趣味の手作りログハウス、音楽、愛車、出張先での出来事他、ランダムに書き綴っていきます。ちなみにHNは大好きなBeachBoysのヒットナンバーから取りました。


by funfunfun409
カレンダー

<   2007年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

今日・明日と休日返上で市内の出張講習。
f0051125_026365.jpg

会場は陸上自衛隊真駒内駐屯地。
昨年6月に書いたので内容は省く。

妻は子連れで実家へ遊びに行ったので今晩は好き放題出来る。
帰宅してからガレージのシャッターを降ろして作業開始。
今日はフレームを実際に取り付けしてみた。
f0051125_0273815.jpg

金具をシートレールの後部取付けネジに介入させる。
専用のトルクスレンチと8ミリのドリルビットが必要。
2日前に買った鋼板は、直角に曲げた部分の塗装が剥がれて既に錆びている。
イメージ通りにいったので、とりあえずここまでは良しとしよう。
f0051125_028132.jpg

前後の調整が出来るように斜めに穴開きプレートを付けたのはいいが、シートを後ろにずらすとシートベルトの根元にぶつかってしまう。
これじゃダメだなぁ~、やり直しだな、頭デッカチだったな、と、じっと見つめる。。。。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-06-30 23:59 | 車関係 | Comments(2)
何をするにしても車に穴を開けたり傷をつけたくないものだ。
となるとアームレスト本体を支えるフレームが必要となり、コンソールを跨ぐ格好にしなければならない。
後部座席に座ってイメージを練り、ホームセンターで見つけたのが直径6×5,500ミリの丸綱棒210円。
自分で切断して持ち帰り、下水の金網に差し込んで曲げてみた。
形状はいいのだが、6ミリだと肘を乗せるとグラつきそうで、補強加工するにも手持ちの工具では丸棒の細工は難しい。
9ミリになると曲げるだけでも大変そうなので、安いけれどもこの材料は諦めた。
ネットでPolo君のアフターパーツなんぞを眺めている内に見つけたのがKAMEIのアームレスト。
f0051125_20354950.gif

フムフム、ナルホド・・・これならボルト接続でイメージ通りの加工が出来る。
午前中買い物に行き、幅19ミリの鋼材(1.82m)を210円で購入する。
f0051125_20361142.jpg

市の施設を無断借用(笑)
1昨年に同じ方法で「ワイパーアームの曲げ加工」というのをやった。

内側にサンダーで凹みを入れておけば簡単に曲がる。
f0051125_20363238.jpg

固定金具類は欲しいサイズが中々見つからず、あったとしても私には百均ゴミ箱からスタートしたというプライドがあるので、余った鋼材で手作りした。
f0051125_20364992.jpg

左がほぼ完成したフレームで、隣が先に書いた「習作」。
奥の黒い箱がアームレスト本体で、こちらはレザー生地を張れば完成。

我が家の新顔POLO君が不安げに見守っている。
「まさか自分に変な事されるんじゃ・・・」と(笑)
心配するな、君のご主人様には「何も変えたくない」と釘を刺されているから。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-06-28 20:40 | 車関係 | Comments(4)

家で八丁味噌の豚丼

昨夜遅くに函館から帰宅した。
冬場ならもう一泊するところを家に帰りたい一心で車を走らせる。
という事で本日は出張移動日に当たるので今月になって初めて1日中家に居られた。
昨晩の夕食は魚だったので今晩は肉にしたいと妻が言う。
先日浦河出張で作った味噌豚丼を作るという事になり、買い物に行く。
f0051125_20103449.jpg

八丁味噌だけにすると味が濃いので普通の味噌を混ぜ、味醂と酒に溶いて浸けておく。
アスパラはレンジで加熱し、豚肉に火が通ったら最後に加える。
f0051125_20104822.jpg

私は一味をたっぷり振りかけて食べるのが好きだ。
割と味が濃い目になったので食後に水をガブ飲みした。

家で食べるものを出張先で再現するのは難しい。
まぁ、調理器具に制約があるからこれはわかる。
家族が喜んでくれそうなものであれば出張自炊メニューを家で再現するのは全く問題ない。
一度経験しているから家でやるほうが却ってうまくいく。
ところが今回の場合、高価なロース肉がアメリカ産のコマ切れ肉に差し替わっているという不思議。。。。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-06-28 20:12 | 週末メシ番シリーズ | Comments(3)

親子丼

ダシの効いた卵焼きが好物で、昨晩も丸南本店でアツアツを堪能した。
店頭に並んでいるのはビックリするほど甘ったるく、ご飯のおかずにも酒肴にも適さない。
自分でやってみようと挑戦したはいいが、ラーメンポットでは熱の当り具合が悪くて結果的にスクランブルエッグになってしまったいう失態が記憶に新しい。
ならば親子丼。
以前に家でやった事があり、調味料の粉末いりこだし・白醤油・味醂はいつも持参しているので問題なく再現可能だろう。
仕事帰りに寄ったスーパーにあった長ネギは3本1組で使い切れないので万能ネギにする。
f0051125_20552847.jpg

鶏肉に火が通ったらネギを入れてクツクツ。。。
f0051125_2056198.jpg

溶き卵(2個分)を流して蓋をする。
1人分となるとやり直しがきかないので匙勘定には細心の注意が必要だ。
f0051125_20563351.jpg

初挑戦にしては味も出来栄えもうまくいったほうだと思う。
ご飯が柔らか過ぎる事を除けば。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-06-24 20:59 | 出張自炊メニュー | Comments(3)
水加減さえ間違わなければ・・・と、先日ダブルラーメンの記事で書いた。
但し実践するのは今回が初めて。
7月と8月に家族でコテージ宿泊の予定があり、「サトウのご飯」ではなく飯を炊いてみたい。
2合あれば家族で1食分には充分だから、ラーメンポットで出来ないものかと思っていたわけだ。
炊飯ジャーでは炊き上がるプロセスを観察出来ないので子供も喜ぶに違いない。
f0051125_20375049.jpg

ラーメンポットの釜の内側には1合分の水目盛りしかないので、計量したら270ccだった。
早速実践。
冒頭で、水加減さえ間違わなければ・・・と書いた。
f0051125_2039103.jpg

なんだか水が引かないぞ!、ちょっとマズいな。。。
結果は、、、メッコ飯手前のかなり柔らか目の炊き上がり。
f0051125_20392898.jpg

かき混ぜて加熱し、なんとかここまで持ってきた。
単純に水の量を倍にすれば良いというものでもないようだ。
最初は水を少なめにして炊き、蒸らしの段階で硬ければ適宜水を加えてやればうまくいくはずだ。
出張自炊でも2合炊いておけば何かと好都合。
朝起きて熱い味噌汁を作るり、納豆や焼き海苔でもあれば充実した朝食となる。
私は炊き立てよりもむしろ冷や飯を好む方なのでなおさら都合が宜しい。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-06-24 20:41 | 出張自炊メニュー | Comments(4)

空腹で丸南本店へ

6月23日。
本日より4泊5日の函館出張。
思い返すと、6月の土・日は仕事で全滅、移動日も仕事に出ていたため、家で1日ゆっくり過ごした記憶がない。
函館に向かう途中、昼食の定番である三八飯店の看板が見えても行く気がしなかった。
コンビニでサンドイッチとトマトジュース。
出張続きで疲れが溜まっているようだ。
定宿でうたた寝して夕刻になるとさすがに空腹感を覚える。
f0051125_18545213.jpg

国道5号から若松町方面。かつて函館の繁華街はこの界隈だったそうだ。
右奥のプラザホテルは素泊まり3,300円の安さで、部屋に冷蔵庫があるんなら1回位は泊まってみたい。
今時期は18時過ぎても真昼のような明るさなので酒を飲むには少々気が引けたが、以前行ったモッキリ屋が大混雑しているのを確認して罪悪感が薄らぐ。
f0051125_1855525.jpg

「夜の部」メニュー表
私はいつも最初に「酒肴セット」を頼み、その時の腹具合で何品か追加注文している。
本日のおすすめメニューを加えると毎回の組み合わせは無限大と言ってもよく、何度通っても飽きるという事がない。

今回注文したメニューは次の通り。
酒肴セット、いかネギ納豆、串焼きセット、鴨の合焼き、焼蕎麦がきのお吸い物、卵焼き、日本酒のお代わり4杯。
空きっ腹で来たのでいつもより食べるペースが速く、奥さんが気にしてつなぎに漬物を出してくれたりする。
そんな気配りが嬉しく、忙しいのに申し訳ない。

最後のせいろが出される頃には背中の張りとみぞおち辺りのモヤモヤが楽になっているのを感じる。
勘定を済ませて店を出ると外は夕焼け空、定宿に戻り、久し振りに熟睡した。
f0051125_18555482.jpg

前回水溜りで足を濡らした場所から函館どっく方面。
左側の建物が1階コンビニの定宿「ホテル駅前」
[PR]
by funfunfun409 | 2007-06-24 18:57 | 飲食 | Comments(0)
今回出張の仕事先は鹿追町だった。
帯広中心部から距離にして40キロ弱、小1時間かかる。
昨日の昼食は市街地の寿司屋で「天丼+半そば」を注文し、30分以上も待たされて後の仕事に影響してしまった。店はガラ空きだというのに。
そこで今日は地元の人に「蕎麦だけ出している店ってない?」と訊ねて教えてもらった店に向かう。
f0051125_20491875.jpg

見た目喫茶店のような造りだが、中に入ると奥に蕎麦打ちの作業場が見える。
f0051125_20493899.jpg

おばちゃんのすぐ後ろに見える棒状の物が打ち終わった蕎麦で、1日限定50食だとか。
50~60代の町内のお母さん12名が毎日交代で仕事をしている。
だから看板に偽りはない。
f0051125_20495049.jpg

お好み2食そば(850円)
メニューの中から2種類、それぞれ温かくも冷たくもしてくれる。
黒光りする十割蕎麦の風味を味わうには温かいのが一番。
「つなぎ」無しで途中で切れないように仕上げるには熱湯で良く捏ねるのがコツだそうだ。

求道者風情の店主が打つ蕎麦をかしこまって手繰るのも悪くはないけれど、商売っ気のない素人のおばちゃん達と和やかに雑談しながら啜る蕎麦は美味しく、楽しい思い出となってくれるだろう。
自家製の漬物も嬉しくて美味しかった。
すぐ近くに「神田日勝記念美術館」がある。

そば処 おふくろさん
鹿追町新町1丁目(メインストリート)
火曜定休、営業時間 11~14時
[PR]
by funfunfun409 | 2007-06-22 20:51 | 飲食 | Comments(0)

帯広のモッキリ屋

18日の夜に帰宅し、昨日約半月ぶりに出勤したら我がデスクは請求書と書類の山。
久しぶりの愛妻弁当を3分で平らげ、他の時間を全て仕事に集中してキッチリ定時に上がってやった。
出来れば残業なんてしたくない。
早く出勤するか、昼休みを削って仕事に充ててサッサと帰りたい性分だ。

休む間もなく、今日から帯広出張。
但し今回は2泊なので、自炊道具は家に置いてきた。
f0051125_20303540.jpg

定宿の至近距離なので、以前から気になっていたモッキリ屋。
f0051125_20305756.jpg

2杯目の「麒麟山本醸造」、新潟の蔵元。
明るいうちから堂々と呑める幸せったらない。
f0051125_2032187.jpg

立ち飲み客用の冷蔵庫。
ダンディな店主は、色々お誘いがあっても自分の店で扱う酒は一度飲んでからでないと仕入れないと言う。
その為に時間を作って全国の蔵元を訪ね歩いているようだ。
私のような一見客にも、ウンチク話を始めたら止まらない、とにかくマニアックな人だ。
話し進んでいくうちに「海岸近くに名蔵元ありだよ!」などと決めやがった。
己の経験に基づいて語れる人、私はそんな人が大好きだし、一番信用する。
帯広出張で旨い日本酒を飲みたくなったらこのオッサンに任せればいい。
最長夜11時まで営業している。

地の酒 ひびき屋
帯広市西1条南10丁目19-5

※ 2012年9月 閉店
[PR]
by funfunfun409 | 2007-06-20 20:32 | 飲食 | Comments(6)

太っ腹人情社長

今回講習を受けに来た会社経営者。
f0051125_2118160.jpg

強面パンチにサングラス、高価な時計と金のブレスレットに分厚い財布。
しかも。。。。
f0051125_2118177.jpg

左ハンのメルセデス500、爽健美茶も味が濃そうだ。

同じ会社から2~3人で受けに来たケースが多い中、このオッサンは1人きりで最初浮いていたので気になって「いやあ~暑いっすね」などと取り留めなく声を掛けていたのだが、そのうち、
「先生、アンタ韓国に行った事あるか? 学科終わって昨日までの3日間ビッシリ遊んで来たでや」
男だけで韓国に行くとなると目的は絞られるから話の内容は省略する。
襟裳に住む漁船のオーナーで、クルーザーを所有し、札幌の中心部にマンションを持ち、漁の合間に遊びに行くそうだ。
「楽しんだほうがイイさ、人生の残り時間なんて自分が思っているほど多くないんだからさ」と、何か琴線に触れるような会話になると目線が一瞬鋭くなる。
「オイ、札幌に誰かいい嫁さんいねえべか?、前から縁談頼まれててよ」。

昨日の検定試験は私がこの人の担当となったのだが、他の受講者に比べて年齢が高く、練習中もミスが多かったからそれなりの減点が加算されるだろうという予想を覆してなんと満点合格。
他所より厳しいと言われている私共の審査レベルでは30~40人に1人という難関だから、ここ一番にかける集中力は相当なもの。
ハッタリでも何でもない、それ相応の人だったのだ。

2日目は朝早くに来て家から持ってきた海老の塩焼きを食べさせてくれたり、実技最終日には塩鮭と昆布を土産に持たせてくれた。
f0051125_21183851.jpg

70センチを超す塩鮭と1mを超す昆布の束。
今朝焼いたのを一切れ弁当に入れてもらったが、身の締りといい塩加減といい絶品だった。
これをほぐして茶漬けにでもすれば3杯飯が胃の底にスッ飛んでいく事請け合いだ。
N社長に感謝。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-06-19 21:21 | 仕事・出張ネタ | Comments(0)
今回の出張中、隣町の静内在住の方から声を掛けられた。
広い駐車場で台数が多くて見落としていたのだが、何と前期白Sパケのオーナーさん。
f0051125_16481067.jpg

17インチを履き、Zafira 2003年モデルのBlitz フロントグリル
f0051125_16482673.jpg

ビル足のメタルロゴ、車名は無し。何れも前オーナーによる換装と聞いた。
f0051125_16483914.jpg

前ドアにの縁には汎用メッキシールプロテクタ。
ヒカリモノは多く付ければ良いというものではなく、バランスが難しい。
私の黒ボディならどうなるものか、安く売っているなら試してみたい。

仕事先でトラヴィックのオーナーさんと話をするのは先日の千歳に続いて2度目の事で、初対面であっても希少車のオーナー同士、通じる部分が多く話も弾むものだ。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-06-19 06:46 | 車関係 | Comments(4)