趣味の手作りログハウス、音楽、愛車、出張先での出来事他、ランダムに書き綴っていきます。ちなみにHNは大好きなBeachBoysのヒットナンバーから取りました。


by funfunfun409
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

まるとみラーメン

f0051125_951048.jpg


今年で創業41年目を迎えるこの店は元々旭川のサンロク街にあり、一時期比布町で営業した後、最近になって旭川に戻って来たようだ。
18年前、盆休みに4人のパーティーで丸3日間大雪山系を縦走し、疲労困憊の果てに人里に下り、最初にありついた飲食店がこの店だった。
あの時の美味さったらホントにもう、筆舌に尽くし難い。
店主は高齢で、スープは脂が多めながらアッサリ系で、麺がモチッとしていたような記憶がある。

f0051125_95113100.jpg

f0051125_9512286.jpg

塩ラーメン(上)と醤油ラーメン(下)、各600円。

既に代替わりしたようで、店には若いネガネ美人の奥さんがいた。
先代はご健在らしい。
ややしょっぱくて脂がかなり多いスープと中細の加藤製麺、これはこれで美味しかった。

暖簾は同じでも代が替われば当然味も変わる。
食べるほうも年を取れば嗜好が変わる。
どうやら私にとっての「まるとみ」は記憶のフィルターを濾過して純化・美化され、ホロ苦くも希望に満ちていた青春時代の想い出として脳のある部分に深く皺を刻んでしまっているようだ。

まるとみラーメン
旭川市末広3条3丁目5-15
営業11~3時 (日曜のみ24時まで) 火曜定休。

[PR]
by funfunfun409 | 2008-02-20 21:06 | 飲食 | Comments(0)

たけや食堂

駅前ビルのラーメンチクルス、締め括りは宮下通り側にある昭和29年創業の「たけや食堂」
過去2回、店主が戻ってくるなり「今日は終わりました」と言われたり、店の中に誰もいなかったりで今回3度目の正直、やっと注文できた。
f0051125_191941.jpg

豪華なショーケース。こんなスタイルの店を見かけなくなった。
f0051125_1913180.jpg

店内の品書きを見ると「かけラーメン」が330円とある。
3杯食べても1,000円でお釣りがくるという安さに心を動かされた。
が、いきなりかけラーメンというのも店に悪い気がするし、もし美味しくなかったら3杯食べるのはキツい。
f0051125_1935741.jpg

醤油ラーメン(380円)。
白くてよく縮れた細麺に塩と醤油を半々にしたようなアッサリ系のスープが似合う。
バランス的に同じビルにあるピーコックに近い。
多目のラードに移ったニンニクの微かな香りがいい。
店を手伝う娘さんが美人っぽいのもポイント加算。
久しぶりに「味噌でも」と思ったが、朝からどんぶり飯を平らげているので1杯にとどめておいた。
年内の旭川出張はこれが最後。
おふくろ食堂の目玉焼き定食は来年の楽しみにとっておこう。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-04-25 19:04 | 飲食 | Comments(0)

イカ刺しで二日酔い対策

昨晩盛大に呑んだので熟睡出来た。
5時半に目が覚め、早くも空腹を感じる。
朝風呂に入ってから飯を炊く。
f0051125_1842324.jpg

イカ刺しと蜆の味噌汁。
生姜の辛味が荒れてムカつく胃壁にドスを利かせ、蜆の滋養分で体が喜ぶのがはっきり判る。
かれこれ10年以上朝食を食べない習慣なので、昼食の仕出し弁当を半分ぐらい残してしまった。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-04-25 18:43 | 出張自炊メニュー | Comments(0)

茄子のスパゲッティ

4月24日(火)

旭川へ来る前にゆでスパゲッティを3袋買っておいた。
パスタは好物だが、ラーメンポットで腹一杯分のパスタを茹でるのは不可能。
ゆで麺なら袋ごとポットに入れて暖めればいい。
レトルトのミートソースをそのまま掛けるだけでは芸がないので、茄子とお努め品で158円→63円のマッシュルームを一緒に煮込んでみた。
これで何とか「自炊」らしくなる。
長時間煮込むとソースがベチャベチャになった。
f0051125_1834032.jpg

どんぶりに盛り、モソついたパスタを箸で食べていると、「一体なにやってんだろ?」といった虚しさに支配される。

気を取り直して卵焼きに挑戦してみる。
脳内では箸でどうやってひっくり返そうか?などと思案していたが、そんなレベルの問題ではなかった。
f0051125_18364052.jpg

熱が中央に集中するものだから焼き加減が不均等、こうなったらスクランブルエッグにするしかない。
スパゲッティに付いていた「タラスパの粉末」をふり掛けたのが百年目、ただ塩辛く、しかも化学調味料大サービスでとても食べられたものではなかった。

いつまで呑んでいたのか全く記憶にない。。。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-04-25 18:37 | 出張自炊メニュー | Comments(2)

おにぎり茶屋のラーメン

定宿真裏にある駅前ビルのラーメンチクルス第4弾は「おにぎり茶屋」。
前回の記事で、ラーメンを出している店が3店舗と書いたが、よく見るとこの店もラーメンを出している事が判明、4店舗に訂正します。
f0051125_19433378.jpg

入り口の佇まい。
散らし寿司というのが気にかかる。
真向かいには駅前藪蕎麦がある。
f0051125_19425415.jpg

醤油ラーメン(400円)
Keywordは「昭和」、想像していた通りの味だった。

出来るのが早いので、半分ほど食べ終えた時点で「塩」を作ってもらう。
f0051125_19431291.jpg

塩ラーメン(400円)
いずれもコクが感じられないあっさり風味、まだ胃袋に余裕があったが「味噌」はメニューにない。

2杯食べても1,000円でお釣りがくる。
風情も値段も、このビルに足を踏み入れた途端「昭和」へとタイムスリップする。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-04-23 19:45 | 飲食 | Comments(0)

かつお大根サンド

本日より5泊の旭川出張。
多分今年最後になるだろう。
やっと三寒四温が過ぎたと思ったら今度はフェーン現象とかでいきなり暑い。
近所のセルフで満タンにし、空気圧を見てオイル量をチェックする。
家族と近所の回転鮨で昼食を済ませ、12時半に家を出て4時前に定宿に着いた。
向かう途中、半袖姿で交差点を渡る兄ちゃんを見かける。いくらなんでも早いんじゃネェ~の?
昨晩家で飲んだのでダルく、夕食を簡単に済まる積りで買い物公園のスーパーに出かける。
f0051125_20191721.jpg

かつおの切り身をさらに細かく切り分け、千切りの大根と一緒に醤油に漬けておく。
隠し味はにんにくパウダー、薬味は大葉をちぎったもの。
本当はフランスパンの斜め切りと揚げにんにくを使うとバッチリ決まるのだが、今日行った店には置いていなかった。
ま、出張先で生野菜をたっぷり取れるのは良い事だ。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-04-22 20:20 | 出張自炊メニュー | Comments(0)

おふくろ食堂

パソコンの調子が悪い。
最初の晩におかしくなり、この日に至っては何度リカバリしてもネット接続が不可能となった。
色々いじっているうちに無線LAN機能が微弱電波をキャッチし、ダメ元で接続したら何とネットが見れる!
ただし回転速度が遅くて書込みは不可能なので更新はお預けとなった。

定宿の裏にある「駅前ビル」の1階には昨年食べたピーコック駅前藪蕎麦が入居している。
突き抜けの通路が3箇所あってそれぞれ両側にテナントが並び、飲食店は計8店舗、中でラーメンを出している店が3店舗。
f0051125_2012549.jpg

嗚呼、ノスタルジー・・・
暖簾をくぐると厨房に70代の婆さん2人、小上がりにも常連らしき70代の婆さん客2人。
f0051125_2012176.jpg

塩ラーメン(500円)
ボソついた麺(旭川製麺)にやや古くなったラードの甘み、そしてしょっぱいスープという絶妙のバランス、この店にしてこのラーメンといった趣があり、何とも美味しく感じてしまう。
カウンターの上には大皿の惣菜が5~6品並び、上のメニュー表を見ると「目玉焼き定食450円」というのもあった。

後から入った客も70代の婆さん2人組で片方は頭が紫色、こちらは元気にブタ丼を注文する。
都合6人のバサマに囲まれて夕食を済ませた。

今度は定食を注文してみよう。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-04-08 20:13 | 飲食 | Comments(6)

旭川西武デパ地下の麺屋

前日住所を調べ、カーナビに登録した蕎麦屋が何と臨時休業だった。
風邪を治したいという気持ちが強いせいか、食欲だけは一人前だ。
さあ困った。一福の大盛り2枚なんて今の体調では絶対無理だし。

そこで、先月の旭川出張で知った茹で麺の店を再訪する。
f0051125_21111717.jpg

「めん処一八」
地元の製麺業者直営で、同じフロアに食堂もある。
デパ地下のテナントでこうした店はかなり珍しいと思いますがどうでしょうか?
出張先だから敏感に反応するのかも知れません、札幌のデパ地下なんてもう何年も行っていないので。
結局、麺各種4玉に天ぷらとツユを買う。
「こんな風にして食べるんだ!」と店のオバチャンに訴えて天カスをまけてもらった(手前のビニール袋)。
計808円也。
f0051125_2113168.jpg

天カスに醤油垂らしたのをツマミにするのが大好きで、これがあれば酒は何でもいい。
ダラダラ飲ってると食えなくなるので、1玉単位で湯に通し、温まった頃を見計らって冷たいツユにつけて「ズルズルッ」。

満足した。
食事で満たされれば酒はも要らない。
今夜熟睡出来れば明日中にも風邪が治るはず。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-04-05 21:30 | 出張自炊メニュー | Comments(5)

不覚

4月4日。

宿に着いて手を洗っていると。。。
f0051125_1922177.jpg

バスタブに砂出し中の蛤がそのまま!
出張自炊では痕跡を残さないのが掟だというのに、ついにやってしまった。
掃除のオバサンこれ見てなんと思っただろう。

例によって酒で蒸し、飯が炊き上がるまでの間、汁を肴に食前酒。
f0051125_1931427.jpg

どんぶり飯は手間も金もかからないのがいい。
この手のバリエーションはいくらでもありそうな気がする。
風邪を引いているので冷酒がテキメンに効いた。この日は2合に抑えて寝る。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-04-05 19:04 | 出張自炊メニュー | Comments(2)

鯛茶漬け

4月3日。
風邪を引いてしまい鼻水が止まらない。
昨晩(4月2日)は二日酔いの後遺症と発熱で何もする気になれず、結局繁華街の「一蔵」で「塩大固麺」を食べて夕食を済ませた。
f0051125_1919719.jpg

4月1日にデパ地下の「あらコーナー」で見つけた真鯛の切り身が1パック何と47円
生食しても問題ないだろうと思い、部屋の冷蔵庫に放り込んであった。
これだけあればどんぶり飯で鯛茶漬けを楽しめるだろう、煎茶は常備しているし…という事で早速飯を炊く。
土曜まで仕事が続くので風邪を治さなければいけない。
丸井のデパ地下を見て回っていると豚レバー(300g)に身体が反応したのでカゴに入れる。
そうなると嫌でも酒を買わなければならず、酒屋で適当に純米酒を調達。
この他に中国産のハマグリが200円だったのでこれも買い、砂出しをして明日に備える。
f0051125_19192935.jpg

レバーは厚く切ってレアで食べるのが一番。
さて、締めは鯛茶漬け、白だしに醤油と酒を加えた下地に浸した鯛を乗せ、熱~い煎茶を注いで出来上がり。
f0051125_19195488.jpg

身だけで意外に濃いダシが出たので驚いた。
たった47円でお大尽気分になれるのだからタマリマセン。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-04-04 19:20 | 出張自炊メニュー | Comments(0)