趣味の手作りログハウス、音楽、愛車、出張先での出来事他、ランダムに書き綴っていきます。ちなみにHNは大好きなBeachBoysのヒットナンバーから取りました。


by funfunfun409
カレンダー

<   2007年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

久し振りに炊込みご飯を作ってみた。
提案したエリンギ+松茸のお吸い物粉末は敢えなく却下。
松茸の香りや味は科学的に解明されているわけだから貧乏人はそれに頼ればいいと思うのだが、山妻は「モドキは嫌だ」と言う。
未だに本物の松茸ごはんを食べた事がない同士がアレコレ言い合っても収拾がつかない。
という事でホタテを使う。

ホタテといえば、本山荻舟の「飲食事典」に興味深い紹介があるので抜粋しよう。

・・蝶ツガイを前方にして右側の一枚はふくらんだ中に相当大型の貝肉をたくわえるのに対し、左方の一枚はほとんど扁平で海面を行進する時は帆のごとく屏立するのを特徴とする。
貝殻は高さ160センチ、幅175センチにも達し、東北地方から北海道に及ぶ寒海を主産地とする・・・


物知りの本山先生らしからぬ引用だが、巨大な帆立貝の群れが波間に貝を立てて颯爽と進むサマが目に浮かぶ。
こうした文章を探し出すのも個性的な「事典」を読む楽しみの一つ。

貝柱だけでは味が足りないと思って小振りなヒモ付きと一緒に炊飯した。
出汁をかなり濃い目にした積りなのに炊き上がったのを味見したらボケた感じだったので塩と白だしを加え、三つ葉を混ぜ込んでから盛り付ける。
f0051125_13562033.jpg

混ぜた時に貝柱が崩れて写りはイマイチ。
もち米を混ぜたような食感に仕上がり、妻もお代わりするなど、家族の評判も良かったようだ。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-09-30 13:57 | 週末メシ番シリーズ

タージ・エクスプレス

9月29日(土)。

長女が長沼町へ稲刈り体験。
一緒に外食出来ないのが悔しいらしく、近所で行ってもいい店とそうでない店を答えてもらった。

花まる ×
とっぴー ×
海天丸 ×(回転寿司は全部ダメ)
すしてん △(ランチメニューのみ可、追加注文はダメ)
いそじ ×
名も無いラーメン屋 ×
さんぱち ○
山岡家 ○
家でヤクルトラーメン ×(これには参った)
かよさん ○
ポレポレ ○
カレー気分 ×
ラマイ ○ (行った事を忘れている)
アジャンタ ○(スパイス香が苦手)
タージ・マハール×(おいしそうな店名なので)

ベビーカーが入れる場所は限定されるのでジャスコ平岡に行き、ついでに買い物も済ませる事にした。
f0051125_1012153.jpg

1Fフードコート内にあるタージ・マハールのフランチャイズ店。
ナマステ人形の奥にタンドールがあって、インド人がナンを焼いている。
f0051125_10121830.jpg

チキンカレーとナンのセット(640円)
奥の銀紙にタバスコ風味のスパイス。
熱々のナンを食べるのは何年ぶりだろう。
f0051125_10123486.jpg

13時過ぎ、帰宅途中に通りかかった「さくら」
いつもながら異様とも思える盛況ぶりだ。

9月30日後記。
f0051125_22244763.jpg

ディスカウントスーパーの店頭で叩き売りされていたスナック菓子。
食べてみるとちゃんと「ナン」の味がするんだこれが(笑)
ナントカ味のポテトチップなんかよりもずっとマシだった。
色んな意味で商業的に失敗作だったのが悔やまれる。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-09-30 10:13 | 家庭

蕎麦のつけ汁

休日の昼によく家で食べるのが「そば」と「うどん」。
夏の暑い時期は「ざる」、寒くなると「卵とじ」や「鍋焼き」となる。
秋口や春先に、さて温冷どちらにしようかと迷った時にやるのが、
「ざる+熱いつけ汁」
冷たいそばやうどんに熱いつけ汁という組み合わせは「鴨せいろ」や「かしわせいろ」等で知られているが、これを初めて作った20代半ば当時は店にそうしたメニューがあるとは知らなかった。

材料は鶏もも肉、長ネギ、小揚げ、生姜(チューブ可)。
鶏肉で必要なのは身よりもむしろ皮の部分で、剥いだ皮を小鍋でカリカリになるまで焼く。
脂が全部出たら濃縮つゆを加え、コマ切りの鶏肉・五分切りの長ネギ(みじん切りの玉葱でもいい)・小揚げ・卸し生姜を加え、過熱しながら水を足して濃い目に仕上げる。
安売りの濃縮つゆは普通に不味いので、私がやる時は白だしを多めに加えている。
味見しながら色々やっているうちにも専門店並に美味くなる(はず)。
沸騰させてネギに完全に火が通ったら出来上がり。
f0051125_20441827.jpg

脂のコク味とネギの甘みが溶け出して万人向けの味になる。
時として小川製麺所の「味のそば」だったりすると、
店で食べるよりも美味いぞ!となる。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-09-27 20:48 | 週末メシ番シリーズ

メタボ上司

4月19日に書いたラーメンマニアの上司が先日人間ドックに行き、ついにメタボの診断を下された。
「いゃあ~、今度からはスープ残すようにしないとな~」
夜は絶対食べないようにしていると聞いていたのでそれなりに健康に留意していると思いきや、濃い味系好きで年間200食超、しかも60過ぎて毎回完ツユをキメるとは大したものだ。
私が「スープは残すけどそのかわり2杯食べる」 と話したらウケていた。

さすがにその日はラーメンを遠慮し、昼食は職場近くの「稲庭うどん」。
評価を楽しみにしていたら、「稲荷なんて余計な物付けないで、その分うどんを大盛りすればいいじゃないか」 、だと。
つゆを全部飲み干したかどうかまで訊く気になれなかった。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-09-27 06:29 | 仕事・出張ネタ

ヤクルトラーメン

このラーメンを初めて食べたのが小学4年の時で、隣のアパートに住んでいた人がヤクルト商品を扱う会社に勤めており、「来ればヤクルトのラーメンあげるよ」と聞いて姉と二人で訪問した。
中に入ると80を過ぎたお婆さんが茶の間で昼寝しようと横になるところだった事、お礼もそこそこに持ち帰って袋を空けたら麺が緑色だった事、30数年も昔の事なのに記憶が鮮明なのは、人の家にわざわざ物を貰いに行くという行為が子供心にも恥かしかったからに違いない。
毎朝職場にやってくるヤクルトおばさんレディにお願いして取り寄せてもらった。
f0051125_2044422.jpg

しょうゆ味(1袋72円)。
以前は「麺許皆伝」という名前ではなかったはずだ。
塩としょう油を5袋ずつ注文したのに、家で確かめたら全部しょうゆ味という不思議。
f0051125_2053863.jpg

中身と袋の裏。
合成着色料不使用にしては色鮮やかなグリーン麺。
クロレラを練り込んであるそうだ。

9月22日。
f0051125_2061274.jpg

ホウレン草と魚肉ソーセージ入りのスペシャルバージョン。
白ゴマをたっぷりと。
f0051125_2062276.jpg

麺茹でのリミットは2分30秒。
1分経ってから卵を入れると好みの半熟状態に仕上がる。

9月23日。
前日(22日)に所属バンド仲間(ユーフォニアムパート)で飲み会。
f0051125_2063939.jpg

2次会のカウンターにて。
焼酎がはかどって困る。
カウンタ上のエクトプラズマのような光はマスターだな多分。
この後更に2軒寄って数年ぶりの午前様。
終日昏睡状態なり。14時半ごろ起き出してヤクルトラーメン。
ほとんど覚えていないが卵を入れてネギを刻んだのは確かだ。
ついに回復しないまま、練習をサボってしまった。

9月24日。
彼岸の墓参りを終えてマック食。
f0051125_20971.jpg

ハンバーガー2個分よりポテトLサイズのほうが高いんだマクドは。。。
汁物にインスタントラーメンという最悪の組合せ。
せめて青葱をたっぷり入れてジャンキー色を薄めてみる。

10月7日。
今日のお昼は塩味。
f0051125_1785114.jpg

スープが濁るという妻の指摘で卵は入れない。
そのかわり冷蔵庫にあった青梗菜を入れてみる。
f0051125_17101283.jpg

塩ラーメンと青梗菜は相性が宜しい。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-09-24 20:11 | 飲食

ブレーキ擦過音再び

今月に入ってから走行中に後輪が時々「キュルキュル」と鳴るようになった。
ローターとパッドを交換したのが6万~7万キロにかけてで、最近9万キロを超えたところだから磨耗して交換というのは早過ぎる。
昨年5月、キャリパーのサビがローターに接触して鳴った事があるのでひょっとしてそれか?

先週日曜の夕方、出張先でキーが回らなくなったので、その件でディーラーに持ち込んだついでにブレーキ回りも点検してもらった。
結果は、パッドに附着したブレーキダストが堆積したのがローターに接触していたらしく、パッドの角に鳴き止めのグリスを塗布して完了。
月に2~3度、昼休みに職場の高圧洗車機でホイールのブレーキダストを吹き飛ばしていたのだが、出張続きでしばらく中断していたのも原因かもしれない。
パッドの残りは後輪が4.5ミリ、前輪は新品並みに残っているとの事だった。
ともあれ原因が判って一安心、また鳴り出したらタイヤ外してパッドの角を磨けばいいという事になろうが、「あんまり角を削ったら制動時の圧着面積が減ってローターが変磨耗するので気を付けて下さい」と釘を刺された。

さて、発注したキーシリンダーだが、10日前後で入ってくるでしょうとの事。
「一時期パーツの供給が滞りがちでしたが、最近はかなり改善されているみたいですよ」と 言う若い営業マン氏、その通りだといいのだが。。。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-09-18 20:39 | 車関係

モッキリ屋とラーメンと

9月13日(木)

出張最後の晩なので外食にする。
目星を付けていた店があって、仕事帰りに寄ろうと思っていたが、疲れていたので次回に見送った(2杯食えないだろうというのが理由)。
もう牡蠣が出回る季節なのに、こうも暑い日が続くのは異常だ。
定宿の温泉に浸かってから部屋の冷蔵庫を開けると3日前に買った缶ビールと食べ残した絹ごし豆腐。
これをヤッつけてから例のモッキリ屋に行く。
f0051125_004750.jpg

5泊で3回目。アホな客だ。ねぎ背負って。
f0051125_024793.jpg

珍しくカウンター席が埋まっていた。5人も客がいると満員状態。
f0051125_04368.jpg

「こんなのアリマスカ?」 超辛口、越乃松露
撮り損ねたので、鉢山亭の取り寄せ虎の巻 (オレンジページ)より。
新潟の大洋酒造は戦時中に14の蔵元が統合した会社で、以来持ち回りで社長が替わるそうだ。
現在は取引を止めたそうで(理由を聞いたが秘す)、私かの分を注いだら後1杯分位しか残らず、これで最後だと言われた。残念。
日本酒度は+8、冷やでも旨いが燗酒にしても相当イケるような気がする。
2,000円程度の安さでこれだけ旨いなんて一体どうした事か。
そんな思いをさせて貰えるだけでもこのモッキリ屋に来る価値がある。
「これに似た飲み口のを何か」と所望したら6月に行った時と同じ「きりんざん」を出してきた。
f0051125_065943.jpg

コーヒー片手のオヤジ相手に飲めるのはせいぜい2杯、無理して3杯が限度か。
1升2,100円也を土産用に包んでもらい、店を出た。
部屋に持ち帰ると荷物になるし、私の事だから絶対栓を抜いてしまうので車のトランクに仕舞う。

さて、この界隈では一番と思っている「こんの」は開店前。
屋台村で唯一のラーメン店「楽屋」が空いていたので塩ラーメン(630円)を注文した。
f0051125_014317.jpg

3年前にシラフで正油を食べた記憶はあるものの、これといった印象はない。
今回はやたら美味く感じる。
不摂生で肝ノ臓がヘタっているところに、適正量の白い粉と好物の白ゴマが効いたのだろうか。
決して揶揄するわけではないが、店主のサジ加減は見ていて惚れ惚れする動作だった。
さて、部屋には前の日に買った酒が3合ほど残っているのでやっつけてしまわなければ。
と、並びのスーパーに立ち寄る。
f0051125_0142299.jpg

香典返しの海苔を密封パックにしたのを持参していたので久し振りにクリームチーズの磯辺巻き。
明日は長距離運転なのでこれでやめなければ。
予備のカップ麺は結局食べずに持ち帰った。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-09-16 22:02 | 飲食

牡蠣丼

昨日の昼前に、「食事処志乃」で金曜日までの昼食をあれこれ選定しているとメニュー表に「牡蠣丼」というのがあったので、どんなものかと尋ねたら「卵とじ」にしたものだと言う。
家族の中で牡蠣が好きなのは私だけで、買い物の時に1パック滑り込ませ、台所でレモン汁をかけてひっそり食べるのが常。
普段あまり食べない物を存分に楽しむのも出張自炊のレゾンデートル。
自分で作ってみたくなったので、宿へ戻る途中スーパーに立ち寄る。
f0051125_19523587.jpg

厚岸産15個入りで580円なり。
ハシリだから高くても仕方がないか。
下地は親子丼と同様、白だしに酒・みりん。
f0051125_19524567.jpg

何とか完成。薬味に三つ葉をたっぷりと。
ヒータの表面積が小さいので均一に熱を通すのに苦労した。
ラーメンポットに卵料理は鬼門かなぁ~。
木の皿に乗せるグリルプレートのような厚手のフライパンを探してみよう。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-09-12 19:54 | 出張自炊メニュー

鯖と茄子のスープカレー

前回函館出張時に買ったスープカレーの素が1食分残っている。
腐るものでもないし場所を取らないから便利だ。

茄子に火が通ったら「素」を溶かしてサバ缶の中身を入れるだけ。
サバ缶の汁は捨てないで丼飯にかけておく。
f0051125_20221571.jpg

どうせ誰も見ていないから一匙ずつ口に運ぶなんて事をせずにぶっかけ飯にしてもいい。
f0051125_20222916.jpg

さてと、今宵のお相手。
モッキリ屋の親父イチオシ、新潟の生原酒 想天坊
アルコールが18~19度と高めで、力強くもスッキリした飲み応え。
これは冷やに限る。
一升瓶を所望したら、在庫品が発酵して濁ったから売れないと言う。
保存に細心の注意を払っている店なのに、時にはこんな事もあるようだ。
頼んで試飲するとやや甘く、雑味が残るのを感じたが、それでも充分旨かった。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-09-11 20:25 | 出張自炊メニュー

ひやおろし

今日の帯広は1日中雨、雨、雨。
建物の中での仕事だから良かったものの、それでもやたら蒸し暑くて参った。
定宿に戻ってから自炊食材の買出しに行ったのはいいが、スーパーの並びが例のモッキリ屋なものだから、酒徒の使命ぞよ! とばかりに吸い寄せられる。
f0051125_2120971.jpg

オヤジの薀蓄話を有難く拝聴し、2杯飲んで4合瓶を手に店を出た。
たとい1杯でも空きっ腹に冷酒は効くもんだな。
よって本日の自炊計画はパー。
今宵は夕食兼用の安売り木綿豆腐を肴に「ひやおろし」を堪能しよう。
f0051125_21243549.jpg

日本酒の仕込みは通常10月から3月にかけて。
最後(3月頃)に仕込んだ原酒を出荷せずにいったん火入れ(殺菌)して一夏寝かしたものを「ひやおろし」と呼ぶそうだ。
半年熟成させるので飲み口はまろやか、果たして旨いかどうかは別として、空けた後に自販機コーナーの「ワンカップ」なんぞに手を出しやしないか、それが心配だ。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-09-10 21:27 | 飲食