趣味の手作りログハウス、音楽、愛車、出張先での出来事他、ランダムに書き綴っていきます。ちなみにHNは大好きなBeachBoysのヒットナンバーから取りました。


by funfunfun409
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

コンビニバリエーション

風邪を引いてしまった。
室内の加湿器を使わずに寝てしまったのが原因と思われる。
鼻水が出て止まらず、クシャミのし過ぎで横隔膜が痛い。
こんな時、自炊はしないに限る。
食器類を念入りに洗って乾かし、近くのコンビニへ買出し。
f0051125_16465853.jpg

湯沸かし器はホテルの備品で、加湿器兼用。
カップ麺以外は昨晩の残りと出張常備品で、、、、あ、忘れていた。
f0051125_16471280.jpg

風邪対策にスライスニンニクを投入。ついでに一味も振りかけてやれ。
f0051125_16472381.jpg

ニンニク麩入り豚キムチカップ麺キツネ騙し
美味いけど量が少ないなカップ麺は。

さて。。。
f0051125_16474734.jpg

残り汁でおにぎりを食べる予定だったのだが、揚げとえび天かき揚げが1枚ずつ残っている。
このまま入れてもいいけど、冷めかけているし。
f0051125_16475695.jpg

雑炊にした。
f0051125_1648732.jpg

タヌキも加わって賑やかな事この上ない。
また洗うのは面倒だけれども、美味く食べるほうが優先されて当然だ。
1食たりともおろそかにしてはならない。
[PR]
by funfunfun409 | 2008-02-21 21:43 | 出張自炊メニュー

かしわつけ蕎麦

2月20日。
今回の北見出張は2泊なのでラーメンポットを持参した。
IHシリーズはスペースを取らないが、重い。

駅前にあった東急ストアが昨年撤退してしまった。
中心部には「サービスストア」という昭和の雰囲気そのままのスーパーが1軒あるだけなので、駅から2キロほど手前のイトーヨーカドーで買い物を済ませる。
特に冬場は、部屋に入って荷物を解いたらもう外に出る気が失せる。

鴨を食べようと精肉コーナーを見たが置いていない。
店員に確認したら土曜日に入荷するとの事。他の材料をカゴに入れた後だったので仕方ない、鶏肉で我慢しよう。
f0051125_9452484.jpg

この日買った食材の中で「芹」が一番高かったりする(1束298円)。
鶏肉じゃ物足りないけれども量があるので先ずは水炊きで一杯。
f0051125_9453736.jpg

タレは天ツユとポン酢。
鶏肉をある程度食べたら「えび天かきあげ」を入れて蕎麦を食べる。
f0051125_9455260.jpg

冷たい蕎麦に熱いつけ汁というメニューがあるが、食べているうちに汁が温くなって損した気分になる。その点ラーメンポットなら常に熱々なので具合がよろしい。
結局蕎麦を3玉分、胃に収めた。
f0051125_946392.jpg

後は豆腐を入れて鍋仕立て。
予備の豆腐が冷蔵庫にもう1個、これで安心して旅先の長い夜を過ごせる。
[PR]
by funfunfun409 | 2008-02-21 18:10 | 出張自炊メニュー

北見市 四条ホルモン

やっと仕事が終わった。
夕方に雷が鳴ったので札幌に帰るのを断念し、改めて宿泊の予約を入れる。
百均で下着と靴下を買ってビジホに戻る。
ぐっすり寝て明日はゆっくり帰ればいいだけだから気が楽だ。
f0051125_655243.jpg

ホテルの斜め向かいにある「四条ホルモン」
stcさんのお気に入り?
鉄鉱泉会館というのが神秘的に思える。
60~70代の男性客で埋まる店内は、いかにも大衆焼肉屋といった雰囲気で居心地が良い。
f0051125_6554183.jpg

左から、子袋、ホルモン、牛レバー、牛サガリ。
これに白菜キムチを追加し、ビールを2杯飲みながら片付ける。
f0051125_6555482.jpg

赤エプロンって、客用だったんだ。。。
会計は2,800円と、予想をかなり下回った。
f0051125_656554.jpg

急勾配の通路階段、今までに何人の酔客が転げ落ちたのだろう。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-07-26 23:53 | 飲食

無加水野菜スープカレー

世間を騒がせた大雨による断水も午前中に復旧した。
北見出張最終日最後の夜、即席スープカレーの素1皿分と米一合が残っている。
f0051125_21534238.jpg

トマトとほうれん草。
ミルチの「水を使わず、野菜の水分だけで煮込んでいる」といったレシピなりをこの際実践してみたくなったのだ。
f0051125_21535917.jpg

トマトとほうれん草をみじん切りにして煮込む。
f0051125_21541861.jpg

ある程度火が通ったら裏漉しする。
量が多すぎると味がボケるので、説明書通り450㏄にしてカレーペーストを加えて完成。
隠し味はにんにくパウダー。
f0051125_21543653.jpg

トマトの酸味とスパイスの風味が渾然となって旨い事ったらなく、肉類は要らない。
家でやるとすれば、食べてくれそうなのは妻ぐらいなのが残念。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-07-25 21:56 | 出張自炊メニュー

レバニラのスープカレー

今日は外気温が30度近くにまで上昇した。
夏暑く冬寒いのが盆地の特徴で、明日から3日間外で仕事なので滅入る。
今泊まっているビジホは今年オープンした全国チェーンで、素泊まりでも6千円以上と割と高目なのだが、お隣が税込み4,980円で朝食無料のスーパーホテルとあっては対抗上値下げせざるを得ず、1泊税込5,000円で宿泊している。
部屋もロビーも落ち着いた雰囲気で、硫黄臭プンプンの温泉付きでこの価格は有難い。
HPでは朝食がいかにも美味そうに見えたので試しに食べに行ったのだが、内容の貧弱さに「騙された」というのが正直な感想で、言っちゃ悪いが950円は高すぎるぞ。
そんなわけで昼の弁当を半分以上残したため、夕方になると普通に腹が減った。
f0051125_233882.jpg

今日の食材。
暑い日はカレーに限る。
「今日の晩飯はレバニラのスープカレーだ!」と電話で妻に告げると「マズソー」と即座に返しやがった。
イメージで決め付けてはいけない、カシミールカリーの例を持ち出すまでもなく、組み合わせとしてはかなりいい線行ってる筈だぞ。
f0051125_23383675.jpg

箱の中身。
2食分で248円。
カレーペースト半分と炒め用スパイスと一緒に具材を煮込み、レバーに火が通ったら残りのペーストを加えて出来上がり。
f0051125_23391048.jpg

やや癖のあるレバーの風味とカレースパイスは非常に相性がヨロシイ。
ニラは加熱するとカサが減るから1束全部使用。
スープカレーには鶏の足、といったドグマを蹴散らすには充分な出来栄え。
1合飯があっという間に胃袋の底へ消えて行く。

手間が掛からないので部屋に臭いが残らず、安価で済み、しかも材料の組み合わせが無限大という自由度を持つという意味でも、即席スープカレーの素は出張自炊の貴重なレパートリーとなるだろう。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-07-23 23:40 | 出張自炊メニュー

完全コンビニ食

7月22日。
北見出張初日。
約300キロを走り、16時前にチェックイン。
この日は地方祭(盆地祭りと呼ぶ)の最終日で宿泊先周辺はもの凄い人出だ。
f0051125_014169.jpg

f0051125_015543.jpg

一体どこから湧いて来たのかと思うほど、こんな感じの浮かれた女子高生やチンピラみたいなのがウヨウヨしていて、ここぞとばかりに性ホルモンを撒き散らしているのを見るとおぢさんは具合が悪くなる。
田舎育ちのせいか、混雑した場所に身を置くのが一般人より苦痛なせいもある。
コンビニ駐車場ではこうした手合いが車座になって缶ビールを飲み散らかし、すぐ脇の臨時交番のオマワリさんは見てみぬふり。
出店が引っ込んでからが本番なのだろう。本当にご苦労さんだ。
この近辺にはスーパーがなく、昼にラーメンを連食したので自炊する気になれない。
鮨屋にでも行って軽く酒飯して済ませようとも思ったものの適当な店が見つからない。
f0051125_02102.jpg

結局この日は完全コンビニ食。
目と鼻の先にあるローソンは大混雑で、レジ待ちで15分かかった。
フロントで鍵を受け取る時に「具合悪くなった」と言ったら笑ってくれた。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-07-23 23:15 | 出張自炊メニュー

牛ステーキ丼

昨日から明日まで2泊3日の北見出張。

今朝、車に乗り込むと温度計は-13.5度。
積雪量が少なくキーンと底冷えする道東地方ならでは。
ビジホは今月オープンしたばかりの全国チェーンで、特別料金1泊5,000円。
露天風呂付きの温泉など、なかなか豪華な雰囲気。

昨晩は自炊する気になれず、コンビニで買ったカップ麺とおにぎりで済ませ、酒を一滴も飲まずにベッドで「藤枝梅安」なんぞを読み耽っているうちに寝てしまった。
熟睡したので空腹を感じ、持参したインスタントの チャルメラ焼みそ を部屋の電熱ポットで作って食べてみたが、別袋のカレー粉が余計だった。うまくなかった。

仕事を終えて宿へ戻る途中、国道沿いイトーヨーカドーの食品売り場に寄る。
明日帰るので自炊は簡単に済ませたい。

迷わずステーキ用の牛肉を買った。
あとは、酒肴として定番の豆腐、そしてスモークタンのレモン風味。
香味野菜はネギ・芹は残してしまうので今回は大葉にする。
これならスモークタンにも合うはず。
f0051125_19274770.jpg


飯を炊いた後、軽く塩を振ってから油煙が出ないように蓋をして焼く。
加減を見て胡椒と酒・味醂・醤油を加え、1枚分をカットしてステーキ丼。
f0051125_19282353.jpg

残りの1枚は塩・胡椒だけで純米酒のお供にした。
焼き上がりはレアが好き。
厚肉の焼き加減は昨年豚ステーキで実証済みなので全く問題ない。

f0051125_1928511.jpg

ラーメンポットでレアステーキ。
酔狂にも程があるか(笑)
[PR]
by funfunfun409 | 2007-02-21 19:30 | 出張自炊メニュー
7月18日。
アウトドア用品店で買ったフライパン早く使ってくれと訴える。
駅前のでデパ地下で餃子を買ってみた。
ラーメンポットの消費電力は250Wと非力なので、普通サイズの餃子はあきらめて16個入りの一口サイズのものを見つける
皮が厚いのでうまく行きそうだ。
f0051125_2001211.jpg

ごま油がないので持参のオリーブオイルを熱して蓋をし、チリチリ音がし始めたところで水を加えて蒸す。
このフタはフライパンのサイズに合わせて百均で買ったもの。
f0051125_2004452.jpg

チョット焦げ目が付きすぎたか。
意外と火力は強く、サーモが機能して電源が切れてしまった。
ホテル備品の手拭を濡らしてヒータの温度を下げ、ポン酢と醤油のタレで焦げた餃子をつまみながらパック純米酒をチビチビ飲る。
その間に主食の準備をする。
マルタイ棒ラーメン2食分+餃子6個。
f0051125_2014144.jpg

1食分に留めるべきだった。
先日のダブルラーメンと一緒に考えていたのが迂闊だった。
アルファ化されたインスタント麺と違って乾麺だし、餃子の皮も元は小麦粉だから共に茹で湯に溶け出してドロドロ状態、
おまけに餃子は倍以上に膨張して器から溢れんばかりだ。
残すと悔しいので何とか平らげたが、結構辛いものがあった。
[PR]
by funfunfun409 | 2006-07-19 20:06 | 出張自炊メニュー

揚げ玉チーズ丼

本日から5泊の北見出張。
雷雨の中、昼飯抜きで走ってきたので腹が減った。
今年4月にオープンしたルートイン北見駅前でチェックインを済ませ、商店街の「サービスストア」という、昭和40年代の雰囲気を残すスーパーで買い物。
今夜はスーパーで調達した1袋88円の揚げ玉と、ツマミ用ベビーチーズで丼物を作る。
f0051125_18285382.jpg

本当は天カスのほうが美味しく出来るのだが、売ってないので我慢する。
とろけるチーズはベトつくのでプロセスチーズがいい。
ついでに不足しがちなカルシウムも補給しておこう。
ご飯の炊き方はいつも通りで、蒸らしが終わったらチーズと揚げ玉を乗せ、めんつゆに醤油を加えたタレを回し入れて再びスイッチを入れる。
揚げ玉がシンナリすれば出来上がり。
f0051125_1829856.jpg

おかず兼酒肴は得意のサバ水煮。
これにナスの浅漬けでもあれば完璧なのだが、今回も食べ始めてから気付く。
[PR]
by funfunfun409 | 2006-07-17 18:29 | 出張自炊メニュー

カペカペ

冬期間、北海道の主要幹線は、スリップ事故防止のために融雪材をタップリ散布するため、氷点下でも道路がベシャベシャ状態の時が多い。
舐めたら相当塩辛いと思われる。
f0051125_20553132.jpg

こんな状態。ボディはいいとしても、下回りの腐食が心配だ。
オペル車はマフラー周りが錆びやすいのが弱点だそうで、1昨年マフラー換装の際に潜ったら結構サビが目立っていた。
防錆剤としては「ノックスドール」がいいという話だが、もう手遅れかもしれない。
f0051125_20563931.jpg

層雲峡は旭川と北見のほぼ中間に位置する景勝地で、温泉街が閑散期の集客を狙い、石狩川の河川敷で「層雲峡氷曝まつり」が3月末日まで開催されている。
何だかガウディの建造物に良く似ている。
帰りを急いでいたのでライトアップされた情景を撮影出来なかったのが残念。

明日からの出張は函館からさらに小1時間かかる漁港。
近くにある民宿で弁当を作ってもらい、「飯場労働者」のノリで通う予定。
「室内LAN接続」や「ネットカフェ」はあり得ないので、帰宅する3月1日までの間、BLOGはお休みとなります。
[PR]
by funfunfun409 | 2006-02-24 20:54 | 仕事・出張ネタ