趣味の手作りログハウス、音楽、愛車、出張先での出来事他、ランダムに書き綴っていきます。ちなみにHNは大好きなBeachBoysのヒットナンバーから取りました。


by funfunfun409
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:カレー ( 19 ) タグの人気記事

無題

1月30日。
先週入れた仮歯が日曜の晩から外れるようになった。
その日はジンギスカンで、おにぎりの海苔が原因だ。
喋っていると特定の発音をする際に「カパッ」と落ちる。
事務所内では何とか誤魔化せるけれども、この日は講習会で長時間喋らなければいけないので参った。

ハインリッヒの法<カパッ・・・・>
安全<カパッ・・・・>
要す<カパッ・・・・>
強度が落ち<カパッ・・・・>

「今、歯の治療中でして、スミマセン」などと弁明して少し笑いを取ったものの、口の動きを小さくすると今度は滑舌が悪くなって気持ちが伝わらない。

車の中にセメダインがあったのを思い出し、休憩時間に応急処置して再開。
ボンドに体が拒絶反応を示すようで、やたらゲップが出閉口する。
鋭く鼻腔に抜ける有機溶剤のゲッブを味わいつつ、何とか話し終えた。

1月31日。
成人病検診と夕方の歯医者があるので休みを取った。
ローション塗られたり下剤飲まされたりと色々あったが、最後に医者からあっさりと「特に異常は見当たりませんね」。
昨年見つかった胆嚢のホリープは大きさが変わらないので一安心。

ジャスコ平岡店へ買い物に行く。
次女が離乳食を摂っている間に表に出て一服。
f0051125_12402536.jpg

f0051125_12403720.jpg

はて、盲導犬は白いはずだったが。
連れて来た眼光鋭い初老の男性は調教員で、麻薬探知犬だと聞かされた。
北海道にいる2頭のうちの1頭だそうで、この犬は空港で韓国からの麻薬密輸組織を2回摘発した時に活躍したそうだ。

昼近くにコストコへ行く。
カートを持たずに店内を見て回り、レジ付近で空いたカートを失敬してベーグルパンとレッグチキンを買う。
平日なので前回よりも客は少ないが、通路を塞ぐ格好でカートを停めたままの客が多くてイライラする。
260円のホットドッグで昼食を済ませようとフードコートを見やると、
f0051125_12405140.jpg

テーブル席は満員でカウンタも長蛇の列。
f0051125_1241381.jpg

バターチキンカレー(1,009円 )
チキンがゴロゴロ入っていて、甘辛くて美味しい。
子供にはチョット無理な位辛い。
妻と2人で1,300gは食べきれず、残りは私の夕食となった。
店で見た時はそれほどでなかったのに家のテーブルに置くとデカイ。
店で箱モノばっかり眺めているうちに麻痺したようだ。

混雑して疲れるのは当然にしても、上手に買い物をしたはずなのに帰宅後に襲うヤラレタ感は一体なんだろう。
[PR]
by funfunfun409 | 2008-01-31 22:33 | 飲食

タージ・エクスプレス

9月29日(土)。

長女が長沼町へ稲刈り体験。
一緒に外食出来ないのが悔しいらしく、近所で行ってもいい店とそうでない店を答えてもらった。

花まる ×
とっぴー ×
海天丸 ×(回転寿司は全部ダメ)
すしてん △(ランチメニューのみ可、追加注文はダメ)
いそじ ×
名も無いラーメン屋 ×
さんぱち ○
山岡家 ○
家でヤクルトラーメン ×(これには参った)
かよさん ○
ポレポレ ○
カレー気分 ×
ラマイ ○ (行った事を忘れている)
アジャンタ ○(スパイス香が苦手)
タージ・マハール×(おいしそうな店名なので)

ベビーカーが入れる場所は限定されるのでジャスコ平岡に行き、ついでに買い物も済ませる事にした。
f0051125_1012153.jpg

1Fフードコート内にあるタージ・マハールのフランチャイズ店。
ナマステ人形の奥にタンドールがあって、インド人がナンを焼いている。
f0051125_10121830.jpg

チキンカレーとナンのセット(640円)
奥の銀紙にタバスコ風味のスパイス。
熱々のナンを食べるのは何年ぶりだろう。
f0051125_10123486.jpg

13時過ぎ、帰宅途中に通りかかった「さくら」
いつもながら異様とも思える盛況ぶりだ。

9月30日後記。
f0051125_22244763.jpg

ディスカウントスーパーの店頭で叩き売りされていたスナック菓子。
食べてみるとちゃんと「ナン」の味がするんだこれが(笑)
ナントカ味のポテトチップなんかよりもずっとマシだった。
色んな意味で商業的に失敗作だったのが悔やまれる。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-09-30 10:13 | 家庭

鯖と茄子のスープカレー

前回函館出張時に買ったスープカレーの素が1食分残っている。
腐るものでもないし場所を取らないから便利だ。

茄子に火が通ったら「素」を溶かしてサバ缶の中身を入れるだけ。
サバ缶の汁は捨てないで丼飯にかけておく。
f0051125_20221571.jpg

どうせ誰も見ていないから一匙ずつ口に運ぶなんて事をせずにぶっかけ飯にしてもいい。
f0051125_20222916.jpg

さてと、今宵のお相手。
モッキリ屋の親父イチオシ、新潟の生原酒 想天坊
アルコールが18~19度と高めで、力強くもスッキリした飲み応え。
これは冷やに限る。
一升瓶を所望したら、在庫品が発酵して濁ったから売れないと言う。
保存に細心の注意を払っている店なのに、時にはこんな事もあるようだ。
頼んで試飲するとやや甘く、雑味が残るのを感じたが、それでも充分旨かった。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-09-11 20:25 | 出張自炊メニュー
9月25日。
今月も給料を貰い損ねた。
私の職場は現金支給なので、金の出入りを全て掌握している妻が苦労する。
また長女の口座から一時借り入れかな?
意味を知らぬ我が子の純真な表情を旅先で思い浮かべて切ない気分になる。

残暑がなかなか終わらない。
こんな日は簡単にスープカレーで済まそう。
ところが魚長、グルメシティ、棒二森屋に行ってもお目当ての鴨肉が見つからなかった。
函館は元々ロシアから飛んでくる鴨の中継地点なので鴨肉はさほど珍しいものではなく、地元では地鶏と同格だったそうだ。
その証拠に老舗レストラン五島軒には「リッチ鴨カレー」が存在する。
無いものは仕方ないので、棒二森屋で刺身用のシマエビを買った。
f0051125_6222693.jpg

エビだけじゃ足りないような気がしたのでホワイトアスパラの缶詰も買う。
f0051125_625410.jpg

飯が炊けるまで、カールレイモンのにしんマリネで一杯。
アスパラもマヨネーズでつまみ食い。
f0051125_6262170.jpg

エビの頭を取り分け、胴体を煮込む。9匹か。
刺身用なので味噌をチューチュー吸いながらまた一杯。酒が進むんで仕方ない。
f0051125_629389.jpg

吸い終わった頭もじっくり煮込み、取り出してすぐに捨てる。
泥酔したら食ってしまう恐れがあるからだ。
f0051125_6305866.jpg

ルウの分量を7割ぐらいに抑えて完成。
エビのダシがしっかり出てブイヤベースのような豊かな風味。
大泉君やラッキョはおろか、店で千円も払って食べるのがアホらしいという思いが深まる出張自炊メニューでした。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-08-26 06:41 | 出張自炊メニュー
3日前の出張自炊メニューが旨かったので我が家でもやってみる事にした。
f0051125_23303087.jpg

f0051125_23361225.jpg

嬉しい事に、今回は長女がお手伝いしてくれる。
自前の包丁を手に、 「こうして切り込み入れたら皮がむきやすいんだヨ
f0051125_23363414.jpg

カレー箱裏の作り方を見ると玉葱が1個じゃ足りないようなので2個にする。
みじん切りのやり方はNHKの料理番組で習得した。
f0051125_23374263.jpg

最初の画像では小松菜が写っているが、実はほうれん草と間違え、水洗いして切る直前に気付いた(笑)
f0051125_23381583.jpg

物置からミキサーを探し出し、分量を何回かに分けてドロドロに撹拌する。
細かく微塵切りにすれば問題ないが、これを使えばトマトの皮とヘタも無駄にせずに済むし、何よりも楽だ
f0051125_23392585.jpg

豚肉をコマ切れにしたのを入れて煮込む。
何だか物凄い量になったので不安になり、金ザルで漉して汁を煮詰めてみる。
汁が見る見る蒸発するので火を止め、カレールウを溶かして煮込んでいる鍋に空け、更に10分ほど煮込んで完了。
f0051125_23393729.jpg

挽肉にしなかったのは、ジャガイモがゴロゴロしているカレーを好む両親への配慮。
もちろん肉がなくても、スパイスを加えなくてもそのままで充分に美味しい。
嬉しいのは野菜類を細かく刻むだけで済むという簡便さで、「水を一切加えない」手法に神秘的なものを感じていたのだろう。
加えて、カレールウを発案した日本人にも最大の敬意を彰したい気持ちになる。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-07-28 23:15 | 週末メシ番シリーズ

無加水野菜スープカレー

世間を騒がせた大雨による断水も午前中に復旧した。
北見出張最終日最後の夜、即席スープカレーの素1皿分と米一合が残っている。
f0051125_21534238.jpg

トマトとほうれん草。
ミルチの「水を使わず、野菜の水分だけで煮込んでいる」といったレシピなりをこの際実践してみたくなったのだ。
f0051125_21535917.jpg

トマトとほうれん草をみじん切りにして煮込む。
f0051125_21541861.jpg

ある程度火が通ったら裏漉しする。
量が多すぎると味がボケるので、説明書通り450㏄にしてカレーペーストを加えて完成。
隠し味はにんにくパウダー。
f0051125_21543653.jpg

トマトの酸味とスパイスの風味が渾然となって旨い事ったらなく、肉類は要らない。
家でやるとすれば、食べてくれそうなのは妻ぐらいなのが残念。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-07-25 21:56 | 出張自炊メニュー

レバニラのスープカレー

今日は外気温が30度近くにまで上昇した。
夏暑く冬寒いのが盆地の特徴で、明日から3日間外で仕事なので滅入る。
今泊まっているビジホは今年オープンした全国チェーンで、素泊まりでも6千円以上と割と高目なのだが、お隣が税込み4,980円で朝食無料のスーパーホテルとあっては対抗上値下げせざるを得ず、1泊税込5,000円で宿泊している。
部屋もロビーも落ち着いた雰囲気で、硫黄臭プンプンの温泉付きでこの価格は有難い。
HPでは朝食がいかにも美味そうに見えたので試しに食べに行ったのだが、内容の貧弱さに「騙された」というのが正直な感想で、言っちゃ悪いが950円は高すぎるぞ。
そんなわけで昼の弁当を半分以上残したため、夕方になると普通に腹が減った。
f0051125_233882.jpg

今日の食材。
暑い日はカレーに限る。
「今日の晩飯はレバニラのスープカレーだ!」と電話で妻に告げると「マズソー」と即座に返しやがった。
イメージで決め付けてはいけない、カシミールカリーの例を持ち出すまでもなく、組み合わせとしてはかなりいい線行ってる筈だぞ。
f0051125_23383675.jpg

箱の中身。
2食分で248円。
カレーペースト半分と炒め用スパイスと一緒に具材を煮込み、レバーに火が通ったら残りのペーストを加えて出来上がり。
f0051125_23391048.jpg

やや癖のあるレバーの風味とカレースパイスは非常に相性がヨロシイ。
ニラは加熱するとカサが減るから1束全部使用。
スープカレーには鶏の足、といったドグマを蹴散らすには充分な出来栄え。
1合飯があっという間に胃袋の底へ消えて行く。

手間が掛からないので部屋に臭いが残らず、安価で済み、しかも材料の組み合わせが無限大という自由度を持つという意味でも、即席スープカレーの素は出張自炊の貴重なレパートリーとなるだろう。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-07-23 23:40 | 出張自炊メニュー
出張の時は米を3合持参する。
ところが昨日旅行カバンの中身を改めると2合しかない。
出張が多いと中身の確認がおろそかになるものだ。
昨日は豚丼で1合炊いたので残るは1合。
あと7泊あるのに米はたった1合か・・・
とりあえず市民生協に寄り、冷凍コーナーでスープカレーを発見した。
f0051125_2015471.jpg

中身を取り出して部屋の電熱ポットに入れて温め、ラーメンポットで飯を炊く間に、昨日買った蜆貝で味噌汁を作り、それを啜りながら根室の銘酒「北の勝」を飲る。
f0051125_2021297.jpg

f0051125_2024617.jpg

万人受けする辛さとコクは当然としても、399円という価格は果たして高いのか安いのか。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-06-12 20:03 | 出張自炊メニュー
家の外に出ると、その日の風向きによって牛糞やカレースパイスの香りが漂う事がある。
牛糞はツキサップじんぎすかんクラブのある八紘学園方面から、スパイスは近所のカレー屋。

ポレポレというのはスワヒリ語で「どうぞごゆっくり」という意。
札幌にスープカレー店がまだ数軒だった20年ほど前に「スリランカカリー」の看板を出したのが人気を呼び、喫茶店の狭い厨房で押し寄せる客の対応に追われていた。
当時営業していた店舗の隣に軸組み工法(Post&Beam)のログハウ店舗を新築したのが10年ほど前。
f0051125_20354394.jpg

今日は娘が珍しく「たまにはスープカレーもいいな」というので行って来た。
f0051125_20392861.jpg

f0051125_20394138.jpg

チキンカリー(上)、スリランカカリー(下)。
何を以ってスリランカカリーと称するのかは未だに不明だが今やそんな事はどうでもいい。
味はまろやかで、具の揚げ豆腐がスープに良く合う。
温泉卵を入れたのは、ひょっとするこの店が最初なのかも知れない。
辛さは300番まであり、新築オープン間もない頃それに挑戦したのだが、決して食べられないほどの辛さではなく、やたら粉っぽかったのを覚えている。
だから激辛完食を自慢したがる向きが挑戦しても意味がない。

余談だが、開店の新聞折込チラシからクッキーサービス券を切り取り、生まれて初めて入った「喫茶店」がここ。
案の定「君たち中学生だろ? もっと大人になってから来なさい」と注意されてからもう30年経つ。
店主の亡父が私の父親を昔から知っていて、度々家に遊びに来ていたものだった。

スリランカカリー ポレポレ
札幌市白石区栄通17丁目1-26 東北通沿い
営業時間 月火金11~18時 土日祝11~20時
水木 定休 (臨時休業が多いので注意)

[PR]
by funfunfun409 | 2007-02-17 20:41 | 飲食
たまにはスープカレーも悪くないな~と思い、コンビニでレトルトと卵を買う。
f0051125_20415285.jpg

アジャンタがルーツの、鶏モモ肉に大切りの野菜といったスタンダードなスープカレーとは違い、マジックスパイスの魅力はその妖しさにある。
超常現象に精通するマスターの容貌も負けじと怪しいぞ!
f0051125_2042669.jpg

部屋の電気ポットで湯掻いた卵を入れてみる(温泉卵ムフフっ)。
具入りだから、飯を炊くだけで充実した食事となる。
同封の辛味スパイス、どうせ市販品だからといきなり全部入れちゃうとヒドイ目に遭うぞ!。
f0051125_2057990.jpg

マスターの下村泰山さんは昔、南区の国道沿いに、BIGSUNという大きなレストランを個人経営されていた。
私が前に勤めていた会社と取引していた関係で何度かお話した事がある。
当時未だ四十前だっただろう。
とにかく謙虚な方で、誰に対しても分け隔てなく接する心の広さと、吸い込まれそうな神秘的な暖かさが未だに印象深い。

悪いけどレトルト、美味くない。
今度店に行かなくちゃだめだな。
[PR]
by funfunfun409 | 2006-09-25 20:46 | 出張自炊メニュー