趣味の手作りログハウス、音楽、愛車、出張先での出来事他、ランダムに書き綴っていきます。ちなみにHNは大好きなBeachBoysのヒットナンバーから取りました。


by funfunfun409
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:蕎麦・うどん ( 55 ) タグの人気記事

そば処一粒

この店は既に紹介済み なので詳細は省きます。

帯広出張の際によく行く蕎麦屋が「円庵」とこの店で、同行者がタバコを吸う人ならこの店に来る(円庵は禁煙)。
私もタバコを吸うが、昼時の飲食店などでは控えるようにしている。
食事中に近くで煙が立つと、喫煙者の私ですら「勘弁してくれや」となる。

同行者がセット物を所望したのでそれに従う。
f0051125_1034362.jpg

2月14日、天丼と蕎麦セット(950円)
f0051125_10342165.jpg

2月15日、豚丼と蕎麦セット(950円)
この店の一味は七味っぽい香りがする。
今まで単に辛いものとしてしか認識していなかったので意外だった。
同色系の他の物を混ぜてあるのかと思い、店の人に訊いたら「一味ですけど・・・」。
f0051125_10343461.jpg

[PR]
by funfunfun409 | 2008-02-15 20:15

腰痛再発

またやってしまった、ギックリ腰。
2月7日、大して重くもないものを持ち上げた途端、腰に違和感。
去年も2月7日、この合致は一体なんだろう。
幸い症状は昨年よりも軽く、杖が必要という程のものでもないが、仕事を休めないのが辛い。
仰向けに寝ると腰がズキズキする。
f0051125_11445845.jpg

居間でぬいぐるみに囲まれて横たわっていると妻が「動物園みたいだ」と言う。
妻曰く、私は「駝鳥」らしい。

昨日帰宅したら妻子は外出中で、少し遅くなりそうだという電話をあと1秒で取り損ねた。
留守と思ったのか階下で電話が鳴り、受話器を取りに行くのも大変だった。
ウチの車庫は縦列駐車で、先に妻の車を入れないと翌日早朝に出発する時に手間がかかる。
数十分後に再び電話が鳴ったので帰って来たのか思って無理して電話を取りに行ったら今度は分譲マンション販売業者から。
非通知でなかったので出てしまった。
「何の名簿を使っているんだ?」と問うたら「イエ、ランダムに掛けてます」だと。
個人情報の絡みでこんなウソを言わなければならないご時勢なんだ。

f0051125_11451123.jpg

2月9日。そば天国松の家の天ぷら定食(800円)
f0051125_11452027.jpg

いいえ、コチラこそ。

本日、やっと通いの出張が終わった。17時を過ぎても未だ明るい。
f0051125_11453583.jpg

この中で6日間の実技講習。煙が身に染みた。屋根の上には小さな弓張り月。
明日は久し振りの休日なので安静にしていよう。
[PR]
by funfunfun409 | 2008-02-10 19:26 | その他全般

ホテルのランチ

年に10回程度だが、職場から徒歩圏のホテルで昼食を済ませる事がある。
自分1人で行く事は滅多になく、昼近くに来客があった時など、
私: 「あ、もうお昼だ。一緒にどうですか?」
相手: 「いやぁ~いや、済みませんネェ~」といった具合に。

表情はそのままに腹の中では 「弁当どうなるんだベントッ!」
f0051125_12573527.jpg

f0051125_12574430.jpg

メニューは週変りで、ボリュームがあって価格も手頃。
道路1本挟んで向かいの「アートプラザホテル」も悪くはないがフォーク&ナイフなので足が向かない。
「キリンビール園」のランチはメニューが多いけれども照明が暗いのであずましくない。
やはりノースシティとなる。
催時などがあると予約席が多くて混雑するが、10分前に入れば座れる。
f0051125_12581454.jpg

鴨のつけ汁そば(840円)
食後のドリンク付き。そばが手打ち風だった。
鴨の味はしなかったけれども美味かった。

※1月30日追記
本日は講習会で講師を連れて。
f0051125_12582769.jpg

中華ランチ(生帆立と筍のあんかけ)840円。

何気なくメニュー表を開くと「あんかけ焼きそば」が載っているではないか。
迂闊だった。

※2月4日追記
f0051125_12583616.jpg

牛肉のあんかけご飯(840円)
今日は客が2人。事前に知っていたので弁当は持って来なかった。
[PR]
by funfunfun409 | 2008-01-29 16:14 | 飲食

丸南本店でへべれけ

1月21日。
14時半前に定宿到着。
翌日の仕事は講師が急に出られなくなったとかで私に回ってきた。
大勢の前で1時間半喋り続けなければならず、部屋の狭いテーブルで下調べしているうちに18時を回ってしまった。
慌てて風呂に入ってから夜の街に出る。
f0051125_2237406.jpg

棒二森屋前にて。
函館新道を降りて市街地に入るといつも湧き起こる懐かしさと嬉しさ、そして切ない包まれ感は、他の出張先では味わえないものだ。
f0051125_2237537.jpg

いつもの「酒肴セット」に続いて追加した鴨の合い焼き、いかネギ納豆、卵焼き。
f0051125_2238357.jpg

この日の「蕎麦がきの揚げ出し」は茄子焼き入り。表面がパリッと揚がった蕎麦がきも格別だった。

ところで、酒肴セットの「海老の1本揚げ」が遅いなぁ。
忙しそうだったので忘れてたのだろうか、こんな事もあるのだろうと大して気にもせずに〆の「せいろり」を頼む。
f0051125_22382556.jpg

なんと、漆器の2段重ねに掻き揚げとは。そうか、こんなどんでん返しが待ち受けていたんだ。
参った。
嬉しくなり酒を追加して結局5杯。コメカミがジーンと痺れるような酔いが来た。
ここ数日忙しくて酒ばっかり呑んでいたもんな。
f0051125_2238467.jpg

厨房からご主人が挨拶に訪れて「今年もよろしく」。
色々話したのだが内容を良く覚えていない。
呂律が回らなくてスミマセンと言ったら1呼吸置いて「トシですね」
このシーンの記憶のみ鮮明なり。

奥さんから正月配布用の屋号入りタオルを頂き、背中を丸めて定宿へと戻る。
f0051125_22385745.jpg



2008年3月以降の丸南本店の記事は コチラ
[PR]
by funfunfun409 | 2008-01-22 22:23 | 飲食

初合奏

1月5日。
f0051125_1348401.jpg

前の晩飲み会に出席し、帰宅後も呑んだので体調が悪く、楽器が鳴らない。
具体的にはリップスラーがままならず、高音が出なくてすぐバテる。
f0051125_13485841.jpg

f0051125_13491333.jpg

f0051125_13493660.jpg

合奏会場近くの ごまそば一茶庵で夕食。
上から とじそば(600円)・たぬきそば(大650円)。
表が暗ければ店内も非常に暗い。
画像サイズ縮小時に補正して何とか判るようにした。
寒いので一味を大量に振り掛けたのが百年目、1週間ぶりに吹いて熱を帯びた唇を更に怒らせる事となり、調子が上がらないまま練習を終えた。
f0051125_13512177.jpg

当日渡されたアンコール候補曲。
三大マーチ王の1人、タイケのThe Conqueror
直訳すれば(征服者)となるが、邦題は『ツェッペリン伯爵』で、1905年に飛行船ツェッペリン号が初飛行を成功させたのを記念して作曲された事に由来する。
5~6段目がユーフォニアムとホルンが前面に出てくる部分でかなりキツいが、何が何でも吹けるようにしなければならない。
f0051125_1351493.jpg

2週間後に控えている本番のポスター。
普通の市民バンドならメインに置くような大曲が3つ。
コンクールに出たくない、中途半端なクラシックのアレンジ物やポップスはやりたくないので残るは吹奏楽のオリジナル作品、といった方針で、団員の平均年齢が高く耳も肥えているので必然的にこのような選曲になる。
[PR]
by funfunfun409 | 2008-01-06 13:54 | 吹奏楽
14時半着。
15分後に合奏開始。
f0051125_23553814.jpg

夕食休憩までユーフォパートは私達親子2人。
臨時記号だらけで吹けない部分を指摘され吹かされる。
「リズムは合っているけど音程がないんだよね」
。。。。。。
定演は来月(1月19日)、年末年始を挟むので指揮者が来る合奏はあと5回位しかない。
今月15.16日の強化合宿がヤマ場となるだろうが、うっかりしていると入り所を見失ってしまう「プラハの音楽」が本番で混乱しなければいいが。
「明日出来る事を今日するな」という座右の銘を返上しよう。

夕食は先週に引き続き「手打蕎麦 やまぶき」。
日曜日限定の十割蕎麦が残っていたので注文する。
f0051125_2356390.jpg

大盛り蕎麦(850円)
娘は細切りの大ざる。
残したら手伝う目論見で無理強いしたのにひと掬い。
私のが先に出てきてひと掬い食べさせたので「相殺」だ。
角の立った手切り蕎麦とやや甘みの効いたツユは万人向けで申し分ないのだが、この場所なだけに、今のオーラを何とか持続して欲しいと思う。

練習を終え、家の近くまで来て野球試合の途中経過を確かめたら未だ5回裏。
家でじっくり観戦しようとコンビニで酒を買い、玄関の扉を開けようと気を緩めた瞬間コンビニ袋が落ちた。
『ポン!』という破裂音。
「ガチャ」じゃなくて「ポン!」だったんだ。
f0051125_23562679.jpg

あ~勿体無い、酒瓶を落とすなんて初めての経験だ。
買い直しに行ったのはいうまでもない。


※ 4-3で日本勝利。見応えのある実に素晴らしい試合でした。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-12-03 00:02 | 吹奏楽

手打蕎麦 やまぶき

石狩の学校でバンドの練習。
夕食に行こうと思っていた近くの蕎麦屋がもう営業を終えている。
練習に来る時には暖簾が出ていたのに。
1人ならカップ麺とおにぎりかサンドイッチで済ませるのも悪くないけれど、子供が一緒だと可哀想な気がする。
あてもなく車を走らせていると蕎麦屋が見つかったので入ってみる。
f0051125_21584750.jpg

住宅兼店舗の洒落た外観。
f0051125_2159040.jpg

ベージュ色が基調の清潔な店でジャズが静かに流れている。
今年9月10日にオープンしたそうだ。
メニューはかけ・もり550円~。
寒かったので2人とも温かいのを注文した。
細麺の「丸抜き」と太目の「田舎そば」のいずれかを選ぶようになっており、日曜日には15食限定で十割蕎麦も出している。
f0051125_21594816.jpg

f0051125_21591133.jpg

娘が注文した月見そば(丸抜き)600円。
f0051125_21592266.jpg

私が注文したたぬきそば(田舎そば)650円とライス。
風邪気味で鼻が利かず、しかも一味唐辛子をバカみたく振り掛けたものだから一体どれぐらい美味いのかサッパリ判らなかった。
次回再訪予定。
娘は最初「かけ」でいいと言った。
せっかく来たんだから好きなもの頼べばいいでしょうと促すと、「そばはシンプルなのが好き」だと。

なかなかヤルなコイツ。

手打蕎麦 やまぶき
石狩市花川南8条4丁目446
営業11~20時 水曜定休

[PR]
by funfunfun409 | 2007-11-23 22:00 | 飲食

そば天国松乃家 輪厚店

f0051125_21435958.jpg

出発時の気温が2.5度。
前の晩に雨が降って部分的にアイスバーン状態となり、今シーズン初めてTRCとABSが作動した。
f0051125_21442410.jpg

日帰り出張先の隣町に到着、1.5度。
この時間帯のFMはNHKに限る。
恵庭手前の辺鄙な場所にある倉庫の中で講習の仕事、暖房なしで寒い。
f0051125_21453100.jpg

そば天国松乃家 輪厚店
一番近くにある店で、向かいに「元祖 地獄ラーメン」があるが、そこは未だ行った事がない。
f0051125_21452778.jpg

11月8日 日替りランチ(980円、ライスお代わり無料)
この日は「八雲産トンカツ」。
f0051125_21454365.jpg

一緒に入店した同じ会社4人組の受講生。
背中を向けている若いのが大喰いで、ライスをテンコ盛で2杯お代わりした。
聞くと以前「ココ壱」でやっていた1.3kgカレーを10分ほどで平らげたそうだ。
f0051125_2146214.jpg

11月9日。五目そば(890円)
終日寒い中で仕事をしているとこれだけでは身が保たない。

一方、大喰い青年は今日もライス2杯お代わり。
店の人に
「ドンブリにテンコ盛で出してやって!コイツ、絶対食うから」
と言ってやった。
すると本人、
「もっと食いたいけど、居眠りすると困るから腹八分目にしときます」
だと。


こういう手合い、昔はそこら中にいたものだが、いつの間にか見かけなくなった。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-11-09 21:55 | 飲食

手打ちそば はるな家

朝7時の気温が3.5度。
f0051125_18224580.jpg

10時頃。
晴れても日差しは弱く、なかなか気温が上がらない。
f0051125_1823256.jpg

この店は過去3度の出張で5回来ている。
幌加内産の粉を製粉から手切りまで行う二・八蕎麦。
どうやら「日本最北端の手打ち蕎麦店」らしい。
f0051125_18232129.jpg

かも南蛮そば(950円)
太目の麺が優雅に泳いでいるといった印象。
蕎麦の打ち方にも色々あるものだ。
ツユはオーソドックス。
夏の暑い時分に冷えていない蕎麦を出されて閉口した事があるが、南稚内駅周辺でこれほどの蕎麦屋は他にない。

手打ちそば はるな家
稚内市末広3丁目2-24
営業11~19時(金・土20時まで、15~17時中休み)
火曜日定休


※ 11月2日再訪。
f0051125_11342922.jpg

かけそば(大盛780円)と小ライス。
この日は初降雪を記録し、外で震えながら仕事をしていた。
凍えた体に熱い蕎麦は何よりの御馳走だった。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-10-31 18:24 | 飲食

そば処一粒

石臼挽き手打蕎麦の一粒が今夏、移転した。
f0051125_185632.jpg

昨年5月に訪問した際、店の狭さに閉口したものだったがこれで行き易くなった。
店舗は以前「こう吉」という食堂で、店内が2倍ぐらい広くなった。
客足も絶えず、商売は順風満帆に見える。
f0051125_18565774.jpg

海老天せいろ(900円)
新得の玄蕎麦を店内で挽き、10:2の割合で打つ蕎麦は腰があって香りが良い。
新そばの時期になったんだなあ~。
蕎麦湯で薄めたツユを啜ると、カツオの風味がさらに引き立つ。

そば処一粒
帯広市西17条北2丁目15-8
営業時間11~15時頃まで。 月曜定休


※ 2007年10月26日再訪
f0051125_16475755.jpg

大天ざる(1,300円)

※ 2007年10月27日再訪
f0051125_15205675.jpg

えび天とじそば(1,000円)
出されるまで、えび天も一緒に卵とじになっているものだと思っていた。
ツユにとろみがついている。
別鍋で作った溶き卵を加えているようだ。
寒い日だったので美味かった。
[PR]
by funfunfun409 | 2007-10-24 18:57 | 飲食