行っている。
現在流行っているという事はそのうち消えてなくなる事を意味する。
バブル期に流行った企業メセナとやらがいつの間にか姿を消したように。
残念だが「定着する性質のものではない」という事だ。
法令順守・企業倫理・経営倫理といったものが昔と比べてどれほど成熟したのか否かという件については良く判らない。
しかし本来、法律を遵守するのは企業であれ個人であれ当然の事、という暗黙の掟があったはず。
少なくともそうあるべき、という自戒心のようなものは昔の人(戦後教育の洗礼を受けなかった世代)のほうが強く持っていたように思われる。
公共社会に生きる者のルールとして内に秘めるべきものを、敢えて企業理念の頭に持ってこなければならない程、ひどい世の中になってしまったと言うべきか。
横文字に置き換えたからといって恥かしい事に変りはないのだが、既に国民の大多数はそうした認識を忘れ去ってしまったように思われる。
もちろん自分も含めて。

中古市場でぺコちゃんグッズの価格が急騰しているそうだ。
本日夕方のニュースで市内のリサイクルショップが紹介され、親と一緒にペコちゃんグッズを買い求めに来ていた少女の言葉が印象的だった。
「こんな事じゃなくて、もっといい事で人気が出て欲しかった」
物言わぬペコちゃんの心情を代弁しているようで胸を衝かれたのだった。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-01-17 23:33 | その他全般
ユーフォニアムの話。
最近知ったのだが、英国の由緒ある金管楽器メーカー、BESSON社が経営不振でどこだかの傘下に入り、スッタモンダで現在入荷待ちの状態だそうだ。
今さら100万もする楽器なんて現在の私には無縁であるが、実は99年よりプレステージュモデルに標準採用されているテューニング・スライド・トリガーに興味があり、実物を見て仕組みをパクってやろうとヤマハセンターに行っても置いていない。
私がユーフォニアムのトリガーに固執するようになった経緯については過去記事のコチラをどうぞ。
私が所属する吹奏楽団の先輩に楽器店に勤務している人がいて、その人に訊いて事情を知った次第。
お願いしてBESSONのカタログを探し出してもらった。
さて、先ずはBESSONから。
f0051125_23532340.jpg

ゴールドの部品がトリガーシステム。
う~む。力のモーメントという観点からすれば実に効率的な造りだ。
全く無駄がない。
白丸で囲った見えない部分、ここの強度が解決できれば何とかなりそうな気がする。
業者筋に頼めばこのパーツで取付してくれるそうだが、怖くて値段を聞けなかった。
多分目立て12~15万円はするはずだ。
そんな大金が自由になるんなら、私はラーメン200杯取材するほうを択ぶ。
続いてWILSON社の後付けタイプ。
f0051125_23535617.jpg

Dr. Brian Bowman氏がかつて愛用していたモデル。
無骨だが見ていて解りやすい。

待てよ、自分の楽器って、、、
f0051125_23541858.jpg

3番管の長さが足りない、したがってこの方法は無理だ!
BESSONのカタログを枕元に置いて寝る前にアイデアを練るとするか。

To Be Continued!
[PR]
by funfunfun409 | 2007-01-16 23:52 | 吹奏楽