趣味の手作りログハウス、音楽、愛車、出張先での出来事他、ランダムに書き綴っていきます。ちなみにHNは大好きなBeachBoysのヒットナンバーから取りました。


by funfunfun409
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:工作・修理 ( 38 ) タグの人気記事

9時過ぎに近所のスーパーへ行って寿司とオードブルを買った後、ホームセンターでバネとネジを買い足し、10時半頃から作業開始して昼過ぎに完成した。
f0051125_215746.jpg

旧作と比較するとかなりシンプルな構造。
私の楽器は3本ピストンなので、本来4番ピストンがある位置でトリガーを操作する仕様とした。
f0051125_2152959.jpg

曲げ加工に苦労したアーム部分。
車を外に出し、楽器を荷室に置いて少しずつ調整した。
f0051125_21105464.jpg

レバーと楽器とのクリアランスはこんな感じ。
幅を半分ぐらいに削っても、鋼材は厚みがあるので非常に頑丈だ。
f0051125_2165877.jpg

裏側。
セーターの糸なんかを引っ掛けないように配慮。
f0051125_21112827.jpg

収納時。
抜差し管側の留め具を外すとこのようにスッキリ収まる。
中央コルク付きの金具及びアームと抜差し管を繋ぐステーは百均で見つけたレードル(洋式オタマ)の柄の部分を流用した。ステンレスは硬いので穴開けに時間を要した。
ちなみにコルクは自作ミュートの余り物。

操作の動画

いやぁ~、年末の3日間、存分に遊ばせて貰った。
これで心置きなく年が越せる。

皆様よいお年を!

追記

若い頃はトリガーなんか無くてもピッチ修正が可能でした。
楽器ではなく自分の奏法に問題がある事に気付き、こうした物の助けを借りるのもどうかと思い、その後外しました。



工作・修理の続きはコチラ
[PR]
by funfunfun409 | 2007-12-31 21:12 | 吹奏楽 | Comments(2)
トリガーの目的については以前コチラで書いた。
その後BESSON、WILSONのトリガーを見る機会に恵まれ(カタログだが)、次回はアーク溶接で作ってやろうと目論んでいたのだが結局諦めた。
溶接機を買っても他に使途がないし、やはり大切な楽器に傷を付けてしまう事に抵抗感がある。
業者に頼むのが確実だが、手間賃10数万も払う位ならアーク溶接機を買うぞ。
ユーフォニアム吹きで同じような事やっている人はいないかと検索かけたら、トップに自分のブログがヒットする始末だ。

という事で、見た目と操作性の向上を目指して突然作ってみようと思い立った。
昨日買った材料は幅19ミリの鋼材(910ミリ)とアルミのフラットバー。
後はガラクタ箱から引っ張り出して何とか千円程度で済ませたい。
f0051125_2323717.jpg

トリガーのアーム部分。モンキー2本で捻ったが相当な力を要する。
ネジ穴を開けるのも一苦労で、下手するとドリルビットをダメにする。
この鋼材は愛車の自作アームレストでフレーム部分に使った。
f0051125_2323226.jpg

アルミのフラットバーを加工。
このパーツはアームを固定する部分となる。
f0051125_23235617.jpg

昼頃に撮影。
仮組みして動かし、アームが楽器本体に接触しないように形状を微調整。
モンキーレンチだけでミリ単位の調整をするのは辛い。
矢鱈グニャグニャしているが、1本物で仕上げるとなれば必然的にこうなる。
サンダーで削ったりエイヤッ!と気合入れているうちに握力がバカになったので日没前に作業終了。
馬鹿は無理しないものだ。

年明けの初合奏(1月5日)までには使える状態に仕上げたい。
掌が両方とも熱っぽく、この時間になってもモンモンしている。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-12-30 23:25 | 吹奏楽 | Comments(0)
12月27日。
明日は御用納めなので年内の昼練習は今日で終了。
ラーメン喰いに行ったりしてサボる日もあったが、短時間ながらほぼ毎日静かな部屋で練習に没頭でき、色々な意味で自分を見つめ直す良い機会となった。
サイレントブラスや部屋に練習用の防音室などで何とか練習時間を確保している人から比べれば、夏場に出張が集中する点を除けば自分はかなり恵まれた部類に入っているといえる。
f0051125_0133220.jpg

先週の木曜日、練習部屋に手拭の入った段ボールがあったので1束取り出して膝と楽器の間に挟んで吹いてみると何だか調子が良い。
調子が良いといっても、突然音色が変わったとか指が回るというような事ではなく、姿勢が矯正されて余分な力が抜けた分、演奏が楽になったという感覚的なものだ。
演奏時の『RELAX』というのは非常に重要な事だと思うのだが、奥が深いので私の語彙力では説明のしようがない。
『車の正しい運転姿勢』と考え方は同じなので、ブラバン経験者でなくてもマイカーを持っている人、車好きな人なら解ってくれるのではないかと期待したい。

ユーフォニアムを膝の上に置くとマウスピースの位置は口より下になる。
そのまま口を持っていくと姿勢が悪くなり、抱えたら腕が疲れる(私はなぜか右肩が凝る)。

今までずっと背筋を伸ばして前屈みで吹いていて、譜面を見ながら同時に指揮者の動きを見るのが辛くなってきた。
これは老眼が進行しているせいだ。

バスタオルを巻いて縛ったのを膝に置いて吹く人がいて、どうせ少数派だから俺には無用なんだとスッ飛ばしていたが、息を深く吸い込むのが年々辛くなってきた。
若い時は余力があったからこそで、これも明らかに老化が進んでいる証拠。

手拭の枚数を変えているうちに、膝と楽器の間が5~6cmもあれば良い事が分った。
23日、百均へ行く。
f0051125_015576.jpg

靴入れにバスタオルを詰めて当日夜の合奏練習に参加。
大きい方が安定するだろう思っていたのだが、中途半端にぐらついてどうも具合が悪い。
膝に当たる面を湾曲させるとか足に縛るとか、チェロのエンドピンのように楽器に固定するとか色々考えてみたが結論が出ないのでネット検索すると、ちゃんと商品として売っているではないか。
f0051125_0164059.jpg

2社が販売していて、サイズが6×9×15cmとコンパクトサイズ。 片面に滑り止めが貼ってある。
売れ筋でないのは分るけど、実勢価格が3,000~3,500円は、高い。
箱の中身は何だろう? 重くする必要はないから恐らく低反発のウレタン素材のような物じゃないか思う。

24日、再び百均へ行く。
f0051125_017622.jpg

手頃なポーチを見つけた。中身は発泡レンガ(5×10×20cm)で計210円也。
2日間の昼練習で使った限りでは滑り止めは不要だった。

ミュート試作に端を発した百均自作シリーズもそろそろネタ切れか。
年明けの定演本番まであと僅か。
『カンペ作りに熱中して試験勉強はそっちのけ』みたいな結果にならぬよう留意したい。


※ 2008年12月8日後記
これがあると良い事尽くめのような書き方になっているが、楽器の高さが変わるとマウスピースが当る角度が変わり、一体感も損なわれる恐れがあるので注意が必要かと思う。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-12-28 00:23 | 吹奏楽 | Comments(1)

スワブ自作

本来は麺棒の意味で、管楽器奏者にとっては吹奏後に楽器をしまう際に管内部に残った水分を拭取るために何度か通す布の事を指す。
この作業を怠るとヘドロが溜まって全体がカビ臭くなり、最悪の場合は腐食につながるから恐ろしい。
先日楽器を洗ったら抜差管から相当量のヘドロが出て来たのでこれじゃイカン!と、30年近い楽器歴にして初めてスワブを使う事にした。
f0051125_22193833.jpg

市販されているユーフォニアム用のスワブ。
そう高くない値段で入手可能だが、どうせヒマなので自作に走る。
以前、ベルの縁を保護するために買った熱帯魚水槽用のビニールホースが余っている。
f0051125_22201673.jpg

切れ目を入れてこんな感じに縁に巻いた。
傷を付けない為というよりも、合奏中に譜面台に接触して「カチン!」と鳴るのを防ぐのに有用だ。
f0051125_22204066.jpg

薄手のハンカチの端をホースに巻き、釣り糸で縫って出来上がり。
f0051125_22205938.jpg

グルグル巻きにすればこんなにコンパクトになっていいじゃないか!
意気揚々と昨日の合奏に参加し、帰り際に使おうとしたら弱点が露呈。
ホースがフニャフニャで中折れしてしまう。
焦っても中々奥へ進まない。。。
こんな筈じゃなかった、嗚呼情けない情けない自信喪失だ。


このまま終わらせるのは悔しいので一晩沈思黙考、百均へ走る。
f0051125_22214977.jpg

縄跳びの紐も候補に上がったが、針を通すのが難しそうだったので結局これにした。
f0051125_2222637.jpg

引っ張るとワイヤが伸びるので、この部分に布を巻いて縫製する。
f0051125_22225234.jpg

f0051125_22231174.jpg

物持ちのバサマからNINA RICCIの高級ハンカチを譲り受けて娘の分も作成。
グルグル巻きにすれば収納場所にも困らないのでこれでいいヤ。
f0051125_22232719.jpg

恒例のクリスマス、市内に住む姉と甥が来て(ダンナは仕事)賑やかな宴。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-12-24 22:25 | 吹奏楽 | Comments(6)

続・ミュート試作(2)

開口部を広げるにはコーンに切れ目を入れる必要がある。
いきなりハサミを入れると「パリン!」と亀裂が入るのでカッターナイフを押し付けるようにして切り込んでいく。
開口部の固定に水道管の継ぎ手を使ってみた。
f0051125_1147573.jpg

画像のサイズでは大き過ぎ、買い直した直径68ミリのサイズ(45円)がユーフォニアムには最も収まりがいいようだ。
これぐらいのサイズなら缶コーヒーでも代用出来るだろう。
f0051125_11482451.jpg

黒ガムテープを貼り、根本にコルクを固定して「百均3号」完成。
f0051125_11484171.jpg

装着したところ。
柄の部分はネジ留めなので簡単に取り外せるが、このまま合奏に持ち込んでウケを狙わないと今まで苦労を積み重ねてきた意味がない。
吹いてみると今までの試作品と比べ物にならないほど音量調整が自由。
「スコーン!」と鳴ってくれるのが心地よい。
やはり正規品と比較するのが一番。
今回の材料費255円、真似事にしてはかなり満足の行く結果となった。
百均ミュートシリーズはこれで終わりにしたい。


※「ミュート 自作」の検索で訪問される方が多いようです。

続きはコチラ

[PR]
by funfunfun409 | 2007-11-26 06:51 | 吹奏楽 | Comments(2)

続・ミュート試作(1)

11月23日の合奏で、今度の定演に不参加のメンバーが所持するミュートを使わせてもらった。
f0051125_20124277.jpg

ユーフォニアム用ストレートミュート2種と百均2号(左端)。
高いだけあって2本とも音程良く豊かに鳴り響く(当然か)。
特に中央はは手作りの木製で、手に取っただけで惚れ惚れするような造りだった。
百均のカラーコーンはそのままだとユーフォニアムには小さい。
現物を見ずに真似ようとするとロクな事がないものだ。
既製品の寸法は中央が65Φ×230Φ×395ミリ、右が45Φ×145Φ×445ミリ(バリトンにも使えそう)。
真似出来そうなサイズの円錐形素材が中々思い付かない。
そんな折、何か他にないかとググッていたら先日こんなのを発見。
f0051125_20134746.jpg

Denis Wickのアルミ製ミュート。

フムフムなるほど。。。
エンドにかけての曲線がなんとも悩ましいのう!
開口部を広げてやれば何とかなりそうだな。
f0051125_2014580.jpg

またコーンかよ!
何本買えば気が済むんだ?

6本目...

(続く)
[PR]
by funfunfun409 | 2007-11-24 20:14 | 吹奏楽 | Comments(0)

楽器磨き

昨晩出品者に確認したところ、このユーフォニアムは以前マーチングバンドで使われており、新しい楽器を買ってオハコになったものを譲り受けたそうだ。
出品者はまだ20代で、夢を捨てきれずに脱サラして管楽器修理専門の工房を開いた方。
きちんと整備された状態で発送する誠実さが嬉しかった。

一夜明け、素面状態で改めてチェックすると傷や凹みは少ないものの、結構サビが目立つ。
ラッカーの残存率は全体で8割程度といったところ。
f0051125_13305267.jpg

仏壇から真鍮磨きを拝借し、ジジィの車庫から薄め液を借用。
ラッカースプレーは余り物。
手拭いを切り分け、気になるバルブ周りの赤サビから落としていく。
f0051125_13312891.jpg

娘と一緒にやると楽しい。きっと良き思い出となるだろう。
f0051125_1332283.jpg

金管楽器のラッカー塗装には通常エポキシ系が使われるが、素人には施工が無理らしいので市販のアクリル系を吹きかけ、薄め液を滲み込ませた筆でムラなく伸ばしていく。
自然乾燥では弱いので、ガスバーナを当てて硬化させる。
f0051125_1333117.jpg

カートリッジボンベ取付タイプが近所のホームセンターで特価1,480円。
f0051125_13331757.jpg

f0051125_13333489.jpg

ベルの根元部分。
f0051125_13335696.jpg

f0051125_13341549.jpg

一番目立っていたバルブ周り。
f0051125_1334534.jpg

f0051125_1335680.jpg

主管。
いずれもサビが管体を食っており、表面を滑らかにするには更に削らなければならず、そこまでする必要もないので目立たなくなった程度で止めておく。

これで何とか人前に出せる。
いっその事ラッカーを全部剥がして表面を熟成させ、J.MonkeやB&Sのような風合いにするのもカッコイイかなと思ったが、失敗しそうなのでやめとこう。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-11-23 13:37 | 吹奏楽 | Comments(5)

ミュートを試作(4)

思うところがあり、スチール製の鍋蓋を使ってみた。
百均商品なのは言うまでもない。
f0051125_10533581.jpg

コーンを黒く塗ればこちらの方がソレらしく見えるだろう。
f0051125_10535156.jpg

ツマミを逆に取り付けてあるので、直立する。
2種類吹き比べてみたが、鉄蓋のほうが幾分硬い音がする。
練習用は別として、音色を変えるのがミュート本来の目的だから、こちらの方が相応しい。
そろそろ「試作」を「自作」に改めよう。
f0051125_1054348.jpg

艶消しスプレーを塗られ、ガレージで乾燥中のミュート群。

使用頻度が極端に少ないという理由もあり、ユーフォニアムのミュートは質・種類ともに発展途上にあると思われる。
今回使用するフーサ作曲「プラハの音楽1968」ではミュートを使う部分のダイナミクスがメゾピアノからフォルテまでで、主旋律ではないから百均ミュートでも代用が効くだろう。
f0051125_10541967.jpg

とりあえず完成。
5本作って材料費1,680円、1個当り336円という安さ。
しかし、爪で引っ掻くと塗装がポロポロ剥がれてくるのが難点。
f0051125_1143658.jpg

仕方ない、やり直しだ。
f0051125_131199.jpg

ガムテープで塗装を剥がしていく。
f0051125_1322619.jpg

ハードケース補修用に買っておいた黒ガムテープを貼る。
f0051125_134324.jpg

とりあえず本日はここまで。
要するに塗る必要がなかったという事だ。
一番右は娘のバリトン用で、ガムテープがなくなったのでそのままにしてある。
そろそろ練習に行く時間だ。

※ 11月20日後記。

昼休みにユーフォニアムのミュートを検索していたらDenis Wick社の製品がヒットした。
f0051125_1172214.jpg

百均に直径16cmと18cmのアルミ製片手鍋が売っていたはずだ。
210円で別な音色のミュートを作れる。
このシリーズでコメントを頂いたのはトランペット奏者とトロンボーン奏者。
いずれもミュートに縁が深い方々だ。
近々挑戦してみよう。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-11-18 10:54 | 吹奏楽 | Comments(2)

ミュートを試作(3)

娘の勉強机を借り、コーンと一緒に百均で買ったコルクの鍋敷きを切り取ってミュートのスペーサーとする。
今回のKeywordは“”だな。。。
f0051125_839762.jpg

管体との隙間が狭いと息の逃げ場がなくなって音程がメチャクチャになり、隙間が空き過ぎるとミュートの用をなさなくなる。
チューニング音の前後1オクターブ、つまり常用音域内の2オクターブで音程と吹奏感を維持出来る程度の隙間、で妥協する事にした。
f0051125_2119493.jpg

差し込んだ状態。
ジャストフィットといってもいいだろう。
白か黒のスプレーで塗色してソレらしく仕上げれば、まさか百均のカラーコーンと鍋蓋だとは誰も気付くまい。
f0051125_21191888.jpg

楽器ケースにも無理なく収まる。
今度の練習に持参し、吹いて聴かせてメンバーの同意が得られれば、あと3本作る予定。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-11-14 21:24 | 吹奏楽 | Comments(6)

ミュートを試作(2)

ミュートを試作(1)の続き

一番小さいビヤ樽にコルクを貼って何とか形にはなったが、音程がひどく悪い。
しかも「恥かしいからやめてくれ!」と指揮者から言われて引っ込めざるを得なかった。
本番ではブレスを浅くして「プップップッ」と吹いて済ませたはずだ。

さて、前置きが長くなり過ぎた。
実は今度の定演でミュートを使う曲がある。
f0051125_16135072.jpg

実質20小節ほどで大して目立たない部分だけど、やはり使わないと怒られそうだ。
ストレートミュートなら安い物は1万弱で買えるが、過去の経緯上、ここはひとつ自作に拘ってみたい。
f0051125_16141021.jpg

百均で見つけた小型のカラーコーンと鍋蓋。
右のミュートはバストロ用。眺めて色々と参考にさせてもらった。
当初は鉄板を円錐形にしようと考えたが、しっかり接着しないとビビリ音の原因となる。
ユーフォ用としてはやや小さいか。
蓋の部分さえ何とかなればホームセンターに売っている通常サイズのコーンでも良さそうな気もする。
f0051125_16143222.jpg

糊しろは充分。
普通のハサミは刃が立たないので剪定鋏でカットする。
f0051125_1614488.jpg

こんな感じ。
これにコルクを接着し、取付時の管体との隙間を調整し、息が適度に抜けて音程のブレが最小限に収まれば完成となる。
今回出演するユーフォパート全員がミュートを持っていない。
この他に黄色と青色のコーンが売られていたので、塗装せずにそのまま使ったらウケるだろう。
ユーフォ4本、ズラリとベルから鍋蓋が覗くサマを想像すると込み上げるで笑いを押さえ切れない。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-11-14 16:15 | 吹奏楽 | Comments(3)